中古品
¥ 230
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: [!]■ご注文から2日以内に岡山県の物流センターより「ゆうメール」で発送、ご不在時はポストへ投函されます。※番号追跡はできません。■代引きのご注文は宅配便でお届けとなります。■中古品のため、経年劣化(傷・色あせ・多少の汚れ)はご容赦ください。■帯・応募券・シール・カードなどの封入物は原則付属致しません。商品名に「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物の無い場合がございます。■Amazon限定特典、DLコード、デジタルコピーは付属致しません。■全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っております。■弊社サイトと併売のため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■商品お届け後のお客様のご都合による返品の場合、送料と手数料を差し引いた商品代金のみのご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

木島日記 乞丐相 (角川文庫) 文庫 – 2004/3/25

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

その男、顔相異様にして青痣あり―- あってはならいない物語再び

民俗学者にして歌人の折口信夫にはひとには話せない悩みがあった。彼は幼少の頃より顔に青痣をもっており長らくそれにより苦しめてきたのだった。木島日記第二弾は昭和のアンタッチャブルに触れる

あってはならない物語、再び。超民俗学伝奇小説の傑作。
乞丐相―民俗学者の折口信夫博士は自らの鼻梁にある青インキの染みの如き痣をそう呼んだ。それはロールシャッハテストの如く、見る者の闇を映し出した。正史と偽史の狭間に浮かんでは消えるあってはならない物語を、仮面の古書店主・木島平八郎が”仕分け”する。 『八つ墓村』のモデルになった津山三十人殺し事件。心中ブームと人間避雷針。迷い子塔と優等政策。昭和初期の世相を記録した『木島日記』から、あってはならない物語が平成の夜に浮かび上がる…。超民俗学伝奇小説の傑作。


内容(「BOOK」データベースより)

乞丐相―民俗学者の折口信夫博士は自らの鼻梁にある青インキの染みの如き痣をそう呼んだ。それはロールシャッハテストの如く、見る者の闇を映し出した。正史と偽史の隙間に浮かんでは消えるあってはならない物語を、仮面の古書店主・木島平八郎が“仕分け”する。『八つ墓村』のモデルになった津山三十人殺し事件。心中ブームと人間避雷針。迷い子塔と優生政策。昭和初期の世相を記録した『木島日記』から、あってはならない物語が平成の世に浮かび上がる…。超民俗学伝奇小説の傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 302ページ
  • 出版社: 角川書店 (2004/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4044191182
  • ISBN-13: 978-4044191184
  • 発売日: 2004/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 607,720位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
仕分け屋・木島平八郎、神隠し、人間避雷針・・・などなど、この作品には存在するはずのない人・モノが次々と出てくる。それはどれもこの世にあってはならない。しかし、一方で、津山30人殺しや優生政策といった実際に起こった事件・事実も話の中に出てくる。これらも、本来ならこの世にあってはならない。この作品を読んでいると、現実と空想の境界線が曖昧になってくる。世界が「ぐにゃり」とねじまがった感覚に襲われるのである。
もともと現実・事実と、空想・妄想との間にはっきりとした境目などないのかもしれない。全てが絡み合ったものが歴史となるのであろう。しかし、しばしばそれらは権力者によって彼等の望むように書き換えられる。真実とは全く異なる歴史が作られる可能性がある。うまく説明できないが、その危さはとても魅力的だ。
誰も知る事のない人類の歴史が存在する・・・。おそらく、その歴史は、この作品よりも「ぶっ飛んだ」内容なのだろう。『木島日記』は、今までと違った視点を読者に与え、想像力をかきたてる作品である。ちょっと変わった、一味違う小説を読みたい方は是非読んでいただきたい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
木島日記、大好きです。
最初は漫画から入ったのですが、小説もかなり面白いですね。
漫画と違ったストーリーになっている箇所も多々ありますし、漫画よりも救いが多いような気がします。
内容についての感想は、上手く書ける気がしないので省きますが漫画版の木島日記が好きな方は買って損はないでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
”実際の歴史ではない”と書きながら、なんとも真実味を帯びた木島シリーズ第2弾。津山30人殺しなどをモデルにし、日本という帝国が行おうとしていた事を淡々と書きながら、面白いです。シリーズは全3作で終わる予定だとか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告