中古品
¥ 248
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

最新版 安全保障学入門 単行本 – 2003/5/1

5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 99

この商品には新版があります:

新訂第4版 安全保障学入門
¥ 2,808
(5)
在庫あり。
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

この版は品切です。現在流通している版は『新訂第4版 安全保障学入門』となります。

内容(「BOOK」データベースより)

そもそも安全保障とは何か?安全保障を論じるときの3つの代表的立場とは?戦争の発生に法則はあるか?など、「安全保障」論議に欠かせない基礎的考え方を提示する。基本と最先端の研究成果を盛り込んだ画期的入門書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 341ページ
  • 出版社: 亜紀書房; 最新版 (2003/5/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4750503010
  • ISBN-13: 978-4750503011
  • 発売日: 2003/5/1
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 681,586位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 bing 投稿日 2004/5/23
形式: 単行本
近年、北朝鮮問題や自衛隊の海外派遣を通じて我が国の安全保障に対する国民の意識が高まってきている。国民一人一人が我が国の安全保障について考え、議論することは非常に有意義なことであるが、議論の土台となる知識がマスコミの報道に基づくものであったりすると思想に偏りが出てくる。つまり、安全保障とは何であるかという普遍的な考えを知らずには有意義な議論ができないということである。本書は安全保障の普遍的な概念を丁寧に解説し、また、我が国の安全保障政策をわかり易く説明している。安全保障に関心を持っている方には、安全保障の基礎知識を偏りなく理解するうえで最適な入門書である。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本を手に取る多くの人は「防衛大学が作った本」というだけでこの本を敬遠してしまっているのではないだろうか。 実は私も「軍拡を正当化する」ような主張が書かれているのではないかと危惧しながら読んで見た。 実際にはそんなことはなく、極めて学術的客観的に「日本の安全保障」を中心に安全保障一般について書かれている本だ。 私見ですが、自衛隊や憲法9条の有無を議論をするにも「平和」をただ唱えるだけではなく、こういった本を読み安全保障の現実を踏まえた上で議論をしたほうが建設的だと思う。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書は安全保障について概論を述べたものである。教科書として、幅広い事項を凝縮しているため、それぞれの章が密度の濃い、読み応えのあるものになっている。「入門」とはあるものの、世界史、政治学の素養や、国際問題への関心がある人でないと完全な理解は難しい。本書が難しい場合、姉妹書の「安全保障のポイントがよく分かる本」を先に読めば、理解が容易になるだろう。
内容はいたって中立的・アカデミックなものであり、防衛関連の書籍にありがちなオピニオン的な要素は一切排している。また、事実をだらだらと書き並べただけの本でもない。時事解説的な要素は努めて抑えられており、全般的に理論とその分析を中心とした構成になっている。事実の描写を中心とした教科書には必ず賞味期限があるが、本書は比較的息の長い知識を付与してくれるものである。
私は本書を、大学院(修士)受験に際して、国際関係論の勉強の一助として使用した。ある程度国際政治学や安全保障を勉強している人にとっては、知識の整理や答案のまとめ方の参考といった使い方もできると思う。(院試という点では、中西・田中「新・国際政治経済の基礎知識」も参考になる)
唯一難点を挙げるならば、「安全保障学」そのものの実体、すなわち学問としての固有のディシプリンが見えにくいということである。それぞれの章で各論が述べられているが、どれも政治学、外交史、国際法
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
昨今、北朝鮮によるミサイル発射、そして核実験、中国の軍備拡張政策など日本を取り巻く安全保障環境は、現状を見るとかなり厳しい局面に立たされていると思う。北朝鮮のミサイル発射事件においては、「敵の基地を先制攻撃する」という議論も噴出した。また、核実験が実施されたときに、ある政治家は「日本も核武装すべきだ」との意見が物議を醸し出している。こういった意見や議論は、極端な感情任せの意見であって、安全保障という議論の枠組みに当てはめれば、冷静さを欠いた論議であろう。なぜ、このようになったのか、原因を考えてみると、戦後日本は安全保障に関することを考えてこなかったツケが今になって出てきたと思う。この功罪は、教育者、進歩的と言われる知識人、マスコミが安全保障に関する議論を封殺してきたことにある。彼らの言い分は、「安全保障に関する議論=戦争」という捉え方をするからに他ならない。こういった論調が健全な安全保障の議論を妨げ諸外国から見て遅れた状況を作り出している。

本書は、日本では数少ない安全保障について著述された本である。編集は防衛大学校安全保障研究会のメンバーで防衛大学校にて教鞭をとっておられる方が、それぞれの専門分野について分かりやすく安全保障について書かれている。安全保障の概念に始まり、戦争と平和はいかなる関係なのか、軍事力の意義とは何か、政治と軍事の関わりとは何かについて論述されている。日本の安全保障と国際社会における日本の位置づけを考える意味では一石を投じた本である。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bons VINE メンバー 投稿日 2007/9/25
形式: 単行本
安全保障研究におけるこれまでの成果を、教科書としてまとめた本である。
現象の説明より、理論に重点が置かれており、安全保障全般に対して深い
理解を与えてくれる。

日本における安全保障学のこれまでの扱いから見れば、本書が果たした
業績は大きい。戦争一般に関わる研究や言説がタブー視されがちである
なか、本書は学問的な切り口から問題を捉えているからである。

ただ、教科書としてのレベルは、これまでに多く刊行されている国際政治
学や政治学の教科書と比べると、低くなってしまったのが残念である。
各章がテーマ毎で分けられているため、安全保障学全体を貫く理念や、
学問としての体系的な展開を十分に示せていない。また、各章で執筆者が
異なるため、内容の重複も気になる。(特に集団安全保障の説明は、うん
ざりするほど何度も出てくる) 

しかし、そのような点を差し引いても、本書には一読する価値があるとい
える。第2章の「戦争と平和の理論」では、諸理論の妥当性が事例研究を
通してどのように検証されてきたかを説明しており、安全保障学における
裾野の広さを見せている。感情論や思い込みが跋扈する分野であるが、知
的な議論をするためにも、このような基本書は歓迎できる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告