通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
木挽町月光夜咄 がカートに入りました
+ ¥ 0 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品ですので、カバーや本体の経年による若干の状態劣化や経度の傷みはご了承ください。一部店舗併売品がございますので売り切れの場合返金させていただきます。 31427
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

木挽町月光夜咄 単行本 – 2011/11/10

5つ星のうち 1.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 43
文庫 ¥ 842 ¥ 27

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon.co.jp限定】君たちはどう生きるか(Special Note付き)
作中でおじさんからコペル君に宛てられたノートをモチーフにした、特製「コペル君ノート」の付録付き。ギフトにもおすすめ。 ⇒詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介

木挽町という町があって、そこに曾祖父が営む鮨屋があった。幻の店を探すうち、過去と現在がひとつになってゆく。著者初のエッセイ集。解説 坪内祐三 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

あけてしまった玉手箱の中に、木挽町という町があって、そこに曾祖父が営む鮨屋があった。一代で消えた幻の店を探すうち、過去と現在がひとつになってゆく。日々の暮らしによぎる記憶と希望を綴った、著者初のエッセイ集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 269ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2011/11/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480815112
  • ISBN-13: 978-4480815118
  • 発売日: 2011/11/10
  • 梱包サイズ: 18.4 x 12.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 467,338位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2017年2月22日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2012年3月18日
形式: 単行本
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年1月4日
形式: 文庫
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年9月3日
形式: 文庫
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年6月24日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告