中古品
¥ 258
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯なし
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

最後の絵手紙―福知山線脱線事故で夫を失った妻の手記 単行本 – 2007/4


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

--その日も、いつもと同じように一日が終わるはずだった--

 このたび小社では、2005年に起きた福知山線脱線事故でご主人・石井利信氏を
失った 妻・房江氏による手記『最後の絵手紙』を刊行いたしました。
 世間を震撼させた事故から2年が過ぎようとしています。列車は復旧し、人々
はこれまで通りに毎日を過ごせるようになりました。しかし、事故で大切な人を
失った方々の傷は今も癒えていません。やり場のない思いを抱えながら過ごして
いるのです。
 本書は、事故が起きた日の一連の出来事と、それをきっかけに振り返った
事故以前と事故後の生活・感情の変化について、房江氏の視点でまとめました。
 画廊に勤めていた利信氏は、出張のため家を空けることが多く、
そのため、出張先から妻や二人の息子たち、そして母親に絵手紙を送ることでコ
ミュニケーションを図っていました。
 今回は、この絵手紙と房江氏による文章を織り交ぜて収録しています。

内容(「BOOK」データベースより)

その日も、ちょこっと絵を描いていつもと同じように一日が終わるはずだった。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 87ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2007/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344013123
  • ISBN-13: 978-4344013124
  • 発売日: 2007/04
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,907,099位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。iphone コードiphone ケーブルiphone 充電コードiphone 充電 ケーブルiphone ケーブル 充電器iphone 充電コード 純正