この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

朝もやの渚

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 9,800より 中古品の出品:7¥ 3,700より

ニッパー(犬)グッズ ストア
蓄音機に耳を傾けるニッパーを描いたその絵画「His Master's Voice」のモデルとなった犬、ニッパー (Nipper)のグッズをご紹介。ほぼ等身大のルームライトや、10枚セットのコースター、Tシャツまで。詳しくはニッパー(犬)グッズ ストアをチェック


Amazon の ジョニー・ピアソン ストア


登録情報

  • CD (1994/1/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 73 分
  • ASIN: B0000565YZ
  • EAN: 4988002289462
  • 他のエディション: CD  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 232,829位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 朝もやの渚
  2. 悲しみのアリス
  3. 落葉の並木道
  4. 黄昏
  5. ザ・ウイナー
  6. アルゼンチンよ泣かないで
  7. 素顔のままで
  8. 小さなピアノの詩(ディア・ハンターのテーマ)
  9. 愛ある別れ
  10. コマネチのテーマ
  11. 落葉のささやき
  12. 風の吹くまま
  13. 炎のランナー
  14. ラブ・ドリーマー
  15. エレファント・マン
  16. 愛は面影の中に
  17. フィーリング
  18. ブラザー・サン、シスター・ムーン
  19. ラブ・プレリュード
  20. タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング

商品の説明

メディア掲載レビューほか

イギリスはロンドン生まれのジョニー・ピアソンが率いるオーケストラによるイージー・リスニングもの20選。シックです。午前中のAM放送のBGMですね。これが結構ホッとする。最初のビッグ・ヒット(65年),⑫の華麗な弦アレンジは渋谷派にもオススメ。
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
アルバムタイトル曲「朝もやの渚」の開始36秒あたりから、かなり耳障りな長いノイズが入る。

メーカーは“デジタル・マスタリングにおけるトラック・ダウン時に混入した模様”との見解。

ジョニー・ピアソンの代表曲であり、静かなイージーリスニングであるのにこのような状態では、音楽CDとしての価値は無い。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
マイナーと思っていたら、ほとんど聞いたことのある曲ばかりでした。いきなり1曲目から、ときめきです。おだやかな海辺を歩きながら...そんなイメージです。ピアノのセンスが光ります。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 blue_willowjp VINE メンバー 投稿日 2006/5/7
形式: CD Amazonで購入
ピアノが主体となっているイージーリスニングといえば、リチャード・クレイダーマンが有名ですが、それとはちょっと異なった趣の音楽ですね。
特に、1,7,8は心が洗われるような感じで絶対にお勧めです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
「朝もやの渚」―ジョニー・ピアソンの代表曲であり,彼の楽曲のイメージを象徴している曲と言っても過言ではない.演奏家は違うが,ニッポン放送の放送終了時の曲として記憶している向きも多いと思う.本盤の収録曲の中でも特に「落葉の並木道」「小さなピアノの詩」「悲しみのアリス」「コマネチのテーマ」はかつてのラジオのテーマ曲やBGMとしてお馴染みであろう.叙情的でなおかつ爽快な彼の旋律は,正に一服の清涼剤であると言える. 欲を言えば,「渚のシルエット」「二人の出会い」「雨にぬれた朝」「秋風の妖精」も収録されていれば尚良かったと思う.やはり時間の都合だろうが,これらの楽曲も一日も早いCD化が待たれる.
ジョニー・ピアソンも既に一線を退いていると思うが,彼の芸術は再評価され,もっと多くの人々に聴かれて然るべきである.
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック