THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション ... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【国内正規品】【通常盤】 ◆ディスク1枚、専用ケース、メニュー説明書。 ☆【商品状態】ディスク、ケースの状態は非常に良好です。 専用ケースに特記すべき汚れ等なく全体的に綺麗な状態です。 ◆アマゾン倉庫より365日年中無休で丁寧・迅速に発送いたします。国内送料無料・お急ぎ便・コンビニ受け取り対応します。 ◆簡易クリーニング済。クリスタルパックで包装した状態でお届けさせて頂きます。 ■【お支払い方法】代金引換・コンビニ・ATM・ネットバンキング・Eddy等をご利用いただけます。 ◆ 商品に問題がある場合は、アマゾンカスタマーサービスまで、お問い合わせ下さい。 ◆万一、不備があった場合には、返品、返金にも誠実に対応致します。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,190
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: T&Mshop
カートに入れる
¥ 1,300
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ▂▃玉風堂▃▂ CD&DVD&ホビー専門店 全品送料無料
カートに入れる
¥ 3,127
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.6 78件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 1,190 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,914 (71%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、falo-mediaが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • ※コンビニ払いおよび代金引換での店頭受取の指定は対応しておりませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]
総額: ¥6,235
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 役所広司, 松たか子, 佐藤浩市, 香取慎吾, 篠原涼子
  • 監督: 三谷幸喜
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2006/08/11
  • 時間: 136 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 78件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000FFK08W
  • EAN: 4988104034793
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 41,124位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品の説明

★美品! 保存状態良! 丁寧に梱包し、迅速に発送させていただきます。

Amazonレビュー

   大晦日、様々なイベントが目白押しでごった返すホテル・アバンティ。そんな時に副支配人の新堂は別れた妻と再会。妻は再婚していたが、その再婚相手はホテルの目の上のタンコブであるコールガールのヨウコと浮気を。そんなことは知らぬ新堂は、つい元妻に見栄を張って大嘘をついてしまう……。という話はごく1部。主な登場人物だけで20名以上もおり、それらの人々が織りなす2時間の物語がリアルタイムで、しかも絶妙に絡み合って展開していく。面白いのは舞台っぽいところ。あえて1シーン1カットにこだわった撮影が舞台っぽさを強調し、ちょっとやりすぎではと思える笑いの要素(特殊メイクなども含めて)も引っ掛かることなくサラリと見せてしまうのだ。三谷ワールドは全開だし、俳優たちの演技合戦も相当に楽しい。観て損なしの作品だ。(横森文)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 クマ #1殿堂トップ10レビュアー 投稿日 2015/10/31
この作品を作る時、二者択一の選択をすべきであったと思う。
もし上映時間を136分のままで行くのなら、主な登場人物は5人ほどにすべきで
あったと思うし、20人のまま行くのであれば、上映時間は180分程度必要だった
のではないだろうか?

いわゆる「グランド・ホテル形式」と呼ばれるこの作品の、元祖ともいうべき
グレタ・ガルボ主演の「グランド・ホテル」(1932年)というアカデミー賞を受賞した
作品がありますが、5大スターが登場して上映時間は113分だったことを考えれば、
どちらかにすべきだったと思うし、作品の評価自体ももう少し上がっていたのかも
しれない。

この作品を観た多くの人は前半の人物紹介の部分で、少し時間が気になった
のではないかと思います。それとドタバタコメディよりもソフィスティケーティド・
コメディの方が、このホテルという状況設定には向いていたような気がします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
豪華過ぎる出演陣。

すべてが主役を張れる人たちばかり。

だからか・・・

どの人にも均等に、って言う三谷幸喜の思惑だけが空回りしているような・・・。

確かに大晦日のホテル。

いろんな人生模様が繰り広がられるのは当たり前なんだけど、

ちょっと欲張りすぎたかな、と。

もう少しエピソードを絞って集中した方がより面白くなったんじゃないか、と思います。

アヒルも結局なぁ〜、って感じでした。

もっとキーポイントになるのかと思ったけど、

そこまでじゃないし。

いなきゃいないで別によくない?みたいな。

だからといって面白くなかったわけじゃなくて

割と楽しめた作品でした。

もしかしたらそれぞれのエピソードを軽く扱っていたから良かったのかもね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
かなり絶賛が多いのですが、これまでの三谷監督作品の中ではいちばん面白くないと思います。

笑いがただ笑いのための笑いになっているし(伊東四朗さんのくだりとかひねりがないので何回も繰り返されてくどい)、豪華キャストをどう使うかに腐心されているようで、結局生きてない。初めとラストが決まっていて、無理やりそこへ持っていったような作劇は感心できない。役所広司のキャラが一貫していない。途中から客に迷惑をかけてまで嘘を通そうとする。おかしい。正直なんでこんなに絶賛されるのか疑問です。これだけのキャストならエンディングはカーテンコール風にしてもらいたかった。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぴかーど 投稿日 2007/2/11
三谷作品にはご存知の『大様のレストラン』『古畑任三郎』を始め多くの傑作があるが,この作品に関しては疑問符をつけざるを得ない.いわゆる,楽屋落ち的なドタバタが延々と続くだけで,コメディーとしてもドラマとしても全く面白くないのだ.せっかくの豪華なキャストも浮いていて,なんだか居心地が悪そうだ.

上記のような傑作をいくつも生み出す三谷氏が,なぜこのような作品を作るのか理解に苦しむが,さらに理解できないのは,この駄作をさも傑作のように宣伝するマスコミの体質だ.似たような前作の『ラジオの時間』も,あまり評価できない作品であるが,本作よりはましかも知れない.『ラジオの時間』がとても面白いと言う人なら,あるいはこの作品も受け入れ可能であろうか?
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
『ラヂオの時間』もそうでしたが、限られた空間で人間達が織り成すドタバタ劇は三谷監督の得意とするところですね。探偵に見られるとおり、登場人物はすべてパロディですし、松たか子と佐藤浩市、香取慎吾の役柄もすべてどこかで見たこと聞いたことのあるステレオタイプですが、大勢の人間の思考・行動様式がカウントダウンに向けて絡み合いほぐれていくさまを楽しむことができました。

ただ、パターンに落とし込むことを優先したあまり、笑いはあるが感動のない作品になってしまいました。西村雅彦プロデューサーが見せたあの迫力が、『ラヂオの時間』を心に残る映画たらしめていたのだと気づかされました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック