¥ 800
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
月刊WiLL (ウィル) 2017年 6月号 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

月刊WiLL (ウィル) 2017年 6月号 雑誌 – 2017/4/26

5つ星のうち 4.5 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 800
¥ 800 ¥ 501
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 月刊WiLL (ウィル) 2017年 6月号
  • +
  • 月刊Hanada2017年6月号
  • +
  • 正論2017年6月号
総額: ¥2,480
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



表紙&巻頭特集『忍びの国』大野智
『ぴあ Movie Special 2017 Summer』予約開始! こちらチェック

商品の説明

内容紹介

◎独占手記
■田母神俊雄…不徳を恥じるも 私心なし

◎激白
■長島昭久…さらば民進党 離党ドミノは止まらない

◎内部告発
■有本香×佐藤尚巳(建築家)…安心安全な豊洲を弄ぶ小池ファースト

◎緊急寄稿
■日下公人…渡部昇一氏を悼む

◎森友問題
■髙山正之×山口敬之…森友問題のダークマター〔核心〕なぜ辻元清美の名前が出て止まったのか
■足立康史…中央公園と辻元議員こそ 疑惑のど真ん中

【総力特集】トランプvs.金正恩 チキンレース〔脅しあい〕
■佐藤正久…照準は嘉手納・佐世保・岩国
■藤井厳喜…平壌を灰にするミサイルを持て
■河﨑貴一…北、高層ビル群はハリボテか

◎韓国大統領選
■西岡力…どう転んでも反日、嫌日サ

◎習近平とアメリカ、朝鮮半島
■石 平×宮脇淳子×楊 海英×福島香織…習近平は戦争を起こす

◎原発裁判
■門田隆将…事件の現場から〔拡大版〕裁判長、巨大津波は本当に予見できたのですか
■奈良林直…高浜原発再稼動 差し止め処分は幕引きに

【特集】移民導入――どれほど危険か
■佐藤伸行…移民のせいでドイツが亡くなる
■河添恵子…朝鮮有事で中国人留学実習生30万人が起ち上がる?
■安藤海南男…只今激増中 エセ留学生と外国人犯罪
■根本直樹…外国人技能実習生 奴隷説のウソ
■窪田新之助…「ロボットAI農業」が日本を救う

◎文春砲
■新谷学(『週刊文春』編集長)…親しき仲にもスキャンダルあり

◎スポーツビッグ対談
■増田明美×羽佐間正雄…ロス五輪 私は引きこもりになっていた

◎ボクシングの名レフェリー
■竹村元一郎…伝説のレフェリー・島川威 黄金の日本拳闘史を語る

◎アッキー対談
■カロリーナ・ステチェンスカ×安倍昭恵…角、大好きです

◎グラビア 現代写真家シリーズ
奈良原一高…ジャパネスク

◎エッセイ
■曽野綾子…《その時、輝いていた人々》「柵の向こう側の光景」
■古田博司…《預言者の時代》王は祭司を殺し、ユダ族は卑しめられた
■馬渕睦夫…《地球賢聞録》シリア空爆の狙いは共和党主流派対策だ
■中村彰彦…《歴史の足音》偽化石と偽史の作者たちは死なず
■古谷経衡…《ツネヒラの逆襲》
■田中和生…《現代文学を読む》
■加藤隆則…《東風メール便》
■長田曉二…《誰か歌を想わざる日本の作曲家物語》
■山田春木…《山田春木先生のいたって健康!》
■川村二郎…《赤ペン鬼デスク》
■岡田明三…《東医即妙》
■下川耿史…《性相夜話》
■野地秩嘉…《昭和の弁当箱》

出版社からのコメント

下関マグロ「マグロが歩く」は都合により休載します。


登録情報

  • 雑誌: 312ページ
  • 出版社: ワック; 月刊版 (2017/4/26)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06XC6NMZB
  • 発売日: 2017/4/26
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.5 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 雑誌 Amazonで購入
今月も、長島昭久氏、移民等々、多彩な内容なのですが、やはり、高山正之氏と山口敬之氏が語る森友問題の真相が秀逸でしたので、それをレビューしたいと思います

·森友国有地を不当に安く払い下げたというのがスタートでしたね
·この問題が終息に向かったのは、辻元清美議員が一つのきっかけになったと思います
·そもそも森友が買ったあの土地はいわくつきだった。あそこは伊丹空港の航空機の進入路に当たる
·いわゆる進入表面の制限くいきなんだ。これが重要な伏線で、あの辺りでは70年代から、ジェット機の騒音が酷いと周辺の住民が大騒ぎしていた
·とくに伊丹空港敷地内に食い込んだ中村地区の住民が、空港に押しかけ、カウンター前で騒いだ
·そもそも庭先に滑走路が走るようなところに何で人が住んでいるか疑問だけれども、朝日新聞の記事で、大騒ぎした住民は空港の敷地を不法選挙した朝鮮人であることがわかった
·ところが、空港なくなれば、中村地区の住民も得るものはなくなるし、運輸省も空港ビルの利権失う
·それで地元の伊丹市·豊中市など十一の市で地元十一市協というものを作り、住民を説得するからと伊丹空残すことになった
·このための空港周辺の整備費、つまり周辺一帯の「騒音地帯の手当」として、空港特別会計が作られた
·これ
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 富士と桜 トップ50レビュアー 投稿日 2017/4/28
形式: 雑誌 Amazonで購入
まず藤井厳喜氏の「平壌を灰にするミサイルを持て」という勇ましいタイトルが目を引くが、目下の北朝鮮問題にかかわるトランプ大統領の抱える問題、対中駆け引きを明らかにしており、今の世界情勢の真の仕掛け、指導原理が読めてくる感じがする。
現在の米国の置かれた状況から、日米安全保障、核の傘が必ずしもあてに出来ない状況に変化してきており、攻撃用のミサイルを持てという主張も頷けるものがある。

田母神俊雄氏の「不徳を恥じるも私心なし」も保釈中ですべてを語れない中で生の声が聴ける。
今後、氏の選挙に関わってきた保守系グループの実態が分かってくるであろう。

中国ウォッチャー四氏による座談会「習近平は戦争を起こす」は現在の中国の姿、問題点を良く分析している。
トランプが二正面作戦をさけて台湾問題を棚上げしたこと、北朝鮮への対応、国内の経済情勢、民衆の姿、今後習近平がどう動くかなど中国の現状、見通しが述べられている。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌 Amazonで購入
巻頭は、田母神俊雄氏の「不徳を恥じるも私心なし」。
田母神氏は、日本文化チャンネル桜の水島総氏から都知事選出馬を持ちかけられ、悩んだ末、出馬を決意する。その際、自衛隊時代の部下で現在は政治家の石井氏に手伝いを頼み、更に石井氏から、石井氏が参院選に出馬した時のスタッフ2名を紹介され、事務局長と会計責任者になってもらう。寄付が1億3千万円も集まり、都知事選後、会計責任者から6千万円以上残っていると聞かされた。
都知事選が終わって1ヵ月経った頃、事務局長から「頑張ったスタッフに現金を配る」という話を聞くが、田母神氏は「選挙が終わった後でお金を配るのは買収にならないだろう」と不振に思わなかったという。
その次の衆議院選挙で出馬する際、会計担当者の鈴木氏から残金は1千万円と聞かされ、仕方なく1,500万円以上を自費で補てんした。選挙後、鈴木氏に追及したところ、着服をあっさりと認めたので、田母神氏は横領された被害者として警察に相談したという。
そのあと、区議から「選挙の後でも、お金を配るのは公職選挙法違反です。それを鈴木はしていたのです」と聞かされ、ことの重要性を認識するに至ったという。水島氏にも相談するが、水島氏は鈴木氏から多額のお金をもらっていたにもかかわらず、手のひらを返すように、業務上横領の疑いで田母神氏と鈴木氏らを刑事告発したという。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌
高山正之氏と山口敬之氏の対談が、読み応えがあった。先ずはお二人の、米国のトランプ政権の対北朝鮮政策と対中政策についての分析が興味深い。国防長官マティスと、安全保障担当補佐官マクマスターの方針がリードしているとのこと、今後の展開を含めこの対談をP194でなく、TOP記事にしてもいいくらいだ。お二人は続いて辻元清美議員の胡散臭さを暴く。「森友」で大騒ぎの中、辻元議員の関与についてマスゴミは「だんまり」を決め、TVでも辻元清美の名前が出ないという驚き!日米どちらもマスゴミは、不公平で無責任であることに違いはない。
日本維新の会衆議院議員の足立康史氏も、中央公園と辻元議員の関係を「疑惑のど真ん中」としている。なんとワイドショーで取り上げもしない奇奇怪怪!
そして有本氏の小池都知事批判!「都民ファースト」ではなくいまや自己保身「百合子ファースト」になっている。
また、特集「移民導入・・どれほど危険か」もいい。移民の数が住人の2割だというドイツを見ればその弊害と怖さが伝わってくる!

「習近平は戦争を起こす」の宮脇淳子先生、福島香織氏らの対談も勉強になった。宮脇先生の大統領補佐官ナヴァロ論は、「ナヴァロは大日本帝国の統治が今の台湾を作った点を見落としている」とのこと。中国本土と台湾の国民性の違いの本質について、米国人が知らない事を指摘。私はナヴ
...続きを読む ›
2 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー