通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
服従 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご覧いただきありがとうございます■表紙:ヤケ、少々ヨレ有り■本体:良好■帯:有り■防水梱包、クリーニング除菌済みです。2015年2刷発行※領収書をご希望の場合は、お客様のアカウントより領収書の発行が可能になりましたので、こちらをご利用くださいますようお願い申し上げます(アカウントサービス→注文履歴をみる→領収書/購入明細書)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

服従 単行本 – 2015/9/11

5つ星のうち 4.0 32件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 1,646

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 服従
  • +
  • マチネの終わりに
  • +
  • コンビニ人間
総額: ¥5,832
ポイントの合計: 177pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2022年フランスにイスラーム政権誕生。
シャルリー・エブドのテロ当日に発売された、
世界を揺るがす衝撃のベストセラー、日本上陸。


読み終わって、呆然としながら、自分にこう言い聞かせなければならなかった。

「これは小説であって現実ではないんだ」と。

「こんなことは起こらない‥‥たぶん‥いや、もしかしたら」

──高橋源一郎(作家)



シニカルな状況認識、政治的な無力感、そして人間の滑稽さに対する冷め切った視線。

ウエルベックはヨーロッパの未来も若者の力もなにも信じていない。

けれど、その残酷さこそが文学の力なのだ。

 日本にはこんな作家はいない。
読むべし! 

──東 浩紀(批評家)



「彼も新政府内閣総理大臣なんじゃないか?」

ウエルベックは僕が今、そう感じちゃう唯一の生きる作家だ。

愉快な転覆を。

──坂口恭平(新政府内閣総理大臣)

 


「とんでもない」はずの物語に、打ちのめされるほど身につまされて……
ぜんぜん笑えなくて困った。

いままでのウエルベック作品で絶望していた自分の甘さに、さらに絶望。

文明の真の終焉を知らしめるのは、普通の小説でなく文学作品であることに、それでもわずかに希望を持ってしまうのは、単なる悪あがきに過ぎないのだろうか。

──中原昌也(作家・ミュージシャン)


官学という宮廷に仕える道化師は、露悪的にひれ伏しつつ、顔を背けて窮状をアピールする。


果たして、我々に咎め立てができるだろうか?
 

ウエルベックは、 “宗教"を越えた先、闘うべき対象の影を朧げに炙り出した。


──上田岳弘(作家)

 


近未来のフランスが舞台のはずが、読み終えると現代日本の話に思えてくる。


いま、首相も国会も民主主義も信用できない人、必読。


 ──市川真人(批評家)

 


出版社からのコメント

「小説の生命力」
野崎歓(フランス文学者)
終わりの始まりを描く。それがウエルベックの自らに課してきた使命である。だがフランス共和国のイスラーム化という大胆きわまる設定のもと、ヨーロッパ文明の終焉──ないしは「安楽死」?──を悲痛に物語るかに見えて、実は小説という、まさしく西欧的な産物の健在ぶりを示すところに作者の凄腕を感じる。なるほど、もはや政治にも宗教にも社会を束ねる力は残っておらず、主人公の文学部教授が示すとおり、学問にも知性にも期待はできないのかもしれない。だがそうした苦境を一見鬱々と、しかしユーモアもにじませて描き出すことで、小説は自らのしぶとく、しなやかな生命力を証しだてる。ウエルベックはプルーストでも、サルトルでもなければ、もちろんロブ=グリエでもない。ウエルベックは現代のバルザックなのであり、十九世紀以来の形式に焦眉の社会問題を激突させることでロマンを鍛え直す。ウエルベックとともに、終わったはずの小説は不敵な笑みを浮かべつつ蘇るのだ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2015/9/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309206786
  • ISBN-13: 978-4309206783
  • 発売日: 2015/9/11
  • 商品パッケージの寸法: 19.8 x 13.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,139位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 私の周りにはウェルベック好きが意外に多い。そうしてこの作家が好きだという人たちはみな、ウェルベックのことをキワ物、クセ者として捉えていて、だからこそ好きだというへそ曲りな読者が多い。荒唐無稽な設定や決して上品ではない性描写から、例えばノーベル文学賞を与えられるような正統派とは全然違うところが魅力であるらしい。
 一方でこの最新作の『服従』は、2015年の1月7日が本国での発売日だった。イスラム過激派に12人の編集者や風刺画家が射殺されたまさに凶行当日の紙面は、ウェルベックの顔が第一面を飾った。そこで彼はいかにも意地悪な毒舌家らしく醜く誇張して描かれていた。ウェルベックを知る人たちはその偶然にしては出来すぎの紙面をニュース映像で見て驚き、それ以外の人は一体これは誰だ、と思った。フランスにイスラム政権が誕生するという物語の設定と相まって、一冊の本としては異例なくらいのセンセーションを巻き起こしている。翻訳版の発売直後東京の大型書店では、最新の芥川賞作品2冊、直木賞作品1冊と並んで一番目立つところに平積みにされていたところもあった。又吉の受賞や秀作揃いの受賞作だったことから、大盛り上がりだった日本の出版界だが、そこに、話題のエンタメ系物語やビジネスの指南書なんかじゃない純然たる翻訳小説が肩を並べて売られていることはとても珍しい。

 今まで敬遠していたこの
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ミシェル・ウエルベックは危険。との印象を、作家の力量に対する敬意と共に、深めました。多くの人が心の奥に隠し持ち、あえて語らない不安や悲観的な将来像を、こんなに赤裸々に言葉にしてしまって、良いものでしょうか。ヨーロッパ文明の止めようのない没落、減衰。ルネサンス以来、ヨーロッパが500年間育んだ人間中心主義の完膚なき敗北。それに代わる神中心の世界、絶対的存在に人間が服従する世界の復活。途中で、これは「O嬢の物語」の21世紀版だな、と思ったら、終盤に、「O嬢の物語」を引きつつ、人間の絶対的な幸福は服従にあるとの考え方が示されて、やはりそうだったか、と。ヨーロッパ人にとってこの本の内容は、決して衝撃とか意外とかではなく、薄々感じていることを余りに赤裸々に語られて、「それを言っちゃあ、おしまいよ」とトホホな感じではないでしょうか。

余りに露悪的というか、赤裸々というか、分かりやすいテーマなので、それをどう表現するかが問題ですが、主な成功要素は3つと感じました。①ヨーロッパ人の脆弱さや生命力の減衰の象徴として、主人公像がよく描けている ②デカダンスからキリスト教への帰依という変貌を遂げた作家、ユイスマンスを入れることで、主人公、あるいはヨーロッパ文明の末路を予感させている ③イスラム教による支配という状況設定にすることで、服従こそ人間を幸福にするという、行き詰まり打開策の
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
シャルリ・エブド事件に絡めて論じられているが、小説として面白い。高等な観念小説として佐藤氏はあとがきを書かれているが、もっと下世話な、「イスラムの脅威に怯えながらも、インテリとして排斥もできない知識人階層の苦悩と受容」のSF小説だと思う。著者の他の作品から推測するに、意図もそこら辺の茶化しと風刺があると思う。ゆえに作中のタヌールと、あとがきの佐藤優が、インテリジェンスとして行う世評がやや的はずれなのも皮肉な共通項である。佐藤氏が最後に述べているとおり、うわべだけの「教養」は脆いということを肝に銘じなければ、著者に笑われてしまうことになるだろう。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 浅田彰の書評などで元々興味があったため手に取った。主人公は近代文学の研究者であり、無気力なノンポリ中年独身男であり、女子学生を食い物にしているが性生活に行き詰まりを感じている。本作では、イスラム化という社会的変化と、それに伴って変化していく主人公の生活や、研究対象としているジョリス=カル ル・ユイスマンスという作家をめぐる思索などが、並行して語られていく。
 作家、政治家、ジャーナリストといった固有名詞が実名で大量に出てくるが、その辺りが十分に楽しめなかったのは残念。大量の注によって補われているため、一応の理解はできる。しかし、フランスの歴史や政治・社会・文化等々について、最低限の知識がないとそれでも難しいと思われる。
 というのは、本作はウエルベックの既刊同様、社会学的分析や文明批評が数多く登場し、近代化(世俗化)の成れの果てを、その象徴的存在としての「知的な俗物」とも言うべき男性主人公の眼から描いているからだ。そのため、例えば、フランス革命の世界史・思想史的意義などは踏まえておく必要があるだろう。本作では、世俗化や個人的自由を推し進めたヨーロッパ先進国を、イスラム教という対照的存在によって捉え直すところに主眼が置かれている。

 したがって本作の楽しみは、小説の自由度の高さを利用した諸々の知的遊戯や思考実験にある。つまり、政治経済・社会
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック