通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
月刊目の眼 2019年1月号 (倫敦 古美術紀行) がカートに入りました
+ ¥299 配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 通常平日は24時間以内に発送可能です。商品の状態は「非常に良い」です。中古商品ですので書籍の出し入れによる薄い細かな擦り傷、わずかな読み跡はご容赦ください。帯は付属していないものもあります。仕入れ時は検品をしていますが、万一見落としでページ脱落などがありましたら全額返金対応致します。防水ビニールの簡易包装の上、日本郵便のゆうメールにて発送いたします。大型書籍、3000円以上の商品または同時複数冊ご注文の場合は宅配便も利用します。土日祝は休業日となっておりますので、金曜日の午後以降のご注文は翌営業日の発送となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

月刊目の眼 2019年1月号 (倫敦 古美術紀行) 雑誌 – 2018/12/15


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
雑誌
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 465
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大500円OFF 1 件


booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 月刊目の眼 2019年1月号 (倫敦 古美術紀行)
  • +
  • 月刊目の眼 2018年9月号 (昭和最強の古美術商 坂本五郎の眼)
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 26pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

特集

倫敦 古美術紀行
─ 英国の目利きとめぐる世界の中の東洋美術 ─

博物館めぐり
museum 01 大英博物館
大英博物館日本美術チーム座談会
museum 02 セインズベリーセンター
museum 03 V&A博物館
museum 04 アシュモレアン博物館
museum 05 ピットリヴァース博物館

東洋美術を愛する美術商たち
エスケナージ/シドニーL・モス/グレース・ツムギ/マルカム・フェアリー/
サイモン・ピリング/バックマン・エッケンシュタイン/版画店/
アジアンアート・イン・ロンドン
蚤の市に行ってみた ポートベローマーケット/ジュビリーマーケット
2018年秋期オークション
サザビーズ/クリスティーズ/ボナムズ
取材後記・取材地紹介メモ

明治150年記念特別対談 西郷隆盛坂本龍馬
両雄が愛した人と名刀

コラムでつなぐ蒐集の世界
奈良 岡本彰夫
車 武田公実
ジュエリー 有川一三
大英博物館 矢野明子

連載 Series of “Mind's Eye"
京都迷店案内 上野昌人
ふしぎの国のアトキンソン デービッド・アトキンソン
ほっとけない仏たち 青木 淳
柳宗悦 美に用いられた人 若松英輔
美の仕事 澤田瞳子

Interview & Topics, Report
新社長に伺う サザビーズ・石坂泰章氏
新社長に伺う クリスティーズ・山口 桂氏
名刹、護国寺で催す茶会 第15回音羽茶会
錦秋の花あそび 飾花の会2018
中国嘉徳国際オークション創立25周年
メトロポリタン美術館ジュエリー展
扇の国、日本 サントリー美術館
特別展「顕れた神々」 神奈川県立金沢文庫

京ノ花合せ(繁盛店花めぐり編) 藤田修作

出版社からのコメント

世界の美術品の市場動向を左右するほどの影響力を持つマーケットといえば、ロンドン・ニューヨーク・香港の三都市。それぞれに歴史と文化を反映した特徴やコレクター気質が見られますが、そのうちロンドンでは毎年秋に「アジアンアート・イン・ロンドン」というアジア美術に特化したアートフェアが開催され、またニューヨークでは毎年3月に「アジア・ウィーク・ニューヨーク」という同様のイベントが開催されています。欧米では春と秋のオークションシーズンになると世界中からコレクターや研究者、美術関係者たちが集まって、街にサロンが生まれます。美術館、博物館、ギャラリーは趣向を凝らした企画展を開催して来場者を楽しませ、参加者たちはオークションを物色しつつ、学会やシンポジウムなどで議論し、夜な夜な開かれるパーティで情報交換を行うのです。そうした見ること、知ること、学ぶこと、買うこと、遊ぶことのすべてがない交ぜになった一種の祝祭空間に、アジアのアートフェアも一役買っているのです。かつては日本からも意欲的なコレクターやディーラーが続々とロンドンに乗り込んでいましたが、近年はだいぶその数が減っているようです。この「お祭り」には一般の観光客でも参加できます。今月号の特集が新たな旅のきっかけになればと思います。


登録情報

  • 雑誌: 160ページ
  • 出版社: 目の眼; 月刊版 (2018/12/15)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07JYVCK7K
  • 発売日: 2018/12/15
  • 商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう