月とチェリー【ラブコレクションシリーズ】 [DVD... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

月とチェリー【ラブコレクションシリーズ】 [DVD]

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,731 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 373 (9%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 3,731より 中古品の出品:6¥ 2,000より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 江口のりこ, 永岡佑, 平田弥里
  • 監督: タナダユキ
  • 形式: Color, Dolby, Letterboxed
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: カルチュア・パブリッシャーズ
  • 発売日 2005/03/16
  • 時間: 82 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0007MCIPG
  • EAN: 4988013881501
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 68,239位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

6人の監督達が“エロス”をテーマに描いた6つの愛のドラマ「ラブ・コレクション」シリーズ。今作ではタナダユキ監督作品の「月とチェリー」を収録。R-15指定。

レビュー

監督・脚本: タナダユキ 撮影: 安田圭 音楽: 小宮山聖 出演: 江口のり子/永岡佑/平田弥里/蛭子能収/内田春菊/柄本明
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

江口のりこはいつも大体強気な役を演じるが、この映画の江口のりこは本当に良い。笑えるコメディとか切ない恋愛ものを想像して観てはいけないけど、ミニシアター系映画としては満足な作品だと思う。元々安っぽい映画が好きな私の意見ですが、是非お勧めです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
深夜テレビで見て、面白かったので購入しました。初めは変わった先輩の「マヤマさん」が、好きになる主人公の男子学生の気持ちがジーンときます。そんなHな作品ではありません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/10/10
この映画は何をやりたい映画だったのだろう。
2浪して早稲田らしき大学に入った童貞男が、 官能小説のサークルに入って、
既に小説家として売れている同じ年の女子学生に
自分の小説を書くための実験台として性の相手をさせられる。
そこに絡んでくるやたらと女であることを主張する一見清楚なアルバイトの女の子

そのストーリーの中で生まれるはずの笑い。
でも、コメディ「のようなもの」ではちっとも笑えない。
しかも落ちが「愛を見つける」では何をかいわんやである。

柄本明さんと、蛭子能収さんを使っているというところを見ると、
この女性監督は東京乾電池のファンなのであろうか。
かつての東京乾電池はこんな笑えないものをつくることはなかったのに。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック