通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
月のうさぎ(12場面) (寂聴おはなし紙芝居) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【アマゾンより発送】 箱付き。多少のキズ、ヨレ、ヨゴレがございますが、概ね綺麗な状態です。書き込みなどは見当たりませんでした。こちらの商品はアマゾンより発送させていただきます。ラベルは本体を傷つけないように、ビニールの上に張っております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

月のうさぎ(12場面) (寂聴おはなし紙芝居) 単行本 – 2007/11/22

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
単行本, 2007/11/22
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,087

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

大好評の「寂聴おはなし絵本」紙芝居版!
なぜ月にうさぎが見えるの?

内容(「BOOK」データベースより)

森に仲よくくらすうさぎときつねとさるは、倒れていたおじいさんを助けようと、一生懸命食べものを探してくるのですが…。未来に生きる子どもたちとすべての大人たちに贈るたくさんの愛がつまった物語です。 --このテキストは、ハードカバー版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 24ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/11/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062674424
  • ISBN-13: 978-4062674423
  • 発売日: 2007/11/22
  • 梱包サイズ: 38.2 x 26.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,215,032位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
間違えていけないのは自己犠牲の美を重んじているのではないこと。この話で、ウサギちゃんだけが老人に対する食物の提供をできないことで自らを捧げること、これが一番のテーマだと思われがちですが、違うんですね。寂聴さんの作品をよく読めばわかります。
 猿も狐も食料を拾ってくることが得意なんですね。そして、文章中には、畑まで下って野菜を取ってくるくだりも。これって、人間の畑を荒らす動物?
 ま、それは置いといて。猿や狐は、老人に与える食べ物を取って来れるのに、兎だけできない。この段階で、猿、狐、兎の3匹とも、一番の生きがい、生きる糧が「老人を助けたい」になるんですね。つまり、老人も含めて、ここに登場する生き物たちが共有できる喜びを自分の人生の糧にするわけです。
 そうして、最後には、最高のご馳走を老人にするべく、火を炊くわけですが、相変わらず猿や狐は食料を獲得できるのに兎はできないので、最高の食料として自分を供するんです。ここでのウサギちゃんは、共有できる喜びを自分の人生の糧にする一番の方法を選択したわけです。自分を犠牲にしたという意識ではなく、喜びを分かち合うための一番自分にできる生き方だったわけです。結果は自分の死ですが。自分が一番できる術で生きたということです。
 このお話の中で、意図したのか偶然のか分かりませんが、老人は、猿や狐も集めた食べ物でお
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 タケヤン 投稿日 2011/4/11
形式: ハードカバー
この本では無償の愛を伝えたいのだと思います。
今の時代求める愛はたくさんありますが、相手に見返りを
求めない無償の愛(たとえば母親の愛)を分かりやすく伝えている絵本だと思います。
お子さんのいる方におすすめです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
現代社会の人々が忘れている心を取り戻してくれる本だと思います。
ファミリーではもちろんのこと、大人が一人で読んでもいい本です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 左京 投稿日 2009/1/28
形式: ハードカバー
自己犠牲が美徳とでも言いたいのか?
行き倒れの老人(実は神様)に食べ物を提供出来ないことを苦に
ウサギが焼身自殺するなんてとんでもない話。
子供に対して間違った教育をすることになりかねない。
そもそも神様は悪質だ。神のくせに行き倒れになったフリをして
動物たちを試している。神なら死んでしまった可愛そうなウサギ
を蘇らせろと言いたい。月のウサギになっても幸せじゃないだろ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す