中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

月1千万円稼げるネットショップ「売れる」秘訣は文章力だ! 単行本 – 2005/10

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ネットショップは売り上げを伸ばすために、ページの全体構成やデザイン、色使いなどに神経を使います。間違いではありませんが、そんなことでは売り上げは伸びるはずもありません。ネットショップのページを作っているのは、パソコンに詳しいだけの人、あるいは外注先のプログラマです。彼らは商売のプロでもないし、文章のプロでもありません。売れるわけがありません。多くのネットショップは、売り上げを左右する“文章”で苦労しているのは事実です。
本書は、月1千万円を売り上げるネットショップのオーナーが、経験から学んだ“売れるネットショップにするための効果的な文章の書き方”を、わかりやすく解説します。

出版社からのコメント

「ネットショップを運営しているのですが、売上が伸びてこない」という方におすすめ・文章をひと工夫するだけでガラッと変わります。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 215ページ
  • 出版社: ナツメ社 (2005/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 481633999X
  • ISBN-13: 978-4816339998
  • 発売日: 2005/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 720,437位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
文章の本だから当たり前かもしれませんが、
とにかく読みやすくて、わかりやすい本です。
私はダラダラと長い文章を書く癖があり、
とても参考になりました。
ネットショップだけでなく、手紙やメールでも使える、
実用的な本ですが、タイトルで読み手が制限されてるので、
そこが残念ですね。
ネットをしない人にも読んでもらいたいものです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 著者の勝吉さんは、50歳を過ぎてからパソコンを独学し、いまでは月に1千万円も売り上げるネットショップを運営しておられるそうです。

 売れる秘訣は文章力。しかも著者の文章力は朝日新聞社で鍛えられたスジガネ入り、というのが本書のキャッチフレーズです。

 本書では、「うまい文章というのは、なんでもない文章のこと」と定義しています。

 要するに、読んでいて何か引っかかるところがなく、すんなり読める文章を目指すべき。そのためには、新聞や雑誌の記事をうまい文章のお手本とせよ!と著者は強調しています。

 ともかく、全編、あれはダメ、これもダメと、ダメ出しの連続。

 いくつか紹介しましょう。

  ・「が」でつながない

  ・いきなり「も」を使わない

  ・「い」抜きはダメ

  ・意味のない「の」は使わない

  ・意味のない「で」も使わない

  ・品位のない「する」「して」「やる」は使わない

  ・「つまり」はここ一番のことだけ使う

  ・固有名詞を唐突に書かない

  ・「…。」で終わらない
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
サイト作成者として、サイトを見ている人にもわかりやすい

良い文章を書きたいと、いつも思っていました。

そんなある日、ふと見かけた、

この本のタイトルにひかれて、読んでみました。

さすがだなと思ったのは、この本そのものも、

すんなり読めて、頭に入りやすかったことです。

この本自体が、読みやすく、本の内容に説得力があります。

この本には、新聞記事のような、なんでもない文章が、

良い文章である、とあります。

自分は、文章を書くという点では素人です。

良い文章という定義そのものが、

思い描いていた物と、全然ちがうもので、驚きでした。

また、なんでもない文章を書くためのコツも、

この本には、ちゃんと書かれています。

この本を参考に、とはいわず、

書かれていることを、ぜひ身につけたいと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック