中古品
¥ 150
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

最高支配層だけが知っている日本の真実 単行本(ソフトカバー) – 2007/2/15

5つ星のうち 3.5 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,687 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「反骨の真実派言論人」副島隆彦、そして氏が率いる若手気鋭物
書き集団「副島国家戦略研究所」が、属国日本のウソ・欺瞞・虚妄を暴きあげ
る、11本の熱血社会派読み物。

著者からのコメント

本書が提供するのは「日本の最高支配層の人間たちだけ」が知識
と情報として占有し、隠し通し、一般国民には絶対近づくことをさせなかった諸
事実である。
なぜ一般国民には大きな事実が知らされないのか?
その理由は、現在の世界覇権国であるアメリカ合衆国の属国群のひとつであり、
しかも属国の優等生として卑屈極まりない現状にある私たち日本国の支配層の人
間たちが、帝国からもたらせれる高度の情報と知識を独占することによって、そ
れら最高情報が生み出す価値を自分たちだけで享受し、そのことから来る圧倒的
な優位性によって国内権力者層として存在しているからである。だから、これら
の秘密を公然と暴き立て、一般国民に知らせ、広めることが、私たちの日本国に
どうしても必要なことである。そうすることで、一方で帝国から常に脅され、
脅かされている現在の惨めな彼ら指導者たちと一般国民の間に壁が消えて、日本
人が一致団結して、国難に立ち向かうことができるのである。
「編著者のことば」より

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 352ページ
  • 出版社: 成甲書房 (2007/2/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 488086210X
  • ISBN-13: 978-4880862101
  • 発売日: 2007/2/15
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 204,909位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 副島隆彦さん主催の副島国家戦略研究所 (と言うかHP:学問道場)の研究者の方々の11本の論文を纏めたものです。
僕は題名からこの国の本の一握りの上層部が知っている極秘情報なのかと勝手に思い込みましたが、世の中に出ている
出版物等を基にしたものです。 ですが、内容は多岐に渡り、中世からの欧米の覇権争いとして世界史の流れ其の先の
未来を見据えていく上で参考になる内容が含まれています。

 秀吉・信長時代の金はどこから来たのか? その当事の国内での金の産出量はたいしたことなくまだ佐渡の金山もまだ
発見されていなかった。  黄金の島ジパングといわれながら実は日本は銀の島だった。 先ごろ世界遺産に登録された
石見の銀山等で算出される銀は、世界の流通量の3分の1を賄っていた。 それが、ポルトガルがマカオ経由で日本に
交易にくる理由だった。

 日露戦争時、日英同盟を結んでいたのは史実だが、実は、日本海海戦に向けて英国から最新の砲術指導を受けていた
こと戦闘時に英国の軍事顧問団が乗船していたこと等、 「地政学入門」曽村 保信のなかで当事のロシアがフランスの
資金援助でシベリア鉄道を建設したことそれはロシアの目を極東に向けさせるための謀略だったことが書かれていますが
...続きを読む ›
コメント 103人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Solem787 トップ500レビュアー 投稿日 2007/3/25
形式: 単行本(ソフトカバー)
現在の日本は、単純に、右か左か、保守か革新か、親米か親中かでは割り切れない状況にある。しかし、アメリカと日本のその走狗は、中国と日本を衝突させようとネットやメディアによって世論を誘導しており、彼らが日本の真の敵である事は間違いない。

誰でも知っているロックフェラーだが、彼ら一族とその取り巻きが、世界に対して巨大な影響力を持っている事が、近代史の諸事実の記載から、拭う事の出来ない事実として迫ってくる。日本独自の石油の利権を手に入れようとした田中角栄が、金脈問題で追求された時、「あれはロックフェラーのしわざだ!」と吐き捨てたという話しが記載されている。

最高支配層は、少数の並外れて優れた者が世界を支配するべきだという信条を持っている。アメリカが押付けている民主主義とは単なる衆愚政治に他ならない。民主主義とは、国民に自由という幻想を与え、少数のパワーエリートによる支配を容易にするための隠れ蓑となる道具にすぎない。

アメリカの唱えるグローバリズムの実態は、共産主義である。彼らが創り上げる未来は、飢え死にしないレベルの貧困層の固定化と、劣等人種の根絶、少数の支配層による世界的な千年王国の樹立である。

現在の自由市場は巨大なインサイダー取引の場であり、勝者は初めから決まっている出来レースである。自由競争など
...続きを読む ›
コメント 185人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
どこまで本当かは分からない程度に実証が欠けているが、謀略がいっぱい書いてあるという意味で楽しめるし、普通の本の何冊分も情報が詰まっているので高くない。ただ、ロックフェラーを始め小泉や安倍という日本の首相たちについての掘り下げが足りないという感じが強くて、駆け出しの学者や学生のレポートに似た感じがした。ただアメリカの手先だとか最近は嫌われていると書くだけでなく、もっと彼らの知られたくないことについて分析があったらと思う。大田竜に似て外国本の受け売りの感じも強いけれど、広瀬隆を手本にしているのは良いが、どうも文献に頼りすぎて事実調査が不足している感じだ。その点で鎌田慧や斉藤高男の丹念なルポルタージュの手法とか、ベンジャミン・フルフードや藤原肇などのフィールドワークと分析の組み合わせなのやり方に学び、権力の隠している暗黒の部分を暴いたら説得力が強まると思う。色んな謀略本を切り張りして情報を集めて努力に対して、これだけまとまった仕事をした点で大いに敬意を表したいと思う。だがしかしである。図書館に篭りコンピューターを使て情報を集めるだけでは、素人向けの本は書けてもプロは相手にしない。それはプロにしたらどこかで読んだという情報ばかりだからだ。素人向けの本として勧めたいと思ったら、大衆が飛びつきたくなるような題がついていて、流石だと感心した。次に出る本が楽しみだ。
1 コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
暴き系評論家の副島隆彦がインターネット上で主宰している、「副島隆彦の学問道場」という知識・思想・学問の勉強会を母体とする「副島国家戦略研究所」の若い研究員たち10名と副島隆彦の最新の日本政治論です。

一般国民に知らされていない事実?を知ることができます。

読み応えがあります。

安倍政権から、信長・秀吉の時代まで幅広い時代の事が書かれています。

どこまで事実かは分かりませんが、知っておいたほうがこれからの人生をうまく歩めると思う内容でした。

《真実はやがて世の中に、ザワザワとひろがる。》

本書の内容が真実なら、ザワザワと広かっていくでしょう。
コメント 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー