中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は概ね良好です。クリーニング後、通常奈良県から日本郵便のゆうメール(追跡番号無し・発送から日祝除く2-4営業日でポストへお届け)にて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

朝青龍はなぜ負けないのか 単行本 – 2005/10/27

5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

連勝街道を驀進する朝青龍。外国人横綱ひとりだけが勝ち続ける大相撲の「危機」を、モンゴル通の著者が、朝青龍や白鵬の両親へのインタビューやモンゴル相撲取材を通して炙り出す。国技の再生から日本の行方をとらえた砂かぶりノンフィクション。相撲の見方が一変する!

内容(「BOOK」データベースより)

モンゴル通の著者が、モンゴル相撲取材や、朝青龍・白鵬の両親インタビューを敢行!草原の国の元横綱が語る、関取の条件と美学とは。日本人弱体化の理由のひとつは、なんと高齢化。相撲の見方が一変する、砂かぶりノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 190ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/10/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103002913
  • ISBN-13: 978-4103002918
  • 発売日: 2005/10/27
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,849,277位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 温泉教授として知られる松田忠徳氏は、モンゴル研究家でもある。なぜ朝青龍は負けないのか、ひいては、なぜモンゴル出身力士の活躍が目立ち、日本人力士は振るわないのか、モンゴルの家族や国民へのインタビューなどを通して、その理由が明かされてゆく。

 朝青龍は、「自分はまだ強くない」と語る。不安なのである。だから、先に攻めて、相手を捕まえる。これらのくだりなどに、今後の大相撲の隆盛へのヒントが含まれている。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
朝青龍が強かったのは認めるが、数々犯した愚行については擁護の余地なし。
そんな問題児にここまで無批判・無節操に入れ込み、情動失禁して、こんな本を書いた大学教授もいい根性だと思う。
好角家は読むなかれ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告