通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
最果てのパラディンI 死者の街の少年 (オーバーラ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s6324a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

最果てのパラディンI 死者の街の少年 (オーバーラップ文庫) 文庫 – 2016/3/24

5つ星のうち 4.2 38件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 767
¥ 767 ¥ 184

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 最果てのパラディンI 死者の街の少年 (オーバーラップ文庫)
  • +
  • 最果てのパラディンII 獣の森の射手 (オーバーラップ文庫)
  • +
  • 最果てのパラディンIII〈下〉 鉄錆の山の王 (オーバーラップ文庫)
総額: ¥2,333
ポイントの合計: 212pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「小説家になろう」発、圧倒的スケールで描く超王道ファンタジー降誕! !

かつて滅びた死者の街。そこには1人の生きた子供が存在した。
人生の落伍者となり、何もできずに死を迎えた記憶を持ち、無力感に苛まれる少年ウィル。
そんな彼を育てるのは、3人のアンデッド。
豪快な骸骨の剣士、ブラッド。淑やかな神官ミイラ、マリー。偏屈な魔法使いの幽霊、ガス。
彼ら三人に教えを受け、愛を注がれ、少年は育てられる。
解き明かされてゆく、死者の街に秘められた、不死者たちの抱える謎。善なる神々の愛と慈悲。悪なる神々の偏執と狂気。
その全てを知る時、少年は聖騎士への道を歩みだす。

内容(「BOOK」データベースより)

かつて滅びた死者の街―人里離れたこの地に一人の生きた子供、ウィルがいた。少年を育てるのは三人の不死者。豪快な骸骨の剣士のブラッド。淑やかな神官ミイラのマリー。偏屈な魔法使いの幽霊のガス。彼ら三人に教えを受け、愛を注がれ少年は育てられる。そしていつしか少年は一つの疑念を抱く。「…この『僕』って、何者なんだ?」ウィルにより解き明かされる最果ての街に秘められた不死者たちの抱える謎。善なる神々の愛と慈悲。悪なる神々の偏執と狂気。「約束だ。ちょいと長いが、語ってやる。多くの英雄と俺たちの死の…そして、お前がここで育った話でもある」―その全てを知る時、少年は聖騎士への道を歩みだす。


登録情報

  • 文庫: 342ページ
  • 出版社: オーバーラップ (2016/3/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4865541047
  • ISBN-13: 978-4865541045
  • 発売日: 2016/3/24
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.7 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 129,879位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ランキング一位に輝いた作品とあって、さぞ面白いのだろうと書店で購入しました。
結論としてはめちゃくちゃ面白かったのですが、それは面白いなろう小説を読んだというより、海外の人気ファンタジーを読んだような感触でした。

いい意味で、なろうっぽさがないんです。転生から始まる物語だけれど、転生なんてほとんど重要な要素じゃない。
さらっと流れた後はガチガチのハイファンタジーの世界がストイックに描かれます。

面白い。心底面白い。
主人公が苦戦するさまを、そうして勝利を勝ち取るさまを面白く描写できるのは本当に構成の上手い作家だけだと思います。
三人の死者に育てられた主人公が強く勇気を持って世界に踏み出すストーリーは、文章力の高さもあいまって自然と目頭が熱くなります。

泣ける、という表現は好きではありませんが、あえて泣けるといいたくなる名作でした。
アルカディアガーデンのメイン作家に選ばれるだけあります、この人。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
WEB版を読んで気に入りそのまま購入に踏み切ってしまった
地に足を付けて精一杯生きることの尊さを作品中通して語りかけてきてくれる

この1冊は引きこもり後孤独死したと思われる主人公が転生してから3体のアンデッドに育てられ成長して旅立つところまで
育てるアンデッド達が親として理想的に過ぎるきらいはあるがそれもまた読んでいて心地よい
成長の過程の事件の一つ一つが前世の記憶を根底に置き生命の讃歌へと繋がるのも面白い
この主人公は「情けない前世を持っていなくてはいけなかった」のだ

ただ挿絵のマリーさんは美化しすぎだと思います
流石にマジで本文上の容姿だと完全にホラーなのでしょうが無いかもしれないけど
挿絵のマリーさんだとあのシーンの面白さが激減してしまうのが惜しい
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
小説家になろうさんで連載中の最上級のファンタジー作品待望の書籍化です!(*'Д`*)==333
ライトノベルと言うにはあまりにレベルの高い本格的な重厚感のある世界観と内容のファンタジー作品です!にも関わらず、重すぎず、多すぎない簡潔で無駄のない文章がとても読みやすく、一行目からあっという間に世界に引き込まれます!
キャラクターもストーリーもすべてにおいて素晴らしいの一言です(*'-')v
最初ネットで読んだ時から絶対書籍化するだろうと思っていただけに、これは中途半端な書籍化だけは絶対にしてほしくない!と思っていました。
それだけに今回素晴らしいイラストと、同時発売の「アルカディアガーデン」で柳野先生をメインにすえてきた出版社さんの力の入れ具合を心から嬉しく思います!
手元に残したい大切な本です。続きがますます素晴らしいんですよ!!もうもうほんとに!
続刊めちゃめちゃ楽しみにしています!!
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
なろう発でライトノベルのレーベルから出版されてる以上ラノベとして評価すべきです。
そしてラノベとしてみた場合、相対的にこの作品は硬派であり重厚であるのは間違い無いです。
これから一般書籍も読んでいこうとするならば、最初の一歩としては良いのではないでしょうか?
ことさら自分の知っている一般書籍と比べてチープだなどと言い、今後の読者を萎えさせる必要はなと思います。

さて本題(レビュー)
Web版は未読ですが1巻は序章にあたる部分でしょう。導入としてはほぼ完璧だと思います。
主人公の成長とともに本作の世界感を読者にも徐々に説明と感じさせないよう浸透させていきます。
擬似的な家族であり師匠でもある3名のキャラ付けや掛け合い等も目新しさは無くともストレス無く読んでいけます。
アレな言い方ですが、1巻のボスを倒しカタルシスを得て箱庭世界との別れがあり、さぁ世界は広がったと言う所まで書ききっています。

これからは社会との関わりも書いていかなくてはならないのですが、正直な所この先大丈夫かよ?失速しない?って心配になるぐらいです。

ただ、この先どのようになろうとも「少なくとも出オチだったかも知れないけど、1巻だけはガチ」って言えるレベルのラノベだと感じました。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー