中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

望みをかなえる脳 単行本 – 2009/1/14

5つ星のうち 3.8 12件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

頭が良くなりたい。勉強ができるようになりたい。スポーツ万能になりたい。仕事ができるようになりたい。そんな望みは誰もがもつのではないでしょうか? この本にはその望みをかなえるためのヒントがいっぱい詰まっています。
林先生は日本大学医学部附属板橋病院救命救急センターの部長として赴任した際、大きな目標を掲げました。それは“ケタ違いの医療”を行うということです。その内容とは「たとえ瞳孔が開いた患者さんであろうと、呼吸が停止した患者さんであろうと、一人残らず命を救い、やがて必ず社会復帰させる」というものでした。そして、その決心のもと脳低温療法という世界的な療法を開発し、目標を実現させました。元サッカー日本代表監督のイビチャ・オシム氏を救ったのもこの療法です。
著者はその脳治療の経験を通して脳のさまざまな機能や、脳はどのようにすれば活性化されるのかなどを知ることになりました。そして脳の特徴を知って応用することで、脳は活性化されさまざまな能力を発揮し、望みをかなえられるようになるのです。その内容は競泳日本代表監督上野広治氏の目にとまり、北京オリンピック前に競泳陣に伝授され、北島康介選手をはじめ北京オリンピックでのメダルラッシュの大きな原動力となりました。

その「望みをかなえる脳」の7つのポイントは以下の通りです。

1 自分の弱点を明確にし、期限を設けてそれを解決する
2 勝負を好きになり、先生や上司を信じる
3 空間認知能を鍛える
4 決断・実行は自分の意志で行う
5 否定語を使わず、極限の訓練で心技体の力を発揮する才能を磨く
6 勝ち方にこだわり、成功や勝利の達成を阻止する脳の落とし穴にはまらない
7 素直な性格を磨き、無我の気持ちでシータリズムにのって勝負をかける

この本には他にも、望みをかなえるための脳の活用法がたくさん詰まっています。

内容(「BOOK」データベースより)

元サッカー日本代表監督イビチャ・オシム氏を救った脳低温療法。この世界的な療法を生み出した脳神経外科医が、「ケタ違いの人間」になる脳の使い方を教えます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 236ページ
  • 出版社: サンマーク出版 (2009/1/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4763198874
  • ISBN-13: 978-4763198877
  • 発売日: 2009/1/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 186,779位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
著者は救急の現場で生きてきた人であるということですが、
ある意味アスリートに近い能力を必要とされた分野の人なのだろう
と思います。

北島選手は著者に感謝しているということらしいので、おそらく
一理はある考え方なのだろうとも思います。

ただしそれは、救急の現場やスポーツの現場で結果が出ている
と言っても、一般人までもが脳を極限に追い込むべきなのか?
について言及している点では、ソースが薄かったと思います。

むしろ、脳には休息が必要という常識を否定している感じがして危険かも
しれないと思いました。

著者の見解について、そういう考え方もあるんだな。程度に思うように読めば
タメになるんではないかと思います。

あと、ほとんど字だけで図解が少ないのは自分的には辛かったですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
人生観を変えることが出来るのではないか?と、期待して読んだのだが、文章のほとんどは著者自身の自慢話(?)が中心であり、とりたてて、新しことを語ってはいない。残念であるが、得るものがなく有用性に欠けている。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
苫米地 英人氏や茂木 健一郎氏、加藤 忠史氏が「研究者」であるのに対して、著者は常に前線に立つ脳外科医、つまりは「実際に脳みそに触っている人」である。
その立場の違いが本書に色濃く反映されており、今まで研究者の本しか読んでこなかった素人である私から見ると、意外な事実の連続ばかりで、唯々、脱帽するだけである。

特に、日本のサッカーファンにとっては御馴染みであろう、元代表監督のイビチャ・オシム氏の命を救った「脳低温療法」を開発したのが著者であり、我々が普段、当たり前のように使っている「頭を冷やせ」という言葉の本当の意味を、医学的な根拠を以って詳細に説明している。

「壊れた脳を生き返らせる画期的な治療法」(40ページ)
「自分を守ろうとしすぎて壊れてしまう脳」(132ページ)

また、研究者達が脳波計やfMRI等を用いて「計測した脳の反応」と、著者が実際の手術の現場や病室で「目撃した患者の反応」の違いが、やはり、人間の脳と心の奥深い関係を物語っていて、実に勉強になる。

「頭をよくしたかったら、恋をしなさい」(34ページ)
「『意識は二つある』という仮説」(44ページ)
「頭のよさの発生源となる神経の連合体がある」(56ページ)
「スリの“職業技術”を奪っ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
印象に残っていることは、「気持ち」、「心」が何の定義もなく、脳科学的な説明に使われている。
気持ちと心は、ニュアンスとして違うが、具体的に何がどのように違うのか全然わからなく、そんなものを定義も説明もなく使われている。

著者が脳神経学者であっても、書いている内容は精神論的であり、読者が脳科学の成果を土台にしているよな印象を持ったとしても、それは勘違い。
内容は、よくある啓蒙書と全く同じレベル。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本に出会い考え方が更に前向きになりました。
望みをかなえるために、どうしたらよいか参考になりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
最前線の医療の現場で能力を最大に引き出すチームづくりなど、一流と呼ばれる方なんだなと思う。東京で活躍されている岡崎勉明氏が講演会の中で読書の大事さを話されており、幾つか紹介されていた中の一冊。格言として心に残るものもあり、達成感は脳みそに終わったと思わせてしまう、と言うものも一つ。何度か読み返していきたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー