中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

最悪で最高の恋人 (ラズベリーブックス) 文庫 – 2011/7/9

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

婚約者が妹にひと目惚れし、結婚式の3週間前に婚約破棄されてから1年。彼はついに妹と婚約した。そんな時、いとこの結婚式にひとりで出席したグレイスは、親戚から恋人がいないと口うるさく言われた上、自分を気遣う妹にいたたまれず、ついワイアットという医者の恋人ができたと言ってしまう。じつは彼は妄想の中の架空の恋人。だが信じこんだ家族はようやく良い相手が見つかったと大喜びする。複雑な気持ちで帰宅したグレイスは、その夜、家を訪ねてきた怪しい男を殴り倒したうえ、警察を呼ぶが、彼は引っ越してきたばかりの隣人キャラハン・オシェアだった。彼が発する危険な魅力から距離を置こうとしたグレイスだが、興味は増すばかり。おまけに、彼女にはワイアットという恋人がいることになっていて―最悪の出逢いをしたふたりは最高の恋人になれるのか?2010年度リタ賞受賞作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ヒギンズ,クリスタン
ロマンス作家。結婚、出産を経て創作活動をはじめる。2006年にFOOLS RUSH INでデビュー。翌年に発表したCATCH OF THE DAYで2008年リタ賞を受賞。さらには『最悪で最高の恋人』で2010年のリタ賞を受賞している。コネティカットに住んでいる

佐竹/史子
翻訳家。1966年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 559ページ
  • 出版社: 竹書房 (2011/7/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4812446473
  • ISBN-13: 978-4812446478
  • 発売日: 2011/7/9
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 154,897位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
普段はヒストリカルばかりでコンテンポラリーものは読まないのですが、面白そうだと思って手にとったこれは大ヒットでした!

歴史科の教師として真面目に働く30代独身(彼氏なし)のグレイス。ステキな男性をイメージしては頭の中で恋愛ごとを妄想する癖があります。有能弁護士であるクールビューティーな姉と誰からも愛される美人な妹ナタリーを姉妹に持ち、3姉妹の中で容姿の点でも人生の点でも自分だけがパッとしないと思い込み、さらにかつての婚約者は結婚間際で妹へ一目惚れしてしまい今は妹の彼氏に。周囲からは”かわいそうなグレイス”という扱いを替えるべくとっさに彼氏ができたと家族に言ってしまいます。もちろんそれは妄想の中の彼氏「医者の恋人ワイアット」なのに本当のことを言い出せず広まる嘘を貫き通すため四苦八苦。そんなある日お隣に越してきたセクシーな男性キャラハンとは最悪の初対面をはたすもどんどん彼に魅かれます。彼氏がいることになっているグレイスはどのようにしてややこしくなった状況をもどすのでしょう・・・

完璧じゃないけど心広いグレイスは等身大のヒロイン。男らしくて格好良いけど自慢できない過去があるキャラハンも等身大ヒーロー。一人称での書き出し方ですがヒロインの気持ちがすごく伝わってきて納得できるストーリー構成。少しコミカルでもあり切なくもあり、どうなるんだろうとラスト
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
さて、読後の第一印象は、「まじめな物語だなあ」です。
まず、主人公が歴史の先生で南北戦争が大好き!なので、随所にアメリカの文化的背景がお勉強できます。

加えて、主人公は典型的なホワイト・カラーのお家柄。
親も姉妹も旧婚約者も全員が完璧なエリートといったその中で、いつも何かしらの劣等感を抱いて日常を送っています。
「欧米人」にこれほど共感を持てたのは初めて。
対するお相手キャラハンはブルーカラーの肉体派なのです。

「君は家族に献身的すぎる。では家族は君に何をしてくれたの?」と問うキャラハン。
家族の呪縛(さほど深いものでなくとも)から逃れようともがくのは世界共通なのですね。
そこから救い出すキャラハンは、肉食系王子様といったことろでしょうか…

サガンのマイナーな小説でこういう階層の違いを扱った作品があったような。
わたし的には、夢のプリンセスを具現化した妹のナタリーが好きだなあ。
案外とこういうタイプっている!いじわるな気持ちなんか微塵もないけど、どこかこう、心のひだが単調っていうのか…
そんなナタリーの成長をも予感させる、ハッピーエンド?で物語は幕を閉じます。

ロマンス小説ながら、後をひく味わいのある作品だと思います。
さすがリタ賞!
ただ、前半長いね!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
典型的なロマンス小説ではありません。
リンダ・ハワードと、ブリジッドの日記などのダイアリー小説が、
上手に混ざり合ったような作品でした。

最近、マンネリな気持ちのロマンス小説ファンの方は、
気分転換になるかも。

リタ賞受賞とのことですが、
ロマンス界も新風を期待しているのかな。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック