中古品
¥ 135
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

最高齢プロフェッショナルの教え 単行本(ソフトカバー) – 2010/12/17

5つ星のうち 4.7 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680 ¥ 1
単行本(ソフトカバー), 2010/12/17
¥ 1,512 ¥ 135

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

90歳のDJ、88歳のパイロット、90歳のバーテンダー、82歳の花火職人、83歳のライフセーバー、84歳の杜氏、103歳の声楽家・・・。 今なお現役で活躍する、「最高齢」プロフェッショナルたちは、どうやって「一生もの」の仕事を見つけたのでしょうか。 何十年という長い時間をかけて道を極めた15人の仕事の達人たちが語る「仕事に対する考え方」「仕事の壁の乗り越え方」「職業選択の仕方」は、まさに目からウロコです。多くの困難やさまざまな経験をへて、つかみとった究極の「仕事術」。この本には、厳しい時代を生き抜くためのヒントがたくさん詰まっています。 仕事がつまらない、やりたい仕事が見つからない、がんばっているのになかなか思うようにいかない、将来に不安を感じる、何のために生きているのかわからない・・・、そんなとき、ぜひ手にとっていただきたい本です。「答え」や元気になる「言葉」がきっと見つかると思います。 <「最高齢プロフェッショナル」の言葉 (本書より抜粋)> 「運と巡り合うためには、何でも引き受けることが大事なんです」(91歳・漫画家・やなせたかし) 「人の役になんて、たたんでもええやん。今、面白いと思うほうが、先だ」(78歳・ギター職人・矢入一男) 「つらくて辞めたくなったら、あと2日だけやろう、と考えればいい」(84歳・杜氏・継枝邑一) 「一度思い込みを捨てててごらん。違う道が開けるから」(83歳・樽職人・斎藤光雄) 「心をこめて仕事をすれば、必ず成功する。世の中捨てたもんじゃない」(90歳・DJ・安藤延夫) 「落ち込んだら、外へ出て陽を浴びるといい。植物だってそれで元気になるんだから」(85歳・落語家・桂米丸) 「仕事に飽きたことはないねえ。次から次へと改善したいことが出てきて、96歳になっても時間が足りないよ」(96歳・喫茶店店主・関口一郎) 「本物を知りたいなら、心の葛藤や衝動に素直になることです」(89歳・ピアニスト・室井摩耶子) 「せっかく生まれてきたんだから、僕は死ぬまで進歩したい」(88歳・パイロット・高橋淳) 「103年生きていて思うのは、人生は公平だっていうこと。苦労したら同じだけ恵みがある」(103歳・声楽家・嘉納愛子) <登場人物紹介> ◆91歳 「漫画家」やなせたかし(60代で人気漫画家となったアンパンマン原作者) ◆88歳 「パイロット」 高橋淳(飛行機の神様、70年間で2万5000キロ飛んだ「飛行機の神様」) ◆78歳 「ギター職人」矢入一男(有名ミュージシャンを魅了した伝説の「ヤイリギター」生みの親) ◆96歳「喫茶店店主」関口一郎 (銀座の名店「カフェ・ド・ランブル」で80年間、研究を続けてきたコーヒー業界の重鎮) ◆85歳「落語家」桂米丸(落語芸術協会の最高顧問。いまだ新作に挑戦する85歳の落語家) ◆ 83歳「ライフセーバー」本間錦一(30年以上、水死事故ゼロの記録を樹立。「海の守り神」と呼ばれる、水難救助隊隊長) ◆ 93歳 「スキーヤー」高橋巌夫 (日本発の音楽プロデューサーから転身、雪原を舞い踊る93歳のスキーヤー) ◆ 89歳 「ピアニスト」室井摩耶子(本物の音楽を知りた

内容(「BOOK」データベースより)

彼はどうやって、「一生もの」の仕事を手に入れたのか?15人の達人が語る「仕事の壁」を乗り越える技術。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 243ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2010/12/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 419863081X
  • ISBN-13: 978-4198630812
  • 発売日: 2010/12/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 328,957位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
自分の悩みが小さすぎて、恥ずかしく思えました。

数多くの座右の銘に出会えました。
知らない世界にも出会えました。
現役というだけで、説得力がありすぎます。

人生の、羅針盤になるような本だと思います。

比較できないすばらしい中身ですが、
飛行機の神様、
高橋淳さんが大好きです。
戦争の話って、学校の先生とか、
単純に知識として知ると「ふーん」で終わるんですが、

当時のエピソード、たった数ページで、
いろんな意味で震えてしまいました・・・。
ハンガートーク、っていいですね。

何度でも読み返したくなる、そんな本です。

第2弾 を期待してます。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
各分野での最高齢の人たちを紹介している本。
例えば93歳でスキーヤーとか、83歳でライフセーバーとか、とにかくすごい。
皆さんパワフル、その仕事が好き。紆余曲折があって今に至っている。
どんな人も多少なりとも仕事にまつわる悩みってあると思う。
働いていこうっていう意志が少しでもある人なら、何かしらのヒントだったり、やる気だったりがもらえたり、頑張ろうという気持ちが沸いてくると思う。
色々とくじけそうになるけど、やり続けることが大事なんだとこの本を読んで思った。
もう◯歳だからとかあせったりしてしまうけど、この本を読むとそういうことは考えなくていいんだなと思う。
ここに出てくる人はきっとそんなこと考えもしなかったから今も活躍しているんだろう。
47歳でDJを始めた人もいるし、89歳のピアニストの室井さんも「若い人は結果を出したいと思うかもしれませんが、早く自分を完成させる必要はまったくありません」と言っている。
写真がいいと思った。表情とか動きがあって、その人の雰囲気が伝わってくる。
(若い頃の写真もあって、杜氏の方の若い頃の写真がかっこよすぎてびっくりした)
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
これまでありそうでなかった、
現役最高齢という切り口で集められた
各界のプロフェッショナルによる仕事論。

それぞれ多種多様な人生を送ってこられた
魅力的なエピソードが語られるが、
共通点は終わりなき向上心と素敵な年の重ね方を
されてきたのだなと思わせる写真の表情。

自分が同年代になった時、
こういう顔をしていたいと思わされます。

最高齢パイロットの高橋氏を紹介するレビューが多いですが、
個人的にはこの本の中で最年少の安藤光彰騎手が印象に残っています。

他の最高齢プロフェッショナルの仕事論が
ある種の悟りを開いている様に感じられる中で、
地方から中央競馬に移籍される際の苦労を
反骨精神をバネにして乗り越えられたエピソードは
自分にも思い当たるところがあり安心しました。

実績を重ねられた名ジョッキーに対して失礼かもしれませんが、
他の最高齢プロフェッショナルよりもかなり若い安藤騎手が
間を埋める中間地点の役割を果たしてくれているような
感じを受けます。

偉大な先輩方が『まだまだ道半ば』とおっしゃる以上、
うだうだと現状に甘えていないで精進せねばいかんなと思わされる本。
元気が出ます!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
どうやって仕事と出合い、その仕事をいかにして天職としたか……これをテーマに、さまざまな分野の現役最高齢プロフェッショナルにインタビューし、教訓をまとめた人生の指南書だ。一見、「何をしたいかわからない」とぼやくニートやフリーター相手の手引書のようだが、内容は極めて奥深い。「これからどう生きるか」を思案する、すべての世代にとって、先輩からのまたとない助言集である。

登場するのは、漫画家・やなせたかし(91歳)や落語家・桂米丸(85歳)をはじめ、パイロット、ギター職人、喫茶店店主、ライフセーバー、杜氏、洋樽職人、声楽家など仕事の達人15人。やはり驚くのは年齢で、80歳、90歳は当たり前。最高103歳の現役プロが、それぞれの半生と仕事への思いを語ってくれる。面白いのは、60代で人気漫画家になった、やなせたかしや、48歳でJRAの騎手免許試験に合格した安藤光彰(51歳)など、遅咲きが多いこと。これには勇気を得た。

また、札幌ススキノの名店「BARやまざき」のバーテンダー、山崎達郎(90歳)の「自分が辛い状況にあるのは、過去に自分がしてきたことの結果に過ぎない。だから『きっとよくなる』と考え、今できることを精一杯やることが大事」、そして、会社倒産後に47歳で日本初のDJとして再出発した安藤延夫の「好きな仕事がなかったら、自分で作ればいい」という言葉は
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック