この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

朝日新聞と私の40年戦争 単行本(ソフトカバー) – 2015/2/10

5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 3,344 ¥ 1,283
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

〈朝日新聞社長の呆れた“謝罪"会見以降、巷では「朝日廃刊論」や「朝日解体論」が飛び交っています。私もそれに反対はしませんが、その前にやってもらいたいことがあります。朝日には傷つけられた日本の名誉を回復させる責任があります。〉(本文より抜粋)
そうした思いを実現させるべく、著者を団長とする約1万人が、平成27年1月26日、朝日新聞を相手取って東京地裁に訴訟を起こした。「吉田証言」関連記事や植村隆元記者の虚報記事によって日本国民は〈集団強姦犯人の子孫との濡れ衣を着せられ、筆舌に尽くし難い屈辱を受け〉、〈原告らを含む日本国民の国民的人格権・名誉権は著しく毀損せしめられた〉と主張し、謝罪広告の掲載と、原告1人に対して1万円の慰謝料を請求すると訴えたのだ。
「こうでもしないと、朝日新聞の体質も行動も変わらない」との確信が、1970年代より戦後言論空間で同紙と対決してきた著者にはある。その半生の回想録。

内容(「BOOK」データベースより)

朝日新聞という巨大な「岩盤」に抗し続けた半生の回想録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 221ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2015/2/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 456982353X
  • ISBN-13: 978-4569823539
  • 発売日: 2015/2/10
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 336,117位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(8)

トップカスタマーレビュー

殿堂入りNo1レビュアーベスト500レビュアー
2015年2月13日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
34人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
ベスト500レビュアー
2017年7月16日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年3月5日
形式: Kindle版|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年7月27日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
VINEメンバー
2015年7月2日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年3月4日
形式: 単行本(ソフトカバー)
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
ベスト100レビュアー
2016年11月27日
形式: 単行本(ソフトカバー)
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告