¥509
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
有明海の環境と漁業 (第1号) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

有明海の環境と漁業 (第1号) (日本語) 雑誌 – 2016/11/14


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
雑誌, 2016/11/14
¥509
¥509 ¥1,095
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 有明海の環境と漁業 (第1号)
  • +
  • 有明海の環境と漁業 (第3号)
  • +
  • 有明海の環境と漁業 (第2号)
総額: ¥1,527
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

有明海漁民・市民ネットワークでは、諫早湾干拓問題や有明海の漁業問題などに関する科学的な論考を掲載する雑誌「有明海の環境と漁業」を創刊し、第1号を11月7日に発行しました。
1997年4月の諫早湾の閉め切り以降、有明海では赤潮や貧酸素水塊が頻発するようになり、漁獲高は減少の一途をたどっています。2010年12月に福岡高裁は干拓事業と漁業被害の因果関係を認め、諫早湾の開門を命じましたが、国はそれを履行しないまま今日に至っています。有明海の再生策を審議している環境省の有明海・八代海等総合調査評価委員会は、2016年度中に2回目の報告書を公表する予定ですが、評価委員会でも諫早湾の開門に関する検討はほとんど行われていません。そこで私たちは、有明海の環境と漁業問題に関する専門家の研究成果や意見を、雑誌の形で発信していくことにしました。
本誌を通して、国や評価委員会だけでなく、有明海沿岸の関係機関、そして有明海の再生を願う多くの人々に、諫早湾干拓問題に関する科学的な情報が広く伝わることを願っています。雑誌は年に数回のペースで発行していく予定です。


登録情報

  • 雑誌: 32ページ
  • 出版社: 有明海漁民・市民ネットワーク (2016/11/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4990912713
  • ISBN-13: 978-4990912710
  • 発売日: 2016/11/14
  • 商品の寸法: 25.7 x 18.2 x 2 cm
  • カスタマーレビュー: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう