Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 0

¥ 799の割引 (100%)

(税込)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[清家雪子]の月に吠えらんねえ(1) (アフタヌーンコミックス)
Kindle App Ad

月に吠えらんねえ(1) (アフタヌーンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.2 21件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 月に吠えらんねえ(アフタヌーンコミックス)の7の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 0
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 3,154 ¥ 1

紙の本の長さ: 268ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

□(シカク:詩歌句)街。そこは近代日本ぽくも幻想の、詩人たちが住まう架空の街。そこには萩原朔太郎、北原白秋、三好達治、室生犀星、高村光太郎らの作品からイメージされたキャラクターたちが、創作者としての業と人間としての幸せに人生を引き裂かれながら詩作に邁進する。実在した詩人の自伝ではなく、萩原朔太郎や北原白秋らの作品から受けた印象をキャラクターとして創作された、詩人たちと近代日本の業と罪と狂気の物語。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 62922 KB
  • 紙の本の長さ: 271 ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/4/23)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00JXGULHY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 chance 投稿日 2017/6/25
形式: Kindle版 Amazonで購入
なんとなくの日常を描いておりますが、なかなか良い作品だと思います。エグい内容ですが、変な強調もなく、今の萌え萌えな内容の漫画よりも、自分には、これくらいがちょうど良いですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bokko 投稿日 2016/7/22
形式: Kindle版 Amazonで購入
腐乱死体を凝視する主人公。その様子がまるでなんて事無いというように会話が交わされスルスルと物語が始まります。

狂気の世界です。

舞台も、時代も、時間も、時空も捻れた世界に翻弄され、主人公(萩原朔太郎)と北原白秋の濃厚でヒリついた関係に惹きつけられます。
とにかく危うく全体を覆う狂気にやられます。

詩の世界には疎く萩原朔太郎も北原白秋も名前は流石に知ってますケド…国語で習ったし、ってカンジなんですが作者さんがとても魅力的に登場人物を描いてるので思わず色々調べちゃいました。
実際の朔太郎まじイケメン! 白秋はもうエロ髭ジジイにしか見えない! 他にも与謝野晶子や詩壇に名を残す人々が沢山登場するので作品にまつわる知識に広がりを持って読めるのもこの作品の面白さの一つの要素かと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
 タイトルから想像できるように、主人公は萩原朔太郎。
 詩人、歌人、俳人の住む架空の街「□(しかく・詩歌句)街」で、朔太郎が、北原白秋が、与謝野晶子や山頭火などの明治〜昭和の詩人達が生活しています。近隣にはどうやら小説家の住む街や画家の住む街などがあるようなのですが、相互に人が出入りしているようすはありません。
 その辺、「文豪スレイドッグス」と似ているようで、全く異なっている作品です。
 作者は、各詩人の人生、性格、関係性を徹底的に調べあげ、かつ、「フィクションです」と記載することで、事実を元にして、彼らの作品から想像できる方角へと、大胆に飛躍する物語を作り出しています。
 きちんと調べているからこそ書けるウソ。魅力的です。巻末にはびっしり参考文献リストがあって、並々ならない下調べであることがわかります。
 草野心平なんか、そのものずばりカエルの姿で、殺されてはよみがえる。宮沢賢治は狸の姿で電車の車掌をやり、高村光太郎はチエコというロボットを作っている。なんか、すごい。

 物語は、朔太郎の親友室生犀星のゆくえと、なぜ誰も彼の顔を思い出せないのかという謎を追い、誰だかわからない首吊り死体や、得体の知れない白秋の言動などが加わって目が離せない状況になっています。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
久しぶりに最高の作品に出会いました。
内容にはグロい・気持ち悪いシーンが出てきますので、そういうものが苦手な方は読まない方がいいかもしれません。もったいないですが
また、男同士の恋慕というか、少しですがそういった話も入っています。私は「BL漫画」ではないと感じましたが、同性同士の関係性が許せない方も読まない方がいいでしょう。
絵は普通に上手いです。私好みでした。
どのような作品か知りたい方は検索すれば無料で1話だけ試し読みができるので、それだけで十分この漫画の雰囲気が分かると思います。
1話を読んでダメだと感じたら買わない方がw
私は1話を読んで衝撃を受け、即買いしましたので・・・
そして詩や句に縁のない方にも読んでほしいです。私は小説は少々読みますが詩などは全く興味がありませんでした。でもハマりました。
小説を読んでいるような感覚に陥るというか、うまく言えませんが、2巻がものすごく待ち遠しいです。最高でした。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
作品全体のレビューとして1巻の欄に書かせていただきます。
普段漫画でなく、本を読まれる方にぜひおすすめの作品です。
逆にいうと読解力や想像力や推理力で補っていかないと理解できないタイプの作品です。
純文学にエンターテイメント性(推理/耽美/ホラー/ミステリーなど)が入り混じっている、いい意味の難解さ。
夢野久作やカフカ、バタイユを読んだときのような浮遊感と酩酊感、二日酔い感に陥ります。
絵は繊細すぎるほど繊細で美しく、かつとんでもない表現が予告もなく現れて、テーマ通りに日本文学特有の憂いや陰湿さ、深みをそのまま1コマ1コマへ引き込んでいます。作者の清家雪子先生の心の中でどんな渦が巻いているのかを考えると非常に恐ろしくなり、それを乗り越えて毎月作品を生み出している力量は実に驚異的といえます。
とはいえキャラも魅力的でセリフの掛け合いも楽しく、文学好きにはよくわかる小ネタも入っていたりして娯楽としても十分楽しめます。
ベースとなるテーマの一つに日本文学の衰退が挙げられているようですが、純文学の精神は文壇ではなく漫画界に移って、こういった作品を産んでいるのではないかと考えさせられるような作品です。
このために毎月アフタヌーンを追いかけるようになりました。読むたび続きが非常に気になります。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover