中古品: ¥220
配送料 ¥330 7月 1-3日詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古商品の性質上、折れや破れ、書込み、日焼け、水濡れ跡や若干の汚れなど、一部瑕疵のある商品であっても、お読みいただくのに支障がない状態であれば、販売をしております。また帯や商品内のクーポン券などをお付けできる保証はございません。なお、絵本などの一部書籍は表紙カバーがない状態でも販売している場合があります。シリアルコード、プロダクトコードの使用有無は保証しておりません。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

最新 知りたいことがパッとわかる 就業規則の落とし穴がわかる本 単行本 – 2010/4/22

5つ星のうち4.3 5個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥220
¥220

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

平成22年の法改正対応。きっちり書かれた規定例と豊富なQ&Aで具体的な実務対応がわかる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

伊藤/康浩
社会保険労務士・産業カウンセラー。建設会計、社会保険労務士事務所などを経て平成13年10月独立開業し、「伊藤やすひろ社労士事務所」現「伊藤経営労務事務所」を開業。社会保険労務士としては中堅・中小企業の就業規則作成、人事制度の策定、採用、福利厚生、退職、解雇、年金などの相談に乗っている。現場から必要性を強く感じて、顧問企業の社員のメンタルな問題に対応するため、(社)産業カウンセラー協会の講座に通ってカウンセリングの技術を学び、産業カウンセラーの資格を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ ソーテック社 (2010/4/22)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2010/4/22
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 223ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4881668560
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4881668566
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 5個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
5 件のグローバル評価
星5つ
67%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
33%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2016年10月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2013年5月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2010年4月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2010年4月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2010年4月27日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 就業規則の見直しに最適な1冊!
2010年4月27日に日本でレビュー済み
労働基準法の改正に伴い、会社で就業規則を見直すことになりました。
すでに就業規則がある場合、結果的には、見直さなくてはならない点が
ポイントでちゃんとわかると非常に楽です。
ただし、「こう直せばいい」みたいなことだけだと、
意味がよくわからないままとにかく修正ということになってしまいます。

この本のいいところは、56個の項目に対して54個のQ&Aがあり、
いわゆる就業規則で形式的に補っておけばいいというものではなく、
現場で困ったことを具体的にどうしたらいいのか書いてあるのが、
非常にわかりやすいです。
著者の、社労士の先生のところへ日々寄せられる質問かと思うのですが、
あまり突飛なものもなく、ありそうなものが多いのも親近感がもてます。

つまり、就業規則は絶対にこうしなければいけないというものではなく、
会社ごとに、そのなかでの問題点や疑問点をしっかりつぶしながら、
会社と従業員とで納得のいくものをつくり上げていけばよい、
ということです。

そして、書籍の冒頭に書かれているとおり、
「就業規則には見直し続けなければならない理由」があるということが
やっとわかりました。

完成したから「おしまい」ではなく、ずーっと見直し続けるなんて、
大変そうですが、もしかしたら、より働きたくなるいい会社にするためには、
とってもやりがいがあって、面白いことなのかもしれないと、
ちょっと思ったりしています。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する