¥990
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
朝鮮通信使の真実 江戸から現代まで続く侮日・反日の... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

朝鮮通信使の真実 江戸から現代まで続く侮日・反日の原点 (WAC BUNKO 313) 新書 – 2019/11/4

5つ星のうち4.8 9個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書, 2019/11/4
¥990
¥990 ¥1,989

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 朝鮮通信使の真実 江戸から現代まで続く侮日・反日の原点 (WAC BUNKO 313)
  • +
  • 反日種族主義 日韓危機の根源
  • +
  • 正論2019年12月号(今こそ「天皇」を語ろう)
総額: ¥4,827
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

朝鮮通信使は「平和の使徒」? 「誠信外交」の象徴? そんな単細胞型の歴史通説を覆す、石平さんの最新書下し歴史評論!

江戸日本に対する罵詈雑言を吐いた「朝鮮通信使」たち。
しかし、朝鮮通信使は、実は朝貢のために日本にやってきたに過ぎない。
その屈辱から、日本で見るもの、聞くものすべてに難癖をつけたのだ。
その対日コンプレックスの裏返し故に、日本人を「犬畜生」「禽獣」「獣人間」呼ばわり!
これこそ元祖「ヘイトスピーチ」ではないか!
その妄言の数々を石平さんが丹念に読み解き、書き下ろしたのが本書です。

デタラメな日本イメージと日本蔑視・日本憎悪の韓国の感情は、江戸から令和の現代に到るまで残っている。
歴史の教訓からいえることは、やはり、この国と関わってはいけない---ということだ!

はじめに──現代に受け継がれた歪な韓国人の対日精神構造
罵詈雑言を書き残した朝鮮通信使
コンプレックスの裏返し
「侮日=日本侮辱」こそは「民族精神発揚」の最善の手段

第一章 朝鮮通信使は事実上の朝貢使節だった
十二回にわたる朝鮮通信使派遣の概要と一つの疑問
なぜ日本から朝鮮に「通信使」を派遣しなかったのか
通信使の派遣を熱望したのは朝鮮の方だ
朝鮮王朝が徳川将軍に送った礼物は単なる「朝貢品」か
朝鮮通信使が徳川将軍に「朝貢の拝礼」を行なった
幕府による「朝鮮朝貢使」の国内政治利用
東照宮参詣を余儀なくされた朝鮮通信使
朝鮮が日本に「朝貢使」を派遣し続けた理由
日本への朝貢を認めたくない朝鮮のジレンマと精神的勝利法

第二章 朝鮮知識人の哀れな「精神的勝利法」
日本の豊かさと文明度の高さに圧倒された通信使たち
二人の通信使が目を見張った日本の絢爛と華麗
日本の技術に感心し本国に持ち帰る通信使
中国人学者も見抜いた、朝鮮通信使の偏屈心
日本の衣服制度も儀式のスタイルも「蛮夷の風俗」
通信使の日本口撃は自然風景にも及ぶ
富士山も日本人の善意も全て、貶しの対象となる
日本人は「禽獣」であり、「豺」「貅」である
心尽くしの接待を受けながらの日本憎し

第三章 「日本コンプレックス」の塊だった通信使たち
申維翰『海游録』の悪意の日本口撃
日本人に対する人種差別的侮辱
弄ばれる日本人の誠実さと純粋さ
目に余る朝鮮知識人の意地悪さと卑劣さ
金仁謙『日東壮遊歌』にみる「心の歪さ」
日本人は「穢れた愚かな血を持つ」獣人間か
朝貢使としての悔しさをやりきれない金仁謙

内容(「BOOK」データベースより)

江戸時代にやってきた、事実上の朝貢を強いられた朝鮮通信使たち。彼らの残した「侮日・反日」の罵詈雑言の数々を読み解くことにより、400年以上続く、歪な「反日コンプレックス」の歴史を知ることができる。本書の結論は、まさに「あの国と関わるな!」ということである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 195ページ
  • 出版社: ワック (2019/11/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4898318134
  • ISBN-13: 978-4898318133
  • 発売日: 2019/11/4
  • 梱包サイズ: 17.6 x 11.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 334位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
評価の数 9
星5つ
85%
星4つ
15%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

9件のカスタマーレビュー

殿堂入りベスト50レビュアー
2019年11月7日
Amazonで購入
41人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年11月11日
Amazonで購入
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年11月11日
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年11月13日
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト50レビュアー
2019年11月16日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告