通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
朝鮮紀行〜英国婦人の見た李朝末期 (講談社学術文庫... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★【ポイント付きます!Amazonからの発送。365日毎日発送致します】帯はありません。本文は書き込み・ページ折れ・開きグセもなく良好な状態です。但しあくまで中古品になりますので気にならない程度のキズ等に付きましてはご容赦下さい。ご注文頂きましたら【 Amazon FBA 】にて梱包し、発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

朝鮮紀行〜英国婦人の見た李朝末期 (講談社学術文庫) 文庫 – 1998/8/10

5つ星のうち 4.6 81件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,318
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,782
¥ 1,782 ¥ 1,400
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 朝鮮紀行〜英国婦人の見た李朝末期 (講談社学術文庫)
  • +
  • イザベラ・バードの日本紀行 (上) (講談社学術文庫 1871)
  • +
  • イザベラ・バードの日本紀行 (下) (講談社学術文庫 1872)
総額: ¥4,784
ポイントの合計: 145pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   本書は、著者が1894年から1897年にかけて、4度にわたり朝鮮を旅したときの紀行である。当時の東アジアは日清戦争前後の激動の時代で、朝鮮半島においても各国の思惑が入り乱れ、著者自身幾度か謁見したことのある閔妃が殺害される事件も起きている。
   そんな戦争と政争の中ではあるが、旅をする著者の視線の多くは庶民の日常生活と豊かな自然に注がれている。交通事情が劣悪なために、快適な旅とはいえないことに遭遇することも少なくないが、60代とは思えないパワフルな活動力でそれを乗り越えていく様は痛快ですらある。
   当時の朝鮮はまた、開国間もない時期であり、外国人に対する偏見も根強く残っていた。ただ、それだけに伝統的風土・民俗・文化等が色濃く残り、特に本文中2章を割いているシャーマニズムについては著者自身も大きな関心を抱いたようで、悪霊払いのプロセスを延々と紹介している部分もある。これらの伝承は記録としては残りにくいものであるから、貴重である。
   時代が時代であるだけに、日本人についての記述も少なくない。著者自身は日本を先進国入りしつつある国、と認識している様子で、朝鮮に対する影響力を徐々に強めていることに関しても、帝国主義が当然の時代とはいえ、淡々と描写している。ただし、秀吉による侵略以来の「恨み」については何度も語っているので、朝鮮人の反日感情は、著者の目にもあからさまのものだったのだろう。
   この時期の朝鮮について、政治的な思惑なしに、これだけ広範囲のことを記述したものはほかにない。それだけに、資料としての価値の高さがあるとともに、素顔の朝鮮があざやかに見て取れる名紀行でもある。

内容紹介

英人女性旅行家イザベラ・バードが描く19世紀末の朝鮮の素顔。

英国人女性旅行家イザベラ・バードが朝鮮を訪れたのは、1894年、62歳の時のことである。以後3年余、バードは4度にわたり朝鮮各地を旅した。折りしも朝鮮内外には、日清戦争、東学党の反乱、閔妃(びんひ)暗殺等の歴史的事件が続発する。国際情勢に翻弄される李朝末期の不穏な政情や、開国間もない朝鮮に色濃く残る伝統的風土・民俗・文化等々、バードの眼に映った朝鮮の素顔を忠実に伝える名紀行。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 584ページ
  • 出版社: 講談社 (1998/8/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061593404
  • ISBN-13: 978-4061593404
  • 発売日: 1998/8/10
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 81件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,779位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
字がとても細かい文字なのは読みづらいが、その当時の朝鮮の文化や風習が、イギリス人女性旅行者の目を通して生き生きと描かれている。The Korea 朝鮮が劇的に豊かになった時代と併せて読むと、より鮮明に当時の朝鮮の人々の日々の暮らしぶりや、息づかいが聞こえてきそうなくらいに描写が細かいことに感心する。しかし、この当時の秘境のような朝鮮を、西洋人で、しかも女性である著者が旅行していたという事実と大いなる勇気にも敬意を表したい。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この本の資料的価値が高いことは疑いない。日清戦争の戦前、戦中、戦後の生々しいリアルタイムの観察記録であり、貴重なものとしてお勧めできる。
しかし、原著の本文を読んだことがないので、本書の日本語訳を完全に信じていいのか、疑問を感じている。

第1に、タイトルの「朝鮮紀行」だ。
原著のタイトルは、“KOREA AND HER NEIGHBOURS”つまり「朝鮮とその隣人達」であり、実際、本書の内容は朝鮮以外の紀行も含んでいるのに、だ。

第2に、章題も問題があるのではないだろうか。
例えば、第29章は、本書訳では「朝鮮史の暗部」とされているが、しかし、英米の大学のHPなどで知ることのできる原著目次を見る限り、この章題は「 The Assassination of the Queen」(女王の暗殺)ではないのか?
歪んだ朱子学が支配する朝鮮としてはありふれた妃実家と王実家の争い陰謀合戦であり、暗部だとしても珍しくはないが、ここはむしろ日本史の暗部にあたる部分であろう。
「日本にとって東洋の先進国たる地位と威信とをこれほど傷つけられた事件はなく」と著者が述べているのだから。
何故にこのような歪曲訳をするのか。訳者というより講談社編集部なのか。

ところで、大日本帝国にはせ
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
以前、イザベル・バードの「日本奥地紀行」を読んでおり、この度本書の存在をしり購読しました。120~130年前の日本と朝鮮(李朝)の実態を対比して知ることができた。
イザベル・バードの著書の優れているのは、自分の足で歩き、自分の目で見た事実を克明に記述していることに感心することです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 英国婦人の朝鮮旅行記で知的で緻密、驚くような記述に出会う。驚いたことを書けば「釜山は日本人の街だ、5000人の日本人ビジネスマンと8000人の日本人漁師がいて、日本人しか目にはいらない」という記述がある。全てについて日本人しか目に入らないのだ。さらに1592年秀吉が朝鮮を統治していたころに植えた杉が大きくなり立派な杉林になり、釜山の外国人居留民街を取り囲んでいる。日本軍は朝鮮出兵時に植林もやっていたことに驚いた。さらに釜山の中心部が日本人の計画に従って作り直されていることをも述べている。日本人さえ知らない300年前の植林や都市計画をバードが知っているのに驚いた。イギリス人はあなどれない。朝鮮を旅行するときに重い朝鮮銭貨を持っていくためにロバ一頭を連れて行かなければならなかったが日清戦争で日本円が流通するようになりロバが不要になり、旅行がやりやすくなったとある。必読の書である。満足まちがいないことを保証する。
コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この著者、イザベラ・バードの日本紀行上下巻を読んだ後読みました。日本を旅した10数年後、20世紀初頭の朝鮮半島の姿が克明に描き出されています。時あたかも日清戦争のころ、半島に進出してきた日本の姿も描かれます。日本側でも朝鮮側でもないひとりの英国人旅行家が見た客観的なすがた。以外に思ったのは、この方、日本の東北地方の旅では食料、特に肉類の入手に苦労したようですが、朝鮮ではそのようなエピソードは書かれていないところをみると、肉類の入手は比較的容易だったようです。当時の朝鮮半島の様子を知る上では大変貴重な資料です。日本紀行共々一読されることをお進めします。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
著者は1894年からモンゴロイド特性調査の一環として、四度の朝鮮旅行を行って、序文で、過去の日本を含む多くの国の紀行との比較から、最初はこれほど興味をそそらない国はなかったが、日清戦争戦中戦後の急激な変化に強く関心をそそられたと述べており、さらにシベリアで見たロシア統治下の朝鮮人の性格と勤勉さは、本国の将来には思ったよりもましな可能性が待っているかも知れないと、現在の発展(あくまでも日本を含む外国からの中華主義との絶縁、行政社会改革の強制が要因ではあるが)を展望している。また、朝鮮という国は当初は誰もが嫌悪感を抱くが、乗り越えると心をつかまれるとも述べている。実際に奥地への旅行から、人の手が届かないところの景観の美しさも語られている。、
著者の実体験を通じての、李朝時代の政府官庁の腐敗ぶり、私利私欲愛欲に耽る宮廷、貴族、役人からの搾取に起因するであろう庶民の無気力さ貧しさ、さらに首都の不潔さ、荒れ放題の地方都市、行政機能の崩壊をみると、現在の韓国のいう日帝による大罪が全くの捏造であり、歴史認識を改めなければならないのは彼らであるとあらためて理解できる。
本当は韓国人にこれを読んで欲しいところであるが、他の方のレビューでは韓国では、改さん本が出ていて、当時のソウルは清潔で人々はとても快適かつ豊かに暮らしているとされている模様、外国で検索するの偽物しか出てこないそう
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー