通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張す... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 BOOKS:ORION
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。帯にスレ・ヨレ・小さな切れ、カバーにスレ・若干のヨレ、本体1ページ分の上端部に折れ跡がありますが、本体には書き込みもなく、その他のコンディションは良好です。2010年第3刷。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった 単行本 – 2010/7/29

5つ星のうち 4.6 61件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった
  • +
  • ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実
  • +
  • ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

1910年の「日韓併合」から100年。35年に及ぶ朝鮮総督府による韓国統治については、日本の敗戦による半島支配が終わってからすでに65年たつ今日でも、植民地支配によって搾取、収奪が行われたという韓国からの批判が続いている。「創氏改名」「慰安婦」「土地収奪」「強制連行」などの「七奪」がその象徴としてよく指摘される。  しかし、日本による「日韓併合」は本当に帝国主義的な植民地支配だったのだろうか。日本による「半島支配」とは具体的にいかなるものであったのか。本書は、戦前の朝日新聞の膨大な記事資料を発掘、渉猟し、「日韓併合」の実相に迫る試みである。  本書に掲載された戦前の朝日新聞の記事を読み進めれば、日本が韓国を近代化するために涙ぐましいまでの努力をしていたかが、よく伝わってくる。日本の半島経営は、韓国が主張する「七奪」とはかけはなれたものであったことが、実感としてよくわかってくるのである。  戦前の日本はすべて悪いとする戦後の歴史教育の歪みが、多くの日本人の歴史観をきわめていびつなものにしてきた。そのため、韓国が主張する「日帝」の苛烈な植民地支配というイメージが日本人のなかにも固定化している。しかし、「大日本帝国下の朝鮮半島」の日常生活を生き生きと描き出した朝日の報道を読めば、そのような戦後史観がいかに間違った歴史の見方であるかがひと目で理解できるはずだ。

内容(「BOOK」データベースより)

戦後の偏向報道が嘘のように、「大日本帝国下の朝鮮半島」を生き生きと描写した戦前の朝日新聞報道。「創氏改名」「慰安婦」「土地収奪」「強制連行」などの“日帝”の犯罪的行為は本当にあったのか?膨大な報道史料を読み解くことで、「日韓併合」の実相に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 287ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2010/7/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198629900
  • ISBN-13: 978-4198629908
  • 発売日: 2010/7/29
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 61件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 145,848位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
日本統治時代の朝鮮の様子や息吹が、当時の朝日新聞の記事切り抜きから、
生き生きと読み手に伝わってくる。
「新しい朝鮮を作るんだ」と日本人と朝鮮人が希望に燃え、開拓と悪習の改革に
取り組み、邁進していたことがよくわかる。
読んでいてこちらの心まで爽やかになり、心が躍る。
自分の知識がドンドン確信に変わる。痛快だ。

「京釜間複線工事 5月から着手 完成次第、列車大増発」
「絢爛たる化学工業 北朝各地に勃興す 数字が物語る貿易額」
「世紀の歓喜 創氏 相次ぐ改姓名乗り 平壌府庁へ殺到す」
「文盲を掃蕩 全鮮的に大運動起す」
「学校を増設して在満鮮童を教育する」
「反響呼ぶ志願兵制度 忽ち志願者殺到」
これは本書で紹介されている切り抜きの見出しのほんの一部だが、
これだけ見ても、当時の様子がわかると思う。

戦後の自虐史観の中で、先人たちの労苦や努力に対する恩を忘れて
しまった日本人にとって、将に必読の書と言っても過言ではない。
多くの日本人にとって、本書は救いの書となるに違いない。

この本を作るために水間氏は、国立国会図書館に現存する大正4年以降の
マイクロフィルムを2年間に亘って昭和20年8月まで精査した
中から取り出したそうだ。氏の努力と情熱に感謝したい。
1 コメント 827人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 金吾庄左ェ門 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/8/3
形式: 単行本
 「日本は韓国で良い事をたくさんした」と言うと、大臣のクビが飛んだりするわけですが、その大臣のクビが飛ぶような朝日新聞の記事を用いて、日本がいかに韓国のために良い事をしたかが書かれています。
 教育の普及や志願兵募集などは、欧米諸国が植民地では反乱を恐れて行いはしませんでした。それを今日では、日本は搾取と収奪を行い、欧米諸国の場合はプランテーションとして褒めちぎるのはどういうことでしょうね?そして何より、日本は韓国の人々を平等に扱いました。なので、韓国は親日派の財産を没収するなんてすべきではありません。
 最後に、先に書かれている方もいますが、日韓併合百年の謝罪決議などは無用です。菅直人にはこの本を読んで、勉強しなおしてもらいたいです。
コメント 538人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2010/8/1
形式: 単行本 Amazonで購入
私たち日本人のご先祖様が悪者のような報道や教育に、嫌気がさしてこの本に出会いました。
明治生まれの祖父母は朝晴れていたらお天道様に感謝、雨の日は「命の水」だと感謝、食事の時にはお百姓さんに感謝していましたから、その祖父母の親くらいの人達が、お隣の韓国に対して学校で習ったような「酷い仕打ち」をしたとは思えなくて、悶々としていましたが、この本に出会い心の中も頭の中もスッキリ晴れ渡りました。
日本人であることを誇りに思えます。中学校の教材にして欲しい本です。
6 コメント 644人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 iron-t 投稿日 2010/8/3
形式: 単行本
 巷間言われているところの日本と朝鮮半島の関係について

 如何に出鱈目がまかり通っているかがよくわかる。

 日本は韓国や北朝鮮に謝罪や補償をする必要などない。

 「創氏改名」の一体どこが強制なのか?

 「朝鮮人を日本に強制連行」?いったい誰が?
 
 自分達で勝手に日本に来ただけではないか。

 本書を読めばあきらかである。

 自虐史観に嵌りにハマっている日本人に
 
 是非読んで欲しい。
コメント 375人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
水間さんは、自ら国立国会図書館で、過去の朝日新聞のマイクロフィルムから「大阪朝日新聞朝鮮版」を見つけ、その記事を掲載しながら、「日帝支配36年」そして、現官房長官も口にする「七奪」が全くの「都市伝説」に過ぎないことを冷静に分析してゆく。これを読んで、まだ「日韓併合」は日本の非合法な「植民地支配」だと言う者が居たとしたら、自らの愚かさを語るに過ぎないであろう。
第12章、13章は、朝日新聞が、軍部に迎合してゆく様が語られるが、あくまでも「日韓併合」に絞り込んで欲しかった。「満州事変」「支那事変」には、未だ解明されていない部分がある。それをこの書で語るのは少し無理があるのではなかろうか。
ただ、それを差し引いても、国民一人ひとりが読むべき本である。
コメント 252人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 海人 トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/8/3
形式: 単行本
予約していた本書がようやく届きました。いったいどういう切り口で「真実」を明らかにしてく
れるのか?

その手法はジャーナリストの水間さんらしく地道に過去の新聞報道を探し出して、その新聞記事
のコピーに解説を添えて内容を伝えてくれるという予想外の切り口でした。もうどうにも言い逃
れのしようがないほどの客観的な「歴史的資料集」に仕上がっています。

これを読むといったいどうして戦後のおかしな歴史観が出てくるのか?いったいいつから日本は
ねじれてしまったのだろうという疑問がわかずにはいられません。

それにしても、NHKの「プロジェクトJAPAN」は一体なんなんだろう?一見客観的な資料を積み重
ねているように見えながら、本書とは全く逆の結論「強制連行された悲劇の朝鮮人、日本は謝罪
すべき」という結論に視聴者を誘導しています。

報道機関の影響力の大きさと、資料というのは使いようによって全く逆の結論を導き出すことが
できるのだという「情報」の恐ろしさを改めて感じさせられました。

このような現実の中で本書が出版されたことは日本人にとって幸いというしかありません。しか
し問題は映像と書籍では圧倒的な伝達力の差、影響
...続きを読む ›
コメント 289人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー