Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 600

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[徒埜 けんしん]の月とうさぎのフォークロア。 St.2 はかなき双月、かくて月食むしろうさぎ。 (GA文庫)
Kindle App Ad

月とうさぎのフォークロア。 St.2 はかなき双月、かくて月食むしろうさぎ。 (GA文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 月とうさぎのフォークロア。(GA文庫)の2の第2巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 600
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1,645

紙の本の長さ: 280ページ
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ



商品の説明

内容紹介

第8回GA文庫大賞≪奨励賞≫受賞作、第2弾!

「――あにさま!!」
父の跡を継ぎ月夜見一家の総長となった朔のところにやってきたのは、可憐な女の子のような少年・優月。
修行のため優月を躾ける白を見て、未来の朔との子育ての予行演習だと目尻を下げる直参たち。
だが、束の間の平穏は長くは続かない。
襲いかかる六坂の一人娘・七莉。
神人を取り締まるため派遣された、新任監察官。
渦巻く陰謀に、朔を巡ってのバトルもエスカレート!!
「発情犬!」「歩くわいせつ物!!」
「ロリコン!」「犯罪者!!」
「えっと、その……光源氏?」
月欠けた夜――血に塗れた神々が白き神人を紅く濃く染める、第8回GA文庫大賞≪奨励賞≫受賞作、第2弾。

内容(「BOOK」データベースより)

「―あにさま!!」父の跡を継ぎ月夜見一家の総長となった朔のところにやってきたのは、可憐な女の子のような少年・優月。修行のため優月を躾ける白を見て、未来の朔との子育ての予行演習だと目尻を下げる直参たち。だが、束の間の平穏は長くは続かない。襲いかかる六坂の一人娘・七莉。神人を取り締まるため派遣された、新任監察官。渦巻く陰謀に、朔を巡ってのバトルもエスカレート!!「発情犬!」「歩くわいせつ物!!」「ロリコン!」「犯罪者!!」「えっと、その…光源氏?」月欠けた夜―血に塗れた神々が白き神人を紅く濃く染める、第8回GA文庫大賞“奨励賞”受賞作。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 11590 KB
  • 紙の本の長さ: 263 ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2017/4/13)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06XXDSTLR
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 36,465位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
半人半神の神人たちが人と共生して生きる世界で、愛らしいケモ耳が特徴的な神様たちが
何故か縄張りを争ってドンパチと血生臭い仁義なき抗争を繰り広げる実録モノ風ライトノベル・第二弾

物語は主人公・伊岐朔が月夜見坂一家総長に就任し、六坂組との抗争、兄と慕ってきた本部長・一郎の粛清という
苛烈な日々から三か月、三学期の始業式を迎えた日から始まる。

その日開催された一家の定例会で直参たちを前に朔は六坂との手打ちは済んだものの
神人たちを取り締まる国家機関・監察の目が光っている事から下手な荒事は避けるよう通達を出すことに。
直参たちのタガを締め直した朔が続けて発表したのは伊岐の分家・天月家の跡取りで朔の従弟にあたる優月の
本部に住み込んでの修行であった。

まだ声変わりすら迎えていない幼い優月に犬吠埼組の組長・春も梓見組若頭の鈴もデレデレだが
ただ一人稲羽一家の跡を襲った白だけが「修業は甘くない」と優月に対する厳しい態度を崩そうとしない。
「一番上は下に嫌われたらダメ。嫌われるのは私の役目」と朔に代わって嫌われ役を引き受ける白だったが、
定例会の翌日、本部はさっそく危惧していた監察の訪問を受ける事に。

以前から付き合いのある上級監察
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover