中古品
¥ 473
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 南都書苑
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版1刷・帯なし、帯は付いていませんがカバー・本体・本文とも良い状態です。(A47)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

有坂銃―日露戦争の本当の勝因 単行本 – 1998/3

5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 473
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 679 ¥ 313
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

最強のロシア陸軍に対抗する最新式の歩兵銃と野戦砲。その開発にかけた明治のテクノクラートの足跡を軍事の奇才が描く話題作。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「MARC」データベースより)

歩兵銃と野戦砲、その弾薬や信管までを一人で設計し、日露戦争の勝利を陰で支えた男、有坂成章。人知れぬ栄誉と屈辱を一身に味わった明治テクノエリートに光を当てるノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 190ページ
  • 出版社: 四谷ラウンド (1998/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4946515151
  • ISBN-13: 978-4946515156
  • 発売日: 1998/03
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 951,882位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 日露戦争といえば我々にとって馴染み深いのは坂の上の雲であろう。故司馬遼太郎の最高傑作とも言えるこの本を事実として認識してしまっている人は数多いだろう。しかしながら司馬氏が示したのは司馬氏の見方であって、それは全て正しいと限らない。
 この本の著者である兵頭氏は日露戦争の勝因の一つに有坂成章が設計した三十年式歩兵銃をあげている。この銃の優秀性は本書をお読みいただければおわかりいただける。そうすればこの銃は確かに勝因の一つであることに納得いただけるだろう。日本人が国際舞台で注目を集めた時代、それを見直すにはこういった見方も必要なのであろう。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
熊撃ちに「またぎ」が使う「村田銃」を手にしてみたことがある。設計者のバランス感覚の良さを感じさせたが、そうか、あれは民間の狩猟用に、軍用とは別に製造・販売されたものだったんだ、どうりで。
三八式歩兵銃も手に取って見たことがある。評価の分かれる兵器だが、命中率は悪くないものの完成品にバラツキがあって個別的な扱いが必要なため、部品交換したあとなど、かなり調整に手間どったと作家「五味川純平」氏が自らの体験を何かに書いていた。
「斬込み隊」とて白刃を揮って敵陣に切り込んだりする攻撃ではない。また「突撃」も、横一線に並んで銃剣を先に突っ込むような攻撃ではない。あれは一種の比喩的文学表現にすぎないと、やはり、評論家「山本七平」氏が書いていた。実際、「斬込み隊」とは、夜陰に紛れて敵陣内に侵入し手榴弾や地雷などを投じてくる攻撃方法であり、「突撃」は、地物に沿いながら小銃を連射しつつ急速前進する攻撃姿勢をとることだったというのが本当のところ。
日露戦争での日本軍勝利は、以上のごとき前提のもと、駐退復坐機構を完備した露軍野戦砲に対する日本軍野戦砲陣の劣勢を、歩兵の主兵器だった三十年式有坂銃が射撃性能の優越で辛くも跳ね返した勝利だったと、著者は解く。
日本陸軍が、第2次大戦の最後まで、三十年式の後継・三八式歩兵銃を棄てられなかったのは、自動小銃採用に伴う桁違いの発
...続きを読む ›
1 コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 じゃぐぁ トップ1000レビュアー 投稿日 2009/5/10
形式: 単行本
 有坂銃とは第二次大戦まで日本軍が採用していた小銃(38式)の原型となった30式小銃のことである。海外では38式まで含めてアリサカ・ライフルと呼ばれるそうである。
 この本では、岩国出身の有坂成章(ありさか・なりあきら)が明治25年から明治44年まで、ほとんど一人で陸軍用大砲のほとんどすべてを設計し、製造の指揮を執った事実を淡々を記述していく。残念ながら当時の日本の国力では満足のいく精度と量産性を両立させることは難しかったようである。特に大砲の砲弾の信管は距離や目的により様々に変えなくてはならないため、有坂は生涯のほとんどを信管の改良に捧げたようなものである。
その繁忙のさなか、わずか3ヶ月で設計した30式小銃が日露戦争勝利の勝因であると筆者は分析する。命中率の良さ、小さい日本人に合った大きさ、弱小国でも大量生産可能な省資源の小さな弾丸、これらをほぼ全ての将兵に行き渡らせることに成功したこと等が特徴である。
 また、火器のほとんどを一人が掌握しているため、全体を見渡して装備を揃えることが出来たし、不具合もすべて有坂に報告され、彼が改善策を練る。昭和の日本軍になると、このような一貫制はなくなり、兵器(特に航空機に関して)数々の悲惨なデスマーチが発生した。
 最後に筆者が述べるのは、日本人の創造力の特徴についてである。小銃や車のような限られた制約
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ある程度軍事に関心のある方々は、兵頭氏の著作に一度は目を通したことがあることと思います。兵頭氏の著作はどれでも、緻密で正確な資料の読み込みが感じられる斬新な視点のものばかりです。この本も例外ではありません。
ところで、この本は、「アリサカ・ライフル」の生みの親である有坂成章の伝記です。
有坂は小銃だけではなく様々な砲や砲弾や信管その他の開発に携わったわけですが・・・・・。

ネタばらしになるので、もうこれ以上書きません。

とにかく読んでください。軍事に興味のある人なら必ず魅きこまれますよ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
兵器生産をどうするか、で国営の工廠を作ってやってはみたものの

予算が付く→人を集める→生産を始める→やっと軌道に乗って生産性が高まる
→必要数を生産し尽くす→予算終了→収入皆無→職人離職→ノウハウ消失→予算(ry
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す