Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 900
ポイント : 9pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[footballista]の月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 04月号 [雑誌]
Kindle App Ad

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 04月号 [雑誌] Kindle版

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 900
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 980 ¥ 500

紙の本の長さ: 116ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

あっと驚くコンバートの数々。色眼鏡を外せば見えてくる「ポジション」の新常識

[特集]これが新スタンダード!?「ポジション」多様化時代へようこそ ◯FW クラシカルな長身CFと突破型ウイングは絶滅? ◯MF 「5レーン理論」で変貌したインサイドMFの役割 ◯ DF 高まり続ける「攻撃能力」需要を前線から供給 ○GK パラダイムシフトは終わらない他 ◯INTERVIEW:ドリース・メルテンス(ナポリ)/虚心坦懐 ニコ・コバチ(フランクフルト監督)/似た者同士 イケル・カシージャス(ポルト)/GKとして、チームに貢献するということ ミロスラフ・クローゼ/W杯史上最高ストライカーの次なる飛翔 ◯各国リーグ(英/仏/伊/西/独) ◯連載:ウォッチング・グアルディオラ/戦術リストランテ/ディープスロート/TACTICAL FRONTIER他 ◯コラム:山中忍/工藤拓/神尾光臣/小川由紀子/中田徹/篠崎直也/沢田啓明/チヅル・デ・ガルシア

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 81931 KB
  • 紙の本の長さ: 116 ページ
  • 出版社: ソル・メディア; 月刊版 (2017/3/11)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06XGVRXLL
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 雑誌 Amazonで購入
今号に限っていうと、現実の(恐らく)最も知りたい目の前のサッカーと完全に遊離した戦術の号になっていると感じます。

私が思うサッカー好きの読者が「今」知りたい話は、アーセナルがバイエルンに2度までも5-1の大差で破れ、またバルサがPSGに0-4で破れたかと思うと、その同じPSGが6点を取られて敗退する、またはベスト16の舞台で6点を取ったのに敗退するマンCなど、今年のCLの「変な」もしくは「お粗末な」ゲームや、かつてない大失敗に終わっている守備力の不可解についてだと思います。

現実の最高峰(だとされる)チームと大会がこうなのに、新しく試され始め次代の潮流になるかも知れない攻守の戦術を詳解しても、何か別の世界の話をしている様になっています。今号の特集が現実のサッカーと全く交わらない感じになって「変」だと思い凄く違和感です。たまたまの結果論で、CLの前代未聞の珍事が特集と合わないと言われても困ると編集部は言うだろうけれど。その点は同情するけれど。でもやっぱり今目の前で起こっている事が研究記事より上位にあるとは言いたいですよね。ベスト8以降のCLでこの珍事が繰り返されるとしたら…?

だから今号で最も私の心を打ったのは、山中忍さんのランパードにまつわるコラムでした。美し過ぎて!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover