會議は踊る【淀川長治解説映像付き】 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

會議は踊る【淀川長治解説映像付き】 [DVD]

5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,944
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,017 (52%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 927より 中古品の出品:7¥ 549より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

人気タイトルをまとめ買い!
この商品は「DVD どれでも3枚 3,090円」キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらのリンクをご参照ください。 対象商品の一覧 へ


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 會議は踊る【淀川長治解説映像付き】 [DVD]
  • +
  • 未完成交響楽 [DVD]
  • +
  • 菩提樹 [DVD]
総額: ¥2,781
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ヴィリ・フリッチュ, リリアン・ハーヴェイ, コンラート・ファイト
  • 監督: エリック・シャレル
  • 形式: Black & White, Dolby, Mono
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: IVC,Ltd.(VC)(D)
  • 発売日 2009/02/20
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001O4J9T4
  • EAN: 4933672236490
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 3,726位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

1934年キネマ旬報外国映画ベストテン第2位

心ときめく、ただひとたびの恋
世界ミュージカル映画の出発点になった音楽のよろこび

ナポレオンが失脚してオーストリア首相メッテルニッヒはウィーン・サミットを開き、招かれた各国首脳は会議そっちのけで舞踏会にうつつを抜かした。ロシア皇帝と手袋屋のウィーン娘に甘美な恋が芽ばえる。馬車でロシア皇帝の城に向かう娘がはじけるよろこびを夢のように歌う「ただひとたびの、2度とめぐり逢えないこのよろこび…」の移動撮影は映画史上の語り草になった。リズミカルな音楽処理と流麗な演出は、いつ見ても新鮮だ。

製作:エーリッヒ・ポマー
監督:エリック・シャレル
脚本:ロベルト・リープマン/ノルベルト・ファルク
撮影:カール・ホフマン
音楽:ヴェルナー・リヒャルト・ハイマン
出演:ヴィリ・フリッチュ/リリアン・ハーヴェイ/コンラート・ファイト

1931年 ドイツ作品

特典映像 淀川長治「會議は踊る」を語る

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ミュージカル映画の出発点となったドイツシネオペレッタの名作。ナポレオン失脚後、オーストリア首相・メッテルニッヒはウィーン・サミットを開く。招かれた各国首脳たちは、会議そっちのけで舞踏会にうつつを抜かし…。“IVCベストセレクション”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 テレビの映画音楽特集で紹介されていたので、興味があって買いました。古い作品のせいか、画質や音質の劣化は否めませんが、下手にリマスターするより、経年をそのまま感じられるので、このレトロな味わいもなかなか良いと思います。
 内容については、オペラ映画とミュージカル映画の区分けは分かりませんが、絢爛、ときめきといった点で、台詞こそ歌ではありませんが、音楽は2、3曲程度ですが、これはもうミュージカル映画と言っても良いでしょう。また、特典の淀川長治さんの、音楽のリズムを取りながらの、こういう楽しい解説は初めて観ました。
 見どころの手袋売りの娘が、ロシア皇帝の城へ馬車で向かう約4分間のシーン。ここを観られただけでこのDVDは買い得でした。他にも群衆での踊りや歌のシーンもあり、当時としてはかなり大掛かりな撮影だったように感じます。戦争の痛みは辛いけど、恋の痛みはいくつあっても良いと思えるような、こんな平和な時代があったのだなと思える美しい映画でした。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 1931年に、これほどロマンチックに描かれた作品がほとんどの人に知られていないのがとても悲しい。
 オーストリアのサミットに招かれたロシア皇帝の来場に花束を投げ入れたヒロイン。
 それを爆弾と勘違いした町中の人々。

 刑罰を受けるはめになったヒロインを救い、ロマンスに興じていくロシア皇帝。
 この先数十年後に黒沢監督の「影武者」よろしく、ロシア皇帝の影武者がこき使われるところから、この物語はコメディっタッチを含めながら観客を引き込んでいく。
 ナポレオンの行動が恋愛ドラマを大きく揺るがしながら、さてはて、その後どうなっていくのか…

 どうですか? 
 面白い映画だと思いませんか?
 年代的にナチスの匂いは全く感じさせません。

 挿入歌の「新しい酒の歌」と「唯一度だけ」はロマンスを感じさせる夢のようなラブソングです。是非、一聴を!

 因みに、淀川長晴氏の解説は再生ボタンを押した時点で流れてしまうので、早送りして本篇をご覧になってから、観てください。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
実に巧妙なストーリーテリングで観る者に幸福の夢物語とユーモアを感じさせる本作。実に美しく素晴らしく映画的な作品である。

シーンの切り替えは、もう職人芸。ロシア皇帝のパレードで花束を皇帝に投げようと考えるクリステルは、幼馴染の彼と言い合いをする。「花束をあげるの!」「ダメだ!」というやり取りを幾度と無く繰り返していくと、彼らの握り拳が次の瞬間、手を振りながらパレードを行進する兵隊たちのショットへと切り替わる。このテンポの良さが後に展開されるミュージカルの軽快さと一致し、全編を爽やかで愉快な物語にしている。

クリステルがロシアの皇帝と酒場でデートをしているシーンも上手い。彼らが歌を歌いながら幸せ一杯でいると、カメラは2人のバスト・ショットからグイグイ引き、歌い踊る酒場、酒場全体を映し出し、そしてダンスをする大衆の足踏みと移るのだ。その足踏みは社交場である劇場のダンスへと変わる。そこには酒場とは全く違う高貴な雰囲気が漂い、ロシア皇帝の影武者と彼を本物の皇帝と思いこみ、誘惑する女を映すのだ。皇帝とその影武者の余りに違いすぎる立場を、洗練されたカメラ・ワークで視覚的に描写した傑作シーンであるのだ。

更にはお城へ招かれ、馬車で移動しながら有頂天で歌うクリステルをワンシーン・ワンショットでとらえたシーンもまた、彼女の幸福さをそのま
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
映画史に残る移動撮影が中盤のみどころ。 馬車で宮殿に向かうヒロインの姿を、ゆっくりと追うカメラが秀逸。映画製作者の心意気が伝わってくるシーンだ。 酒場のシーンが何度もでてくるが、どれも歌と踊りの楽しい雰囲気が出ている。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
古い時代の作品でしょうがないけど、女優がとても愛らしい、これを見ながら、マリリン・モンローの「王子と踊り子」を思い出していました。両者ともに、小生のDVDライブラリーの中で、光っています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
こんなに明るく楽しく、カメラワークも綺麗な映画、しかも政治に全くタッチしない映画が、戦前のドイツで作られていたのが驚き。 1931年製作。この後すぐ、ドイツは跡形もなくナチス一色に染まりプロパガンダ映画が多数作られ、ロシアとも敵味方に。権謀術数渦巻く中の「ただひとたびの恋、束の間の幻」を歌った底抜けに明るい「ただ一度だけ」と、歌の終わりと共に、美しい夢から醒めゆくラストが、ドイツの哀しい行く末を暗示しているかのようです。若い娘の束の間の恋と挫折を、ベタベタメロドラマにせず、さっぱりしたコケティッシュなコメディに仕立てた内容は、モーツァルトやシュトラウスなとのドイツオペラのもの。ウィーン会議が舞台とは言え、堅い話は全く出てきませんが、メッテルニヒやタレーラン等、ナポレオン戦争の大立て者の名が続出なのも、この辺りの西洋史ファンとしては楽しい。最後に。「超ドマイナー作品」と書いてる方いらっしゃいますが、この映画は、1939年のキネマ画報で日本でベスト1だった、超有名作。米国等の敵性映画が禁じられた戦中、繰り返し繰り返し上映された映画で、その年代の日本人なら、知らない人はいない。テーマ曲が、宮崎駿の「風立ちぬ」内で、映画の内容としっかり重ね合わせた上で、象徴的に使われたことでも判断つくはず。ただ曲が有名なだけなら、こんな曲の使われ方は、絶対にしません。勿論、曲の人気度は、日本の映画音楽人気ランキングでスター・ウォーズを凌いだほどだとか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック