通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
月刊WiLL (ウィル) 2017年 3月号 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品につき商品の多少のヨゴレ・使用感・ヤケ・スレ等のイタミはご容赦ください。※迅速に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

月刊WiLL (ウィル) 2017年 3月号 雑誌 – 2017/1/26

5つ星のうち 2.8 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 800
¥ 500 ¥ 190
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 月刊WiLL (ウィル) 2017年 3月号
  • +
  • 月刊Hanada2017年3月号
  • +
  • 正論2017年3月号
総額: ¥2,420
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【総力特集】米中もし戦わば
■中西輝政…覇権国の宿命
■藤井厳喜…トランプの鬼退治 一にIS 二に中国
■兵頭二十八…挑発する習近平 必ずやり返すトランプ
■古森義久…トランプは中国の無法を許さない
■デニス・C・ブレア…日米同盟、さらに強固に
■石平×宮崎正弘×矢板明夫…習近平、包囲網に真ッ青
■上田篤盛…兵法三十六計で読み解く 中国の戦略

◎公開質問状 二重国籍の闇を問う!!
■深田萌絵…蓮舫さん、あなたはいったい何者なの!?

◎APA 何か問題でも?
■千葉麗子…パヨクに鉄槌! [サイン会妨害][DHC不買][アパにイチャモン]
■古谷経衡…《ツネヒラの逆襲》APA炎上の何が問題なのか

◎釜山にも…慰安婦像を設置する韓国
■青山繁晴…あの像の「少女」の慰安婦は実在しない
■松木國俊…墓穴を掘って、なお懲りないコリアン根性

◎2017年=日米の分岐点
■三橋貴明…トランプ革命は日本の勝利

◎国防女子座談会
■河添恵子×赤尾由美×杉田水脈… 「日本ファースト」安倍さんもトランプを真似たら

◎テキサス親父が叱る!
■トニー・マラーノ…「除夜の鐘がウルサイ」だと あんた日本人か?

◎領土を遠ざけた真犯人は?
■佐藤優×小泉悠…北方領土、返還の方程式を探る

◎スポーツビッグ対談
■飯塚翔太×羽佐間正雄…忍法 アンダーハンドパスの勝利

◎もんじゅ
■櫻井よしこ×奈良林直…その「人と技術」を殺してなるものか

◎アッキー対談
■桂三輝×安倍昭恵…カナダっ子が一席……落語は日本の宝です

◎グラビア 現代写真家シリーズ
山本皓一…半島の35年

◎エッセイ
■曽野綾子…《その時、輝いていた人々》「氷原の上で」
■古田博司…《預言者の時代》人間があまりに非常識なので神は常識から怒りを発した
■馬渕睦夫…《地球賢聞録》反グローバリズムの旗手 フィデル・カストロ前議長の死
■中村彰彦…《歴史の足音》「小栗上野介の埋蔵金伝説」を嗤う
■田中和生…《現代文学を読む》
■加藤隆則…《東風メール便》
■長田曉二…《誰か歌を想わざる日本の作曲家物語》
■山田春木…《山田春木先生のいたって健康!》
■川村二郎…《赤ペン鬼デスク》
■岡田明三…《東医即妙》

出版社からのコメント

渡部昇一「遅の井の湧水」、「読者から」、「POP GEAR!」は都合により休載いたします。


登録情報

  • 雑誌: 312ページ
  • 出版社: ワック; 月刊版 (2017/1/26)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N0KDRBU
  • 発売日: 2017/1/26
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.5 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 雑誌
 他の方も書いている通り、「ただの慰安婦像じゃないか」などと青山繁晴先生は言って(書いて)おりません。「あの像は実在しない存在をモデルにしており、偽である」というのが青山先生の主張です。本件について、青山先生はご自身のサイトで「悲しい」と書いています。発行元のワックは謝罪し、電子書籍版では修正するそうですが、そもそもこのようなことが起こること自体がおかしい。

 ついでに言うと、『WiLL』は2016年10月号のときも、著者に失礼なことをしています。
 松原隆一郎先生と小池百合子都知事の対談で、2人は電柱の地中化の話をしていただけなのに、タイトルが「無くします、利権も電柱も」となっていました。これに対して、松原先生が「利権の話はしていない」とツイッターに投稿しました。実際に本文を読めばわかりますが、先生の言う通りです。しかし、このとき、ワックは訂正も謝罪もしていません。著者を軽く見ている証です。

 やはり花田編集長がいなくなって、レベルが落ちているのでしょう。保守系の雑誌なら『Voice』、『正論』、『Hanada』など他にもありますから、そちらを応援したほうがいいように思います。著者を傷つける雑誌を読み続ける理由はどこにもないのです。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌 Amazonで購入
韓国が反日であることは知っていましたが、どうしてそうなのかがわからなかったのですが、それが書いてありましたので、レビューしたいと思います

○墓穴を掘って、なお懲りないコリアン根性(松木國俊氏)

·とうとう韓国はやってしまった。釜山の日本総領事館前にまで慰安婦像を設置したのだ
·外国公館の「尊厳と安寧」を保障するウィーン条約を真っ向から破り、日本を最大限侮辱する構造物の設置を、釜山市長が許可し、韓国政府は黙認した
·日韓政府間で慰安婦問題の「最終的かつ不可的解決」を確認した「日韓合意」など全く知らんふりである。一体これほどまでに無礼で無責任な国があるだろうか
·政府間で取り決めたことがその時々の国民感情によってひっくり返される国とまともに付き合えはずがない
·国際条約や他国との合意よりも、自国民の「情緒」を
優先することで、韓国は近代国家として越えてならない一線を明らかに越えてしまった。「反日感情」が暴走して国際的孤立を招き、今や国を滅ぼそうとしている
·韓国の反感情は、韓国政府が「大韓民国」の建国を正当化するために、戦後自国民に徹底的に植え付けたものであり、「壮大な逆恨み」なのだ
·本来、日本から独立するのであれば、日本と併合条約を締結した李氏朝鮮が復活するのが当然であ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アマゾンカスタマー トップ50レビュアー 投稿日 2017/1/26
形式: 雑誌
いやはや深田萌絵さんの、レンホウの戸籍(ルーツ)に関する取材が、すごい!
二重国籍という単純な問題ではなく、レンホウが隠したい問題は、二重国籍から掘り下げ可能なもっと根深い父親、母親それぞれのルーツ。
その胡散臭いことといったら!ああ、そうだったのか、これだからレンホウは戸籍の開示ができないのだ・・・とわかる。
同じく、二重国籍だった自民党の若い女性議員のように、二重国籍だけが問題なのであれば、帰化した証明(戸籍)を、開示すれば済む話なのである。
ところがレンホウの場合、根はもっと深い!どうも、レンホウの父は台湾人になり済ました(背乗り)中国本土の工作員の可能性も?とある!
これを読んで、レンホウを「台湾経由の中国本土からの工作員」と呼ぶ、ビートた×しの推測が、冗談では済まないことに驚いてしまった。

青山さんの記事の内容がいい!「少女像」って?このネーミングは、全く不適当だ。これ本当は世界最古の職業で、当時は世界中どこでも合法だった職業に従事していた女性労働者のことですから・・・。しかも、この像のような年端もゆかぬ少女なんか、その労働者の中には、いませんでしたから。青山さん曰く、これは「虚偽の少女像」でしょう。せめて「架空の」とするべきである。納得!しかしながら、青山さんの言葉にはない「見出し」を勝手につけた編集者の独断は、残念に思う。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌 Amazonで購入
一連の蓮舫氏の出自や二重国籍問題は、本人が証拠を頑として開示しない事により。

疑惑に疑惑を呼んでいて、未だに収束しないけれど。

今月号の深田萌絵さんの記事は、詳細にわたりその矛盾点や謎に切り込んでいて。

非常に興味深い記事だと思った。

一連の騒動に興味があり、また日本国の政治は日本人が動かすべきという基本に立ち返った時。

また新たな扉を僕ら有権者が開かないとダメだなんと猛省。

それにしても、深田萌絵さんはよくココまでの記事を書きましたね。

その取材力・洞察力にも刮目しました。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー