通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
最悪 (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 写真あり/2007年6月1日(第18刷発行)帯なし。表紙カバーの状態、スレ、小キズ、あり。本の状態、良い。小口ページ内の状態、良い。ページ内に栞、あり。中身は普通に読める状態です。【商品の写真】をクリックすると、だいたいの商品状態をご確認いただけます。※中古品につき多少のキズ・経年劣化による焼け・折れ・シミなどある場合がございます。特に記述の無い場合、帯・付録・特典・ハガキ・チラシは、原則付属いたしません。商品の検品には万全を期しておりますが、万一、なにか問題がありましたら、アマゾンの規定に従い迅速に対応(交換・返品・返金)させていただきますのでご安心ください。【通常配送無料】(代引き決済、コンビニ決済、Amazonギフト券、お急ぎ便、海外発送もご利用いただけます。International Shipping Available.)安心・安全のAmazon配送センターより保管・梱包・24時間、年中無休体制で迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

最悪 (講談社文庫) 文庫 – 2002/9/13

5つ星のうち 4.0 152件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,100 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 946
¥ 946 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 最悪 (講談社文庫)
  • +
  • 邪魔(上) (講談社文庫)
  • +
  • 邪魔(下) (講談社文庫)
総額: ¥2,304
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

不況にあえぐ鉄工所社長の川谷は、近隣との軋轢(あつれき)や、取引先の無理な頼みに頭を抱えていた。銀行員のみどりは、家庭の問題やセクハラに悩んでいた。和也は、トルエンを巡ってヤクザに弱みを握られた。無縁だった3人の人生が交差した時、運命は加速度をつけて転がり始める。比類なき犯罪小説、待望の文庫化! (講談社文庫)

内容(「BOOK」データベースより)

不況にあえぐ鉄工所社長の川谷は、近隣との軋轢や、取引先の無理な頼みに頭を抱えていた。銀行員のみどりは、家庭の問題やセクハラに悩んでいた。和也は、トルエンを巡ってヤクザに弱みを握られた。無縁だった三人の人生が交差した時、運命は加速度をつけて転がり始める。比類なき犯罪小説、待望の文庫化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 656ページ
  • 出版社: 講談社 (2002/9/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062735342
  • ISBN-13: 978-4062735346
  • 発売日: 2002/9/13
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 152件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 100,642位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
読みながら、とても気分が悪くなります。
三者三様の諍いがありますが、どれももどかしくイライラしてきます。
どんな結末になるのか全く予想できませんでしたが、3人が出会うところから急展開し、あっという間に読み終えてしまいました。
真面目にやっていても落とし穴にはまる時もある。
悪いことや後ろめたいことをしたら、その報いを受ける時が来る。
罪を犯しても、それと向き合いまっとうに生きていく方が、心安らかに過ごせる。
そんな教訓を得ました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
もう素晴らしいです。中身の薄っぺらい、軽い本とは全然違う重みと深みがあります。奥田先生の本を読んだあとは余韻があります。この本に出会えて良かったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
イン・ザ・プールで大いに受け、この作家の他の本も…と
評価の高かったこの本をチョイス。

小さな鉄工所を営む社長川谷。
銀行員のみどり。
毎日をつまらなく過ごすプータローの和也。

読み始めは、この3人のあまりにも普通な日常が淡々と語られる。
でも、その分リアルに感じられて どんどんと3人の人間そのものが
自分の脳内で、映像化されてしまう程長々と続く。

これが後半、3人が出会ったとたんに 急速に加速して
緊迫感に変わってくる。

このへんが、やたらと巧い。

3人を取り巻く環境や職場、家族、友人…そういうものが伏線として
ちゃんとあったからこそ、最後のシーンが生きてくるのだ。

登場人物達へ、いつのまにか感情移入しているせいで
じわりじわりと追い詰められて行く、その部分を読み進む内に
読むこと自体が辛くなってくる。

皆、ごく普通の人たちだからこその転落劇。

後書きにもあるように、こういう「群像劇」スタイルの作品は
全く違う人たちの話が個別に進み
出会い頭に、それこそ衝突するかのごとく ストーリーが流れ走って行く
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
読後はなんとか持ち直しましたが、
中盤以降は読み心地があまり良くなかったです。
いや、正直にいうと、悪かった。。。

誤解のないように付け加えますが、
先が気になるという意味で、
ページをめくる手をなかなか止められないし、
閉じた本を開きたくなる本ではあります。
ただし、この本を読むためには体力が必要でした。

例えば本書が初めての読書になる人(少ないでしょうけど)、
息抜き、楽しみ、娯楽として読書をしたい人、
私生活や仕事でストレスがやや溜まっている人などには、
本書は読むべきタイミングが今でないと、言わせてください。

単行本は二段組みでやや分厚い部類になります。
文庫が出ているようなので、
本書が気になる方には文庫をすすめます。

万人にはすすめられないこと、
読中の読み心地がお世辞にも「心地よい」と言えないことから
まことに僭越ながら★の数は三つとさせていただきました。

繰り返しますが、
本の内容にひきつけられる、という意味で、
本書は間違いなく魅力的な一冊です。
その点に疑いの余地は一切ありません。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読書嫌いの私が仕事でイッパイイッパイの時に、『最悪』という表紙と「三人の人生が交差した時、運命は加速度をつけて転がり始める」という展開が面白そうだと思って購入。

この本には主人公が3人いて、共通点がまるで無い。その一人ひとりの生活が実に丁寧で分かりやすい表現で描かれいるため、小説初心者でも読んでいて入り込み易かった。

その3人の性格や人生が前半〜中盤までゆっくり描かれていたおかげで、後半3人が一緒になってからの同じ場面でも3人それぞれの緊迫感が味わえた。
人生転がり落ちるのは早いものと思い知らされる作品だった。

これを読むと絶対、大藪晴彦賞受賞の『邪魔』も読みたくなり読む。そして『東京物語』、『イン・ザ・プール』、『マドンナ』、『真夜中のマーチ』、『ウランバーナの森』、『野球の国』、『サウスバウンド(上)(下)』と8冊一気に購入し読破してしまった。
奥田作品は、作風が毎回違って飽きない。だから嵌った。
その嵌らせた記念すべき一作品目が私の場合『最悪』だったので、思い入れが強い。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー