中古品
¥ 810
+ ¥ 0 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版1刷 やけしみなし書き込み線引きなし 帯付き 函入り
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

有島武郎と社会 (有島武郎研究叢書 (第5集)) 単行本 – 1995/6


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 461
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

有島武郎の歴史認識-初期言説にみる変容-/「階級」と「ハビトゥス」-「宣言一つ」をめぐって-/「宣言一つ」の可能性-考える「場」についての、序説-/有島武郎のクロポトキン訪問の記/有島武郎と金子喜一/有島武郎と河上肇-大正思想の史の一断面-/有島武郎と大逆事件/有島武郎と農場解放/有島武郎と「新しき村」/年譜 第五集関連項目を中心に/資料紹介/その日、ありし日/「宣言一つ」以後/有島氏の書と画

内容(「MARC」データベースより)

有島武郎研究叢書第五集。有島はみずからの変革を追尋し続けた作家である。その歴史観、社会意識の形成過程から「宣言一つ」を経て農場解放に至る思索と実行の足跡をたどる。大逆事件の衝撃や人々との交友から有島は何を得たのか。


登録情報

  • 単行本: 212ページ
  • 出版社: 右文書院 (1995/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4842195029
  • ISBN-13: 978-4842195025
  • 発売日: 1995/06
  • 梱包サイズ: 21.8 x 15.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,137,895位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう