この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


有馬頼寧日記〈1〉巣鴨獄中時代 単行本 – 1997/6


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 34,593 ¥ 23,697
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

近衛内閣の農林大臣を務めた有馬頼寧は、昭和戦前期を通じて華族政治家として大きな役割をはたした。A級戦犯として巣鴨監獄に収監されていた時期の未公開の日記をはじめとする史料の復刻。巣鴨獄中時代を収録。

内容(「BOOK」データベースより)

本書は昭和戦前期において衆議院議員、貴族院議員、農林大臣をつとめた有馬頼寧氏の日記を復刻したものである。


登録情報

  • 単行本: 426ページ
  • 出版社: 山川出版社 (1997/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4634511207
  • ISBN-13: 978-4634511200
  • 発売日: 1997/06
  • 梱包サイズ: 22.2 x 15.6 x 3 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,037,022位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう