通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
月の影 影の海〈下〉―十二国記 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

月の影 影の海〈下〉―十二国記 (新潮文庫) 文庫 – 2012/6/27

5つ星のうち 4.7 52件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 月の影 影の海〈下〉―十二国記 (新潮文庫)
  • +
  • 月の影 影の海〈上〉―十二国記 (新潮文庫)
  • +
  • 風の海迷宮の岸―十二国記 (新潮文庫 お 37-54 十二国記)
総額: ¥1,804
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

天命により王と定められた陽子
地図にない国──十二国をめぐる愛と勇気の冒険ファンタジー

容赦なく襲いかかる妖魔の水禺刀で応え、裏切りに疲れた旅の果て、陽子は唯一の親友となる半獣の楽俊と出会う。2人は豊かな隣国、雁の国に向かい延王に謁見。そして、なぜ陽子が過酷な試練をへて異界へ旅立つことになったか、真実が明かされるのだった。地図にない国──十二国の大叙事詩が今こそ始まる。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

「わたしは、必ず、生きて帰る」―流れ着いた巧国で、容赦なく襲い来る妖魔を相手に、戦い続ける陽子。度重なる裏切りで傷ついた心を救ったのは、“半獣”楽俊との出会いだった。陽子が故国へ戻る手掛かりを求めて、雁国の王を訪ねた二人に、過酷な運命を担う真相が明かされる。全ては、途轍もない「決断」への幕開けに過ぎなかった。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 267ページ
  • 出版社: 新潮社 (2012/6/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101240531
  • ISBN-13: 978-4101240534
  • 発売日: 2012/6/27
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 52件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,071位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
元々は教育テレビで放送されているものを時々見ていたのですが…子供にチャンネルを取られて続けて見る事が出来ないため、主人が持っていたこのシリーズを読む事にしました。
はじめ、主人が「最初の話が一番つまらない」といって、一番下に置いてあったため一番最後に読んだのですが、どうしてどうして。
さすがに上巻はこれでもかこれでもかと落ち込ませてくださいますが、その暗さを乗り切ったあなた!下巻では笑いが待っております。
特に私のお気に入りは延王と延麒の掛け合い漫才。大好き!こういうキャラクター。
あと、密かに陽子と楽俊の絡みも好きなんです。この辺は、読み手が男性か女性かで読み取り方が違ってくると思いますね。
皆さん真面目なレビューが多いので、ちょっと砕けたレビューにしてみました。こんな文章でも、「読んでみようかな」と思って頂けると幸いです。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
あんなにひねくれていた陽子を助けることができたのは一人の半獣「楽俊」。陽子には連れて来られた理由が誰に聞いてもわからなくその上妖魔達に理由もわからなく襲われ続け、やっと信用した人間達には裏切られるという確かに「自分のため」だけの「自分」になってもおかしくない辛さを経験し陽子を助けた楽俊が倒れていたときチクリと良心が痛みとどめを刺さなかったのは、人間って何度も裏切られても決してそう簡単には悪にはならない、なれないからだと思います。

日本では陽子には友人といえる人間はいなかった、両親でさえ。それは陽子が誰に対してもいい顔していたから周りはそれを知っていたからだし中身がない関係だったのが楽俊と知り合い一人でもほんとうに自分を理解してくれる人物がいれば100人いようが1000人いようが一人の理解者がいてくれたほうが救われるのではないでしょうか?だから陽子もそれを受け入れられたのだと思います。

後半で陽子が麒麟に選ばれた王だとわかり楽俊がよそよそしくなったとき、友の態度が変わらなければいけない王座はいらない、楽俊との距離はたった2歩だと言ったほんの2ページあるかないかの場面は心から感動しました。これからまだ陽子は悩み新しい人間達と出会うことになりますが楽俊のいったように陽子の建てた国を見たいと思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
主人公はごく普通の女子高生。突然異界に連れ去られ、魔物と戦わなければならない生活を味わうことになります。客観的な立場で読んでいればなんのことは無いありきたりなファンタジー小説ですが、もし主人公があなただったら!?それを考えた時、この物語は真に「大作」となりうるのだと思います。自らの強さ、弱さに正面から向き合うこと、誰かを信じるということ。いろいろな意味で「生きていく」ということについて考えさせられるでしょう。皆さんも陽子に自分を重ね合わせて、心の旅に出発してみて下さい。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/10/5
形式: 文庫
 本好きでも、一生のうちに出会えてよかったと思える本というのはなかなか見つからないと思います。そして、私にとってこの本は出会えてよかったと心から思える本です。
 すばらしく世界観や設定がしっかりしているし、この小説の中では心に染みるセリフがたくさんでてくるのでかみ締めるように読んでいけます。
 あなたも、この壮大なファンタジーの世界にのめりこむこと間違いなし!!
まだ、これからこの小説を読む楽しみが残っている人がうらやましい。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
陽子と楽俊との出会いが、暗く重い物語にある種の光明をもたらしている。
陽子は劇的に成長していく。陽子が楽俊を質問攻めにする場面を通して、読者も世界観の勉強をする。複雑な設定は意外にもスムーズに頭に入るので心配無用。
陽子が無事に更生し、異世界にようやく適応できそうになったところで、陽子は慶王として迎えられることになる。
総じて言うと下巻は上巻に比べてかなり読みやすい。
読後は不思議と達成感、爽快感に満たされるはず。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
急に読みたくなって、本箱から取り出した十二国記。やはり読ませます。

 この巻は、主人公・陽子が、本来彼女が属する異世界に連れ戻され、苦難の末に王となるまでを描いた作品です。それにしても暗いなあ。人間の心の醜さや弱さ、卑怯さを、しつこいまでに書き続ける上巻。下巻で盟友・楽俊が出てくるまでは、本当に鬱々としている。しかも、それが図星。

 人が自分らしく生きるとはどういうことでしょう。社会の中で、自分に求められている役割を果たすこと。日本における陽子にとっては、「敵を作らず、誰をも傷つけないよい子」を演じることでした。しかし、よい子たらんとする陽子の努力は、傍目には「本心を出さない表面だけ付き合いをするの人間」としか写らない。一方、十二国における陽子は「天命により麒麟に選ばれ、荒廃した国土を救うことを運命付けられた王」という役割を求められます。ただの女子高生だった彼女にとっては、ほとんど不可能に近い。しかし、運命は容赦なく陽子を戦いの中へと駆り立てていくのです。最終的には、無事王位につくものの、陽子の未来が決して安穏ではないことは容易に想像がつきます。

 巻末に付された、いかにも歴史書らしい記述の文章がいいなあ。上下巻を費やす陽子の波乱万丈の運命も、歴史の中で見るとたったこれだけになるというのも、まさしくその通りだと、歴史に名を残さない庶民は思うのです。 
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー