通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付きです。中古品の為、多少使用感ありますが中の状態は良好だと思います。エアクッションに包んで迅速に発送いたします。よろしくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円! 単行本(ソフトカバー) – 2013/7/20

5つ星のうち 4.2 32件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 860

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!
  • +
  • 一番やさしい! 一番くわしい!  はじめての「投資信託」入門
  • +
  • 新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫
ヨルハ部隊員達が旅する世界をアートとともにめぐるワールドガイド 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

20年以上業界で活躍する長期投資のプロが明かす、後悔しない正しい投信の選び方。3376本もある投信で資産づくりに向いている条件、「低コスト」「世界へ分散」「自動積立OK」「運用期間が無期限」といったことを満たすものはたった9本しかなかった! おすすめ投信名はもちろん投信のしくみまでわかる使える入門書。最新の情報から、投資信託をスクリーニング、ロングセラー『投資信託は、この8本から選びなさい。』の改訂版!

内容(「BOOK」データベースより)

1万円以下で買える!株価の上下は関係ナシ!ほったらかしOK!長期投資のプロが明かす、誰でもできる資産を作る方法。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 232ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社; 最新版 (2013/7/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478025444
  • ISBN-13: 978-4478025444
  • 発売日: 2013/7/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,521位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
書名は「9本から選びなさい」と命令形ながら,そもそも投資信託とはなんぞや,といった基礎となる話から丁寧に解説してくれます.
私は株のことを最近勉強し始め,「投資信託」なるものがあるらしいと(今さら)知り,
めんどくさそうなのでオススメしてくれるらしい本書を買ったのですが,
(いい意味で)期待を裏切られ,ちゃっかり基礎的なことを理解できてしまいました.
内容はおおむね以下のようなもの.

1章の「どうしたら「お金に困らない人生」を手に入れられるのか」では,
投資信託のベーシックな話から,インフレに強いといったメリットとその理由,
長期の投資信託,特に積立式の投資信託がいかに資産形成に向いているか,
ということを説得的に,かつ分かりやすく解説してくれています.

2章の「投資信託は「窓口」で買うな!」から3章の「だまされないために知っておくべき投資信託のしくみ」では,
これまでの日本における投資信託のあり方を批判的に振り返りながら,買ってはいけない投信とその理由,
投信の購入の際にかかる様々なコストやファンドの種類について解説されます.

そして4章の「投資信託はこの9本から選びなさい」で,
これまでの解説にしたがって,オススメ
...続きを読む ›
コメント 139人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たいきんぐー トップ500レビュアー 投稿日 2017/2/16
形式: Kindle版 Amazonで購入
家に現金を持っていても、お金を銀行に預けていても、ほとんど増える事はありませんので、ある日突然「投資信託を始めよう!」と思い、でもどんな投信を買えば良いのか全くわからなかったので、この本を買いました。

結果、投資信託はこの9本から選びなさい。という理由を周辺情報も含め充分に説明がされてから、実際の9本が紹介される訳ですが、9本中3本は投資信託会社と直接口座を開かなければならず、ちょっと面倒な感じはしました。
でも楽天証券や銀行系証券会社などの一般証券会社で購入できるオススメ6本の中から更に3本をチョイスして実際に購入したら、今のところ順調に資産が増え続けています。

投資信託のやり方、必要性を具体的な事例も交えながら紹介している本書。
1度は読んで見る価値のある本だと思いました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 投資信託についての誤解や俗説を平易に解きほぐしていく初心者向けの本です。題名は「この9本」となっていますが、一般的な解説が大半を占めます。内容は、素直に納得いくものでしたが、次のような長所と短所を感じました。
(長所)
●投信を窓口で買うな、というのは鋭い指摘。購入時手数料ゼロのものを選ぶことも重要です。
●毎月分配型ファンドは買うな、というのは重要。分配金再投資型を勧めているのも良い。
●人気ランキングは当てにならない、というのは当然のこと。今売れている、というだけのことです。
●「仕掛け」のある商品にだまされるな、というのも良心的な指摘。
●ファンドオブファンズのコストに注意、というのも大切なことです。
●信託期間無期限のファンドを勧めているのも同感。ターゲットイヤーファンドを避けよ、という指摘もなるほど、と感じました。
(短所)
●世界の人口が増え、経済成長する限り、長期投資は負けない、というアバウトな説明に続いて、成長率の低い先進国のファンドが紹介されるのはおかしい。推奨ファンドを紹介する各論部分で、もっと新興国の割合が高くないと、説明がつかないのでは?
●この17年の全世界への投資のリターンが6%であることを述べた直後に7%の期待利回りを用いた計算をしているのはおかしい。
...続きを読む ›
コメント 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 今は自分の資産を銀行に預けていてもほとんど殖えない時代です。その上今後はアベノミクスによりインフレになる可能性が高くなります。このような時代では自分の生活を守るためにある程度のリスクを覚悟した上で資産運用の方法を探るのが賢い選択であると思います。
 投資の一方法として株式の売買があります。株式の売買は短期に資産形成ができる場合もある反面、短期に資産が急減する場合もあります。そのため株式は精神的にかなりの負担を強いられることがあります。
 その一方で投資信託は株式に比べてローリスクローリターン、投資信託(会社)の業績や基準価額(株価)のチェックをあまり頻繁に行う必要がない、積立投資がしやすいなどの特徴があります。そのため投資信託は投資への興味や関心を持った人が最初に選ぶ選択肢として最適と思います。
 この本の著者はその投資信託の中でもややローリスクローリターンで長期で運用することを前提にした投資信託を紹介しています。そして投資信託を利用した資産形成への遠くとも着実な道がわかりやすく記述されています。
 投資初心者がまず手にとるべき1冊ではないでしょうか。

 ここからは余談を2つ。
・この本の前著を読んで内容に共感しました。今回の著書には新しい内容があるかなと期待していましたが、内容に大きな変化はありませんでした
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー