通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
朗読者 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

朗読者 (新潮文庫) 文庫 – 2003/5/28

5つ星のうち 4.0 122件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 朗読者 (新潮文庫)
  • +
  • 愛を読むひと<完全無修正版> [DVD]
総額: ¥1,521
ポイントの合計: 18pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

15歳のぼくは、母親といってもおかしくないほど年上の女性と恋に落ちた。「なにか朗読してよ、坊や! 」──ハンナは、なぜかいつも本を朗読して聞かせて欲しいと求める。人知れず逢瀬を重ねる二人。だが、ハンナは突然失踪してしまう。彼女の隠していた秘密とは何か。二人の愛に、終わったはずの戦争が影を落していた。現代ドイツ文学の旗手による、世界中を感動させた大ベストセラー。

内容(「BOOK」データベースより)

15歳のぼくは、母親といってもおかしくないほど年上の女性と恋に落ちた。「なにか朗読してよ、坊や!」―ハンナは、なぜかいつも本を朗読して聞かせて欲しいと求める。人知れず逢瀬を重ねる二人。だが、ハンナは突然失踪してしまう。彼女の隠していた秘密とは何か。二人の愛に、終わったはずの戦争が影を落していた。現代ドイツ文学の旗手による、世界中を感動させた大ベストセラー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 258ページ
  • 出版社: 新潮社 (2003/5/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102007113
  • ISBN-13: 978-4102007112
  • 発売日: 2003/5/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.7 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 122件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,670位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
DVDビデオを観ると、ハンナに感情が行ってしまいましたが、
では、
ミヒャエルは、どうなのかと原作を読んでみましたが、
原作を読んでも
私には、ミヒャエルは、どうしてもインチキ・ゲンチャアそのものにしか
感じられなかった。
「偽りの愛」を読んだヒト(ミヒャエル)でした。
DVDを三度ほど観たあとの原作読みでしたから、どうしても
DVDの印象に引っぱられてしまうのですが・・・
勿論、物語作品的には、読んで良かった作品です。
字幕を見ながらの、鑑賞より活字を読んだ方が、じっくりと解釈できますしね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
映画も見ましたが断然世界が広がって本に方がいいです。
まずは本を読んで映画を見た方が想像力も広がりとても良いと思います。
大抵は映画を見てな〜ンだという事が多いので。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
まず英語で読みました。とても気に入ったので、日本語でも読んでみました。優れた作品だと思います。彼女は、本当に、本が大好きだったのでしょうね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『朗読者』(ベルンハルト・シュリンク著、松永美穂訳、新潮文庫)は、いろいろな意味で、心に残る一冊である。

「ぼく」は、15歳の時、学校帰りに気分が悪くなり、吐いてしまった。その時、通りがかりの女性が親身に面倒をみてくれたことから、その母親のような年齢の女性を好きになってしまう。逞しいけど女性らしい体つきで、いい香りのする美しい女性との愛の日々は、夢のようであった。

やがて、彼女はハンナという名で、36歳で、家族はおらず、2〜3年前から市の路面電車の車掌をしていることを知った。

――ハンナはぼくが学校で何を勉強しているのか、知りたがった。「ぼくたちは、テクストを読んでるんだ」、「読んでみて!」、「自分で読みなよ。持ってきてあげるから」、「あんたはとってもいい声をしてるじゃないの、坊や、あたしは自分で読むよりあんたが読むのを聞きたいわ」、「声がいいかどうかなんてわからないよ」。ところが、ぼくが翌日やってきてキスしようとすると、彼女は身を引いた。「まず本を読んでくれなくちゃ」。彼女は真剣だった。ぼくは彼女がぼくにシャワーを浴びさせてベッドに入れてくれるまで、30分間『エミーリア・ガロッティ』を朗読しなければならなかった。

――朗読し、シャワーを浴び、愛し合い、それからまたしばらく一緒に横になる・・・そ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
まず15歳と20歳年上の女性との恋愛の話が続くがその差は一転して女性がナチス時代の犯罪者として登場するために必要であったことがわかって納得した。また女性が少年に本を読んでくれと頼むところに変な癖だなと感じていたが女性が文盲であったということがわかって納得した。また恋愛の対象であったハンナが突然いなくなり何年か後に法廷で戦争犯罪人として裁かれるハンナを傍聴席から発見するところは劇的であり、突然いなくなった理由も理解出来た。ハンナが文盲を知られないために次第に立場を悪くし重い罪を受け入れるようになる経緯も自然でわかりやすかった。ミヒャエルはハンナに会わなかったが獄中のハンナに様々な本を読んだテープを送り続ける。ハンナは送られたテープと本とを参照することにより文盲を克服し、字が読めるようになった。18年の獄中暮らしの後、出所する時点で彼女は出所後の生活についてミヒャエルがあれこれ手を尽くして準備したにもかかわらず突然自殺した。理由は何も説明がなかったが読んでいる人はそれぞれその理由を思いつき納得したのではないか。よく出来ており、透明感が残った。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 黄疸にかかり学校帰りに通りで吐いていた自分に、「ほとんど乱暴といってもいい態度で」面倒を見てくれたところから、主人公とハンナの物語は始まる。
 1では二人の愛し合う様子がひたすら描かれている。年の差が20歳以上あることが、ここでは禁断の愛といった趣を与え、スキャンダラスな色彩を与えている。
 ところが2において物語は急展開を迎える。20歳以上の年の差は全く別のところで重要な意味をもってくるのだ。法学部の学生となった主人公は思いもよらぬ場所でハンナと再会する。
 その後、主人公が父に相談する件がある。「わたしは大人たちに対しても、他人がよいと思うことを自分自身がよいと思うことより上位に置くべき理由はまったく認めないね」と父は助言する。本書に貫かれたテーマは、何も戦争に向き合うことだけではないと思う。
 3では主人公のとった選択が綴られる。そして、最後にハンナのとった選択も明らかにされる。私にはこれ以外の選択肢を想像するすべはないし、また、主人公やハンナは違う行動をすべきだったというような批評は全く的外れなことだと思う。
 すべてに意味を持たせながら展開していくストーリーは圧巻である。訳者があとがきで、ジョージ・スタイナーが二度読むように勧めていることを紹介している。あまりにも劇的なストーリー展開に、私も小説の細部にわたる仕掛けや感情の機微を置き忘れて読んでしまった一人であると思う。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー