通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
木崎少年のほろにが喫茶巡礼 1 (BUNCH CO... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーや本体に若干使用感はありますが良品です。万が一品質に不備があった場合は返金対応いたします。帯・チラシ等の封入物は原則として付属しておりません。他サイトでも販売しているため、時間差で在庫切れになった場合はキャンセルとさせていただきます。 2392805
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

木崎少年のほろにが喫茶巡礼 1 (BUNCH COMICS) コミック – 2016/12/9

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 244
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 木崎少年のほろにが喫茶巡礼 1 (BUNCH COMICS)
  • +
  • 鹿楓堂よついろ日和 5 (BUNCH COMICS)
  • +
  • 鹿楓堂よついろ日和 1 (BUNCH COMICS)
総額: ¥1,836
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

少年は喫茶に耽る――。渋い大人に憧れる高校生、木崎亮史の趣味は喫茶店巡り。自分の理想の「喫茶の流儀」を極めるべく、様々な喫茶店に通う日々を送るが、その道のりは思ったよりも険しくて――!? 作中では、実在する喫茶店が毎話登場。ナポリタン、フルーツパフェ、バナナジュース、ハムサンド…今話題の喫茶グルメを網羅する魅惑の喫茶店巡礼記、スタート!!


登録情報

  • コミック: 137ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4107719359
  • ISBN-13: 978-4107719355
  • 発売日: 2016/12/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
書店で何気なく購入してみました。すごく良かったです。

内容はタイトル通り、木崎少年が喫茶店巡りをするお話です。
木崎少年が大人ぶったり、ジレンマに悶えたりと、感情豊かに喫茶店でのひと時を満喫する姿は微笑ましく、読んでいて飽きません。
むしろカワイイ!※本人はカワイイと言われたくないそうです。

登場する実在のカフェ、喫茶店の扱いもとても丁寧で素敵です。
読み終えて、誠実な作品だなぁと温かい気持ちになれました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
同作者が以前連載していた「夜の珈琲」という作品では絵の拙さが目立ち、人物がどこにいるのか何をしているのかも分からないコマが散見されストーリーが頭に流れ込まないことも多々ありましたが、「木崎少年~」では絵の安定度、説得力も大進化して見づらいと思うことがなくなりました。
「夜の珈琲」での大失敗(マスターの秘密を引っ張るだけ引っ張ってからの最終回の不快さと、なんとなく上から目線の珈琲うんちくと、謎のお勉強させられてる感)が、良い意味でまったく引き継がれていないため、「木崎少年~」は読んでて苦痛になることがありません。大人ぶりたくて背伸びした木崎少年にニンマリしながらちょっと軽いノリで楽しめます。
というわけで「夜の珈琲」のラストで落胆して「この作者はちょっと…」と思っている方にこそ「この作者さん、華麗に進化してるぞー」とおすすめしたいです。

で、この「木崎少年~」の作中では実在する喫茶店を巡っています。その店内も含めて背景の描写も丁寧だし、料理やドリンクも丁寧に描かれていておいしそうなので実際にお店に行ってみたくなります。しかし我が家は喫茶店どころかドトールすら近くにない田舎…なので、しょうがないから自分で珈琲を淹れて飲んでいます。
グルメ漫画に一定数存在する(食い散らかしてヨダレを垂らして恍惚の表情)みたいなのはありません。だいたいはニコニコしたりウマウマ言いながらモグモグ食べる感じで汚らしさはありませんので苦手な方も安心してどうぞー
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
近年、孤独のグルメのドラマがヒットした影響か、食べ歩きするグルメ漫画が隆盛期を迎えています。
作中では、主人公である木崎君が実在する喫茶店巡りする内容になっています。大人ぶったり通を気取るも空回りして恥ずかしい思いをして店を後にする結末も。
木崎君は気障でもコミュニティ障害ではないのですが人と群れたり、女性から避けようとします。その一因が巻末のおまけパートで明かされます。あれは玩具かペットの扱いで、自立の邪魔する存在に感じました。ヒロイン(?)と一緒の時に遭遇していたらどうなっていたか…。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
所謂「通」になりたくて背伸びしたい少年の料理探訪記です。
「ほろにが」とタイトルにあるように、まだ少年ゆえの経験の浅さや背伸びのせいで喫茶めぐりを楽しめなかったり、赤っ恥の失敗もやらかしてしまうのですがかわいらしくて楽しく読めました。
主人公のキャラクターが苦手でなければ楽しめると思う一冊です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告