通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

木挽町月光夜咄 (ちくま文庫) 文庫 – 2015/8/6

5つ星のうち 1.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 80
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 木挽町月光夜咄 (ちくま文庫)
  • +
  • つむじ風食堂と僕 (ちくまプリマー新書)
  • +
  • つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)
総額: ¥2,202
ポイントの合計: 68pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

木挽町という町があって、そこに曾祖父が営む鮨屋があった。幻の店を探すうち、過去と現在がひとつになってゆく。著者初のエッセイ集。解説 坪内祐三

内容(「BOOK」データベースより)

かつて木挽町という町があって、そこに曾祖父が営む鮨屋があった。一代で消えた幻の店を探すうち、日常と虚構、過去と現在がゆらゆらと絡み合いひとつになってゆく。少年時代のこと、出会った本や音楽のこと、東京という町のことなど、日々の暮らしによぎる記憶と希望を綴った、魅惑の吉田ワールド。新たな書き下ろしを加えて、待望の文庫化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 333ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2015/8/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480432914
  • ISBN-13: 978-4480432919
  • 発売日: 2015/8/6
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 172,627位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
エッセイ集です。
という紹介文ですが実に不思議なエッセイ集です。
およそ1年間の連載エッセイであったということで確かに時間の流れに沿って1年間の出来事が綴られています。
核となるのは東銀座にすし屋を営んでいたという著者の曽祖父音吉さんの人物像探索と、今よりも十二キロ痩せていた二十代の頃の自分との再会(?)。
曽祖父のすし屋があった木挽町まで著者の現住居から十二キロメートルあるというあたりから、筆者得意の過去と現在、距離と重量など異なる次元の融合が始まり、ところどころ文章遊びもあり、日常エッセイでありながらノンフィクションとは言えないような世界が展開してゆきます。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
普段からこの作者の小説を読んでいますが、やっぱり小説が良いです。
やたらと「自分は人とは違う」アピールが多かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
なぜだか、あまり楽しめませんでした。こりゃいけません。
作者のコアなファン向けだと思います。
題名に惹きつけられたのですが。。。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
普通、面白くない本は読んでいて眠くなりますが、この本は逆に腹が立って目が冴えます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 melody rain 投稿日 2015/6/24
形式: 単行本
つまらない。悪い意味でテキトーに書いたでしょ?内容が無さ過ぎる。文体が個人的に苦手なだけかもしれないけど、数行読むだけで、ポンポンポンポン状況が飛びまくって、ただ矢継ぎ早につきはぎな文体が気持ち悪い。読んでてイライラすふので途中でやめました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告