Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥ 300

(税込)

ポイント :
3pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
[月刊ふみふみ編集部, 仲谷史子]の月刊ふみふみ(第11号):母(キャプロア出版)

月刊ふみふみ(第11号):母(キャプロア出版) Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2019/8/14
¥ 300

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

母とは、どんな存在なのでしょうか。
時には聖母になり、時には悪魔にもなり。見守っているかと思えば、束縛もする。
私たちは生まれたときに母の胸に抱かれ、その胸から離れて大人になっていく。
母から独り立ちしていく過程には、双方に痛みがあって、悲しみもある。
「母」をテーマにしたエッセイや小説が集まりました。
簡単に書けそうで書けない、母のこと。苦しみ抜いて生み出された作品群です。
新連載、村政の「辻斬り画報」や、連載小説「日本人妻学」とあわせてお楽しみください。
ふみ先生の部屋では公開添削を掲載しています。エッセイや小説を書くときの参考にしていただければ幸いです。

月刊ふみふみリーダー 仲谷史子


『月刊ふみふみ第11号「母」』

~目次~

【テーマエッセイ「母」】
抱っこ(月野えみこ)
月のあかり(阿部まどか)
黒豆と美意識(向都美)
母の才覚(仲谷史子)

【テーマ小説「母」】
歯ぎしり(ことぶき つかさ)
母からのプレゼント(アオイ)
母の声(ななや)

【ふみ先生の部屋(チャットルーム)】
公開添削

【新連載】
村政の「辻斬り画報」

【連載小説】
日本人妻学Vol.6 佐賀の人妻(中村修治)

【月刊ふみふみ 第11号エンディング】
作品の感想
月刊ふみふみ第11号、人気投票結果
発表中継
投票結果
作品の感想(仲谷史子より)
月刊ふみふみ 第11号 参加者自己紹介
月刊ふみふみバックナンバー

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2687 KB
  • 紙の本の長さ: 79 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07WMYFW9K
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 140,294位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover