通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
木を植えた男 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【付属】------【表紙】---カバー角に多少破れ有り---【本文】---良好---【帯】------【発送日】---即日~翌日---【お届け方法】---基本ポスト無投函---【在庫】---アマゾン専用在庫---【領収書】---注文履歴の「領収書/購入明細書」から印刷して下さい---【梱包】---防水&アルコール清掃---【コメント欄をご覧いただきありがとうございます。興味がありましたらよろしくお願いします】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

木を植えた男 大型本 – 1989/12

5つ星のうち 4.7 46件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 55

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 木を植えた男
  • +
  • わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 91pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

フランスの山岳地帯にただ一人とどまり、荒れはてた地を緑の森によみがえらせたエルゼアール・ブフィエの半生。同名の短編映画は’87アカデミー賞短編映画賞受賞。


登録情報

  • 大型本: 47ページ
  • 出版社: あすなろ書房 (1989/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4751514318
  • ISBN-13: 978-4751514313
  • 発売日: 1989/12
  • 商品パッケージの寸法: 29.1 x 22.1 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 31,785位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
原作は1953年に書かれたもので、南仏プロバンスの荒れ果てた高知に一本づつ木を植えていく男、エルザール・ブフィエはヘブライの預言者、賢者というイメージのようです。物語としても素晴らしいのですが、フレデリック・パックの絵も素晴らしい。大人向けの絵本という感じです。アカデミーの短編映画賞を受賞したアニメーションも素晴らしい作品でした。架空の話ですが、舞台となったプロバンスに行かれた新井満氏の「世界・わが心の旅」でしり、この本を買いました。また、このブフィエの精神に共感して、失われた森を再現するべく、毎日、一本づつ木を植え、訪問者がいたら、その人にも一本を植えてもらうことを実践しているアニメーターがいるそうで、いまや荒野だった地がいまや森となっています。世の中には凄い人がいるものです。この物語は、それほど人の心に訴えかけてきます。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
私は最初この作品をアニメーション映画でみた。とても雰囲気のある画風でストーリーもしっかりしており、強く印象に残った。
この本に出てくる名もない羊飼いの男は人間の何たるかを教えてくれる。
古今東西の全ての人々がこの男のような心の美しさを持っていたら、どんなにかこの世界は平和だろうかと思わずにはいられない。
人生に迷ったとき、社会に迷ったとき、自分に迷ったときこの本を開いて欲しい。きっと心が癒されるはずだ。
この本はまさに心のサプリメントである。
一家に一冊常備しておきたい本である。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/6/11
形式: 大型本
私がこの作品に出会ったのは中学生の頃でした。音楽の先生が見せてくれたビデオで、最後には全ての生徒が涙しました。
それから短大生になった今、その絵本に出会い、思わず買ってしまいました。
一生心に残るお話です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
環境保護的に利用されることも多い短編アニメーションだが、それだけでなく、この本はひたむきな人間の行為がいかに尊いものかを教えてくれる。度重なる困難に打ち負かされそうになりながらも、木を植えるという本当に地道な行為を何十年も続けた一人の老人。その超人的ともいえる精神力と忍耐力は、人間はいかに生きることができるかという本質を突いているように思われる。ジャン・ジオノの文章は事実ではないが、事実以上の真実を含んでいるような気がする。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yjisan 投稿日 2006/3/30
形式: 大型本
 南仏最大の作家、ジャン・ジオノの短篇である。

 高学歴の教養人ひしめく20世紀フランス文学界(サルトル、ボードワールら)において、大学へ行っていないジオノの存在は異質である。扱う内容やその文体もその異質性を反映している。

 『木を植えた男』がそうであるように、ジオノの作品の舞台は文化の中心地パリではなく、南仏の自然である。

 そしてその文体は、フランス文学の主流である華麗かつ精緻なそれとは異なり、ぎりぎりまで装飾を削った簡潔かつ的確なものである。

 (だからこそ語学力の乏しい私でも、何とか原書で読めたわけだが)

 その素朴な語り口は、茫漠たる南仏の自然を彷彿とさせる。

 もちろん技巧がないわけではなく、淡々とした描写の中にキラリと光る表現をさりげなく忍ばせている。こういう書き方もあるのだ、と感心した。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/11/30
形式: 大型本
荒れすさんだ町に、羊を飼いながら住んでいた孤独な男。彼は、人々との接触を避けて孤独を選んでいたわけではなかった。町の人々の心に暖かさが戻ることを願い、緑あふれる美しい町が生き返ることを願いながら、絶望にも似た感情にもたった一人で打ち勝ち、木を植え続けた。
暖かさ、冷たさの伝わってくる生き生きとした挿絵や、静かに進められて行く語りに魅せられてしまった。小さな人間の中にも何かを変えようという意志さえあれば、それが膨大なエネルギーとなり事物を動かすのだ、と教えられた。勤勉さとは、なんと美しいものを生み出すのだろう。わたしの心の一冊。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
この絵本を最初に知ったのは、私が中学生の頃。
友人が、この絵本を題材に読書感想文を書いていたのが、きっかけです。
実際に、自分で読んでみると、深いメッセージ性のある物語に驚きました。
文章も割と多く、どちらかというと、大人向きの絵本だと思います。
ストーリーは、長い年月をかけて、ずっと一人で、毎日、木を植え続けた老人のお話です。
優しく、美しいイラストの魅力。
そして芯のある物語。
それらが上手く混ざり合って、この絵本を素晴らしいものにしています。

非常に有名な絵本なので、ぜひ手に取ってみてください。
とってもオススメな1冊です!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す