通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
朝が来る がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の日焼けや擦れなどの使用感がある場合がございます。丁寧な梱包にて迅速に発送いたします。 650713
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

朝が来る 単行本 – 2015/6/15

5つ星のうち 3.5 63件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 330
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 朝が来る
  • +
  • 羊と鋼の森
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

出産を巡る女性の実状を描く社会派ミステリー

親子3人で平和に暮らす栗原家に突然かかってきた一本の電話。電話口の女の声は、「子どもを返してほしい」と告げた――。

内容(「BOOK」データベースより)

「子どもを、返してほしいんです」親子三人で穏やかに暮らす栗原家に、ある朝かかってきた一本の電話。電話口の女が口にした「片倉ひかり」は、だが、確かに息子の産みの母の名だった…。子を産めなかった者、子を手放さなければならなかった者、両者の葛藤と人生を丹念に描いた、感動長篇。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 346ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/6/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163902732
  • ISBN-13: 978-4163902739
  • 発売日: 2015/6/15
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 63件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 32,818位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
他の方のレビューを見ると、ちゃんとした取材に基づかないテレビ報道の切り貼りという厳しい声がいくつもありますが、それはともかく個人的には自分たち家族とオーバーラップするところがあまりにも多く、平常心で読むのは難しかったです。(不妊治療から特別養子縁組に至る経緯はほとんど同じです)
中盤から後半にかけての実親さんの転落があまりにも悲惨だとは思うのですが、十代の女の子の妊娠、しかも中絶できないために特別養子縁組という制度を利用せざるを得ないという現実のケースは少なくありません。ここまでのことはなくてももう少しなんとかならなかったのかと思うケースはむしろ現実の方が多いように思います。虐待もそうですが、望まない妊娠についてもっと取り上げる必要があると思います。
最後の章の結びは確かに唐突で強引さもありますが、実親と里親の2人が子どもによって魂の救済を受けるというところは小説表現らしくて良かったのではないかと思いました。
テーマは少し違いますが「八日目の蝉」を思い出しました、、、。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今現在、日本全国に不妊症で悩んでいる人は数多くいます。
夫婦の遺伝子を受け継いだ子供でなくとも、子育てはできるのだなと納得しました。
ただ、前半に比べて後半部分はちょっと軽い感じで、★マイナス1です。
しかし、養子縁組という重いテーマを扱っている作品に、感動を覚えました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ドラマ化されると聞いて購読。
産みの親、育ての親と立場は違えど子どもに対する愛が伝わる作品。
育ての母、産みの母、それぞれの家族の感情の表現も細やかで、特に左都子の母親が実家の母親とよく似ていて妙に感情移入してしまった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「広島のお母ちゃん」の部分が少し「性善説」が効きすぎてるところもありますが、ストーリー全体にスピード感があって2日で読み切ってしまったほど面白かったです。いろんなヒールを登場させ、若い主人公に試練を与えて人生に絶望させておきながらも最後は「広島のお母ちゃん」の力技でまとめてしまうんですね。「泣いてね!感動してね!」が見え見えだけど全体のスピード感が良いのでアリですね。
若くして妊娠することがどういうことなのかを分かってもらうために中学校の図書館に置いてもイイかもしれません。(すでに置いてあるのかな?)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は特別養子縁組で実際に子どもとのご縁を頂いた養親です。
以前より特別養子縁組を取り上げた小説という事で本の存在は知ってはいましたが、特別養子縁組をいいネタとして扱われているような気がしてあえて避けてきました。
しかし本屋大賞にノミネートされたり、著者がインタビューで偏見があったのを取材を通して変わってきたというのも目にしたので重い腰を上げて購入し読んでみました。
結果、とても残念な内容でとても悔しい気持ちが残りました。
1つ目はどこかで見たドキュメンタリーの内容を切って貼っただけのものだったこと。実母様のストーリーは作り上げたものでしょうが、それ以外は全て私自身テレビなどで見聞きした内容に酷似しておりました。これが「取材」なのでしょうか。
2つ目に不妊治療を終えた夫婦の特別養子縁組を選択した理由です。「育てる為の環境があって、役に立つなら使ってもらうのもいい」。それは福祉の一環なのでしょうか?ボランティアか何かと勘違いしてるのでしょうか。私は子どもが欲しくて、一緒に家族として幸せになりたくて特別養子縁組の門を叩きました。この夫婦のような考えの方は私の周りにはいません。
3つ目に実母様の描写です。小説というのは面白おかしく書くのが定石なのかもしれませんが、あまりに不憫です。そしてまだ認知が広まり切っていない特別養子縁組をイ
...続きを読む ›
1 コメント 256人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
以前、特別養子縁組のドキュメンタリー番組で見た内容そのままでした。作者さんがその番組を見て、少し想像だけでアレンジして小説になってるように感じました。
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本の主人公って実質ひかりなんだよな。作者はグランドホテル形式で複数主人公が並列する形で描いているつもりだろうけど、全くバランスが良くない。レビュー高いけど、ちょっと過大評価だと思う。辻村深月は1980年生まれで、まだ本質的に不妊の苦しさが分かってないんだろうな。この本で描かれている不妊は、聞きかじった知識の羅列でしかないように思う。不妊治療経験者が読みたいのは、そんなペラい知識ではなく、それを乗り越える人生の知恵である。そのような知恵が描かれていないので、単に感動ポルノになってしまっているのだ。若気のいたりで子どもができちゃった普通の中学生が子供を育てられないから、特別養子縁組に出した。その後、中学生は人生を転落。頼る相手がいないので養親を訪ねたが、養親と自分の子供の成長を見て、自分を再発見する…。これだけの話。最後は、今時の自分探しかよって落ちで、養親目線で読んでると、ここで終わりかよって感じです。
結局、作者の描きたかったのはミステリーで不妊や特別養子縁組はそのための単なるモチーフってとこなんでしょ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー