この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

最後の誘惑 [DVD]

5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 2,980より 中古品の出品:8¥ 456より

この商品には新しいモデルがあります:

最後の誘惑 [DVD]
¥ 1,034
(8)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ウィレム・デフォー, ハーベイ・カイテル
  • 監督: マーティン・スコセッシ
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日 2006/04/19
  • 時間: 163 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000E6GB12
  • EAN: 4580120518723
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 81,304位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

マーティン・スコセッシ監督が、神の啓示を待ち侘びるイエス・キリストの運命を斬新な視点と大胆な映像で描いた問題作。キリスト役のウィレム・デフォーら豪華キャストが共演。“ベスト・ヒット・コレクション¥980”。

内容(「Oricon」データベースより)

巨匠マーティン・スコセッシ監督が、キリストの苦悩を新たな解釈と大胆な映像で描く衝撃の歴史ドラマ。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

原作は相当物議を醸した作品ですが、映画も賛否両論だったようですね。
部門は違いますが、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、ラジー賞全てにノミネートされた作品っていうのも珍しい気がします。

でも、カイテルのラジー賞ノミネートは理解し難い。ユダがチンピラっぽいからでしょうか?
それは原作のユダが元々粗暴でチンピラっぽいからであって、カイテルのせいじゃありません(笑)。
イエスとユダの関係が同性愛的に見えるのも、原作が元々そういう雰囲気を持っているからです。

神の子に選ばれたがために、母(マリア)から理解されず、実の兄弟からは迫害され、彼女(マグダラ)とも仲がこじれているイエスは、そんな自分と真摯に向き合ってくれる唯一の存在・ユダに対して、様々な役割を無意識に求めていたんじゃないでしょうか。

原作を読んで(長いのでイエスとユダの会話シーンだけでも)、新約聖書を軽くおさらいしてから見るとより楽しめると思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
西欧社会にはイエスの描き方にはタブーがあって、神としてのイエス以外の描き方はご法度で、公開時に大変な物議を起こした作品です。公開時にフランスの映画館では死亡者まで出てしまいました。

本作では、イエスの人間としての姿を描き、特に妻がいたという内容で宗教関係から圧力と受けたとの報道が流れました。イエスの妻というテーマは、昔からあるのですが、やっぱり受け入れられない物で
しょうね。クリスチャンでない私には理解できない部分もあります。

ですから、スコセッシの覚悟と勇気には頭が下がります。

クリスチャンでない人にも受けいれやすいイエス像であり、親近感が持てました。歴史的な作品だと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「イエスとマグダラのマリアは結婚していた!?」(by ダ・ヴィンチ・コード)

「ユダの裏切りはイエスの指示によるもの。つまりユダとイエスは共犯!?」(by ユダの福音書)

とまあ、昨今世間を騒がせている話題が、既にこの作品のモチーフとなっている。言わば時代を先取りした作品なのである。

正統派のキリスト教徒なら、これら全てを「グノーシス派の陰謀」で片付けるところかも知れないが、私には興味深かった。

映像と音楽も素晴らしい。全体に何とも不思議な雰囲気が漂う。

ウィレム・デフォーが演ずるイエスは、最初それらしくないなあと思ったが、どんどんキリストらしく見えてくるのが面白い。

多くの人が既に指摘している事だが、この作品でのイエスとユダの関係は、かなりはっきり同性愛的なものとして描かれている。

まるでヤクザかチンピラみたいにガラが悪い(失礼)、ハーヴェイ・カイテルのユダが妙に新鮮だった。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 「スパイダーマン」のグリーン・ゴブリン、ウィレム・デフォーが神に見いだされ、十字架への道のりを我が意ならずも歩まされる悩めるイエスを演じます。確かに見る人が見たら眉をひそめるのだろうな。とにもかくにもラストはぶん殴られたような衝撃。
 ハーヴェイ・カルテル演じるユダとの濃厚な友情がおもしろい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
マーチンスコッセッシは、大好きな監督。同じくデフォーも一番好きな役者。クライマックスのラストシーンでの、デフォーの演技力には、鳥肌がたつ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック