通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 サーフ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: サーフ堂でお買い上げありがとうございます。アマゾンの規定の基準にて販売をさせていただいております。書き込みはないものであります。(細心には検品を行っていますが、商品にまれに見落としなどの書き込みがある場合がございますのでご了承くださいませ)またまれにヤケやしみなどの本の痛みなどがあるものもございます。読み物としては問題がない商品となります。配送につきましてはゆうメール又はヤマトDM便にて発送となります。原則的には48時間以内の発送をしております。発送はいたしますが運送会社による遅れなど地域によりございますのでその際はご了承くださいませ。数日たっても届かない場合や万が一商品に不備などがある際はお問い合わせいただきましたら誠実な対応で対応させていただきます。梱包は雨にも対応した防水の封筒で発送させていただきます、万が一書き込みや商品不良がございました場合は評価前にご連絡くださいませ。よろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫) 文庫 – 2003/11

5つ星のうち 4.6 46件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 23

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)
  • +
  • 木のいのち木のこころ―天・地・人 (新潮文庫)
  • +
  • 宮大工棟梁・西岡常一「口伝」の重み (日経ビジネス人文庫 オレンジ に 2-1)
総額: ¥2,308
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

最後の宮大工棟梁が語り尽くしたベストセラー、待望の文庫化
宮大工棟梁として、木の心について、職人の技術について、法隆寺・薬師寺の魅力について語った入魂の哲学。

出版社からのコメント

法隆寺、薬師寺の宮大工棟梁・西岡常一氏が、木や道具、建築、そして人間について語った好エッセイ。「堂塔の木組は寸法で組まず、木の癖で組め」など現代の人間関係にあてはまる口伝も紹介。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 284ページ
  • 出版社: 小学館 (2003/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094058516
  • ISBN-13: 978-4094058512
  • 発売日: 2003/11
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,475位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
 著者の西岡常一氏は、法隆寺、薬師寺を復元した最後の宮大工棟梁で、
 1995年に亡くなられている。
 本書は1988年に発行されたものの文庫である。

 「棟梁いうものは何かいいましたら、「棟梁は、木のクセを見抜いて、
  それを適材適所に使う」ことやね」
 「木を組むには人の心を組め」
 「職人が50人おったら50人が、わたしと同じ気持ちになって
  もらわんと建物はできません」

 落ち着いた関西弁から、職人の仕事の重さがずんずん伝わってくる
 のだが、如何せん、図面で伝える、計算で伝える、ということを
 しない、日本の職人の世界であり、木のクセってどうなのかとか、
 いくら言葉で説明されても、読者は置いてけぼりである。

 「学者というのは、ほんまに仕事という面から言うたら、
  どうにもならんもんでっせ。わたしは一度いうてやったことがあります。
  「飛鳥時代には学者はおりません。大工がみんなやったんやないか。
   その大工の伝統をわれわれがふまえているのだから、われわれの
   やっていることは間違いないとおもってください」
  そしたら、誰も返事しよらんかったな。」
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
東京下町で飲食店を任されてもうじき2年、
何度となく現われては消え、消えては現われてきた私の中のテーマ、
本物とは何?  本物とそうじゃないものの違いは?
本物だからおいしい、本物じゃないから不満足…

商売である以上、お代さえいただければいいという面はあります。
ですが、オカネを支払ってもなお満足し、喜んで帰宅していただく、
そこまでを求めるのならやはりこの本物ということを避けては通れない、
いつの頃からそんな風に私は感じ、機会あれば、会う人、会う人に
そのヒントになる本の紹介をお願いしてきました。
料理人や料理評論家さんの本が僅か半年でたくさん集まりましたが、
正直、これだと思える一節を見出せずにいました。

そんなとき、的場正信さん(P.H.メディアTOKYO社長)に薦められたのがこの本。
大工の棟梁さんの語りの本なのですが、以前、私自身、
これに近い仕事に当たっていたこともあって、本書の中の多くの言葉に
「洗われる想い」がたくさん呼び覚まされて一挙に読み切れました。

さて、薬師寺宮大工棟梁西岡常一さんが語る「本物」とは?
それはとても自然素朴で、しかも強靭苛烈なものなのですが、
...続きを読む ›
2 コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
とても、良い本です。
色んな方に読んでいただきたいです。

最初は、面白くってスイスイ読めるのですが
中盤、職人さんの使っている器具の名前などが、出てくるところで少し挫折しました。

そこを踏ん張って通り過ぎると、また面白くなってきます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あつ 投稿日 2010/9/30
形式: 文庫
西岡棟梁の別の本を読み、法隆寺に思わず足を運びました。そして、今回「木に学べ」を読みましたが、もう一度、法隆寺、薬師寺へ行きたくなりました。日本が世界に誇れる1300年も変わることなく建ち続ける木造建築。この本で、日本の良さを再認識させてもらいました。そして、家庭で社会で役に立つ法隆寺棟梁の口伝の数々。「塔組みは、木の癖組み、人の心組み」は座右の銘にさせてもらいます。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 vio 投稿日 2015/9/7
形式: 文庫 Amazonで購入
どんなに沢山の事をここから学んだ事か!
本物(使うのに危険な言葉ですが)と言うのが、どう言う事か 知りました。
私の生き方を支えました。

そして、後に小さな町工場を注がなくてはならなくなった時「ものづくり」の基本とその理念は
元を辿れば ここに行き着いているんじゃないかと思っています。

でも、普通に楽しい本です!!
古の人々の知恵がいっぱい詰まっています。
昔の人々が作った「もの」を通して 昔の人と会話する事ができるという事を知りました。
ワクワクがいっぱい詰まっていますよ!
一読の価値ありです。
これからますます 大切になる本だと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック