¥ 1,296
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
有田芳生の研究 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

有田芳生の研究 単行本(ソフトカバー) – 2016/8/10

5つ星のうち 4.9 38件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 700
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 有田芳生の研究
  • +
  • ジャパニズム32
  • +
  • 余命三年時事日記 外患誘致罪
総額: ¥3,376
ポイントの合計: 102pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

有田芳生の研究

参議院議員有田芳生とは何者か! ?

ヘイトスピーチ対策法、北朝鮮拉致問題などで大活躍!
参議院議員2期目を迎え、次は人種差別禁止法を目指す
有田芳生先生をさまざまな発言や業績から徹底研究!

日本の未来に重大な影響を与える人物、有田芳生議員とは?
第1章 有田芳生と日本人拉致被害者の会
第2章 有田芳生と新宿大久保デモ、そして川崎デモ
第3章 有田芳生と在日勢力
第4章 有田芳生と人種差別撤廃条約
第5章 有田芳生とツイッター
第6章 有田芳生と移民・難民問題
第7章 有田芳生との闘いの軌跡

内容(「BOOK」データベースより)

ヘイトスピーチ対策法、北朝鮮拉致問題などで大活躍!参議院議員2期目を迎え、次は人種差別禁止法を目指す有田芳生先生をさまざまな発言や業績から徹底研究!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 205ページ
  • 出版社: 青林堂 (2016/8/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4792605628
  • ISBN-13: 978-4792605629
  • 発売日: 2016/8/10
  • 梱包サイズ: 19 x 12.8 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 159,470位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2016/8/10
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
オウム真理教のことで有名になり、ずっとワイドショーに出ていたせいか、
この人の真の姿を知らない人が多すぎます。
動画などで断片的には知っていましたが、この本にすべて書かれていたので、
納得どころか、この有田芳生という議員に対して益々怒りを感じました。
有権者に向かって「クルクルパー」をしたり、ツイッターでは「ゴキブリ」と発言しています。
差別反対と言いながら、日本人差別はOKで在日を守るおかしな思想…
これでもかなり頭に来ていますが、拉致被害者家族を利用しようとしていることです。
これが人間のすることでしょうか?
この人に投票したのは一体誰なんでしょう?
読めば読むほど憎しみを感じます。
我々国民の敵が堂々と参議院議員にまた当選してしまいました。
こんな売国奴の為に税金を納めていると思うと情けなくなります。
有田芳生の危険性を知らない人は、ぜひ読んで見てください。

末筆ながら、暑い中の選挙応援演説、お疲れ様でした。
泡沫候補扱いの桜井さんが11万もの票が入り、グランドフィナーレでは
総理よりもたくさんの人が集まったことに感激しました。
少しずつ良い方向に変わってくれば…そう願う毎日です。
1 コメント 543人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
有田が元共産党員だったこと。
有田の父はスターリンのファーストネームのヨシフから命名したこと。
統一教会ジャーナリスト出身で、韓国朝鮮と繋がりを持った状態で議員になったこと。
そして、議員のバッジをつけた「在日韓国朝鮮人側のカウンター運動」がライフワークになっていること。
ここが問題。
運動員や過激派は一国民の立場だからたてる立場であって、
立法に携わる立場の国会議員がそれをやれば、恣意的な立法、秩序破壊、伝統破壊というアナキストになるからだ。
運動員が権力を持てばどうなるかは、「菅直人」が総理大臣になった時のことを思い出せばいいだろう。
菅は野党攻撃側だったころは、発言の自由度も軽く立ち回ることができたが、
総理という責任ある立場になった途端、その無能さが露呈した。
脳内理論、脳内イデオロギーを使って、口対口の審議では「アホなやつ」で笑われるだけだが、
国民全体の暮らし、国の在り方、外国との関係、将来に繋ぐ国家の責任という、
およそ運動員の頭の片隅にもないことに実証をださないといけない立場になれば、
その中身のなさが明確になってしまう。
有田芳生も典型的なそのタイプ。
議員活動も、おおよそ、運動員活動の場を国会に移しただけのもので、
...続きを読む ›
コメント 509人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 富士と桜 トップ50レビュアー 投稿日 2016/8/11
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
有田芳生を目の当たりにして活動をしている瀬戸弘幸氏の書で、良く有田の実際の姿を捉えている。
拉致議連に入りながら北朝鮮との近しい関係、しばき隊と組んで、保守運動に対して妨害してきた行状を順を追って具体的に明らかにしている。
有田はオームについて尤もらしく語っていたが、北朝鮮、オーム側の人物であったと考えればなるほど詳しいわけだ。
このような怪しげなものが国会議員になってしまった、デモ妨害、ヘイト法などと議員の地位を最大限悪用している。有権者はしっかり見きわめてほしいものだ。
コメント 278人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 am_angel #1殿堂トップ10レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/8/11
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本は、先ごろ再選を果たした参議院の有田芳生議員についての言動などを論評する研究本で、田中角栄本だとか、安倍総理の評伝だとかと同じようなもののはずです。にもかかわらず、私が都心の超大型書店で見た話、店頭在庫切れで陳列がされておらず、でもネットで在庫を見ると在庫豊富になっているという不思議な現象が起こっていました。

そこ1店だけならそういうこともあり得るでしょうが、別系列の超大型書店の旗艦店でも同じような状況だったので、これはこの出版社の「余命三年」の最初の本のときに見られたのと同じような、なんらかの意図的なものが働いているのではないかと思えてしまい、この国ではいったい何が起こっているのだろうと、怖いものを感じてしまいました。私が見たときに、たまたまそうだった、ということであるように祈りたいところです。

怖いといえば、この本で紹介されているような、有田氏の言動もかなり怖いものが多いと感じます。自分に反対的な意見を持っている有権者に対して、ゴキブリなどと過激な言葉を使ったり、また、選挙運動中に、公職選挙法に抵触しないのかとの疑念を抱いた有権者に対して、恫喝するかのような行為を行うのは、国民の負託を受けた(受けようとする)選良たるものとしては、非常に疑問な行動であると言わざるを得ません。特に有田氏はヘイトスピーチ反対を唱える方なのですから、だ
...続きを読む ›
コメント 260人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー