通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
最後の瞬間のすごく大きな変化 (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

最後の瞬間のすごく大きな変化 (文春文庫) 文庫 – 2005/7/8

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 最後の瞬間のすごく大きな変化 (文春文庫)
  • +
  • 人生のちょっとした煩い (文春文庫)
  • +
  • ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)
総額: ¥2,417
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

登録情報

  • 文庫: 314ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2005/7/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167661993
  • ISBN-13: 978-4167661991
  • 発売日: 2005/7/8
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 157,563位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 hagoromo211 投稿日 2006/2/10
形式: 文庫
読みづらいかというと、べつに読みづらいというわけでもない。分かりづらいかと訊かれると、そうでもないとしか言いようがない。

ではストーリーテリングに手が込んでいるのかと訊かれれば、べつに手が込んでいるわけでもない、としか言いようがない。起承転結とかクライマックスとか、そういう手順とは別のルールでできあがっている、と思う。劇的効果なんか、あまりない。

生きているひとが、たぶんみんな日常に感じているズレ感覚や、人生にたいする違和感。そんな苦い人生の味。グレイス・ペイリーはそういうところから物語を起こしていて、やっかいな人生の味わいそのものを、うまく表現して見せてくれる。

人生は、いくら考えてみても、答えの出ないことばかり。そんな理不尽で残酷な部分を、錯綜した状態のまま、しかし鮮明な切り口から見せてくれる。そういう作家はほかにもいるけど、この「冴えた苦み」のような味わいは、ほかにはないと思う。

そういう意味でリアルな小説。たぶん誰にとっても重要なものになりうる物語。

「そうそう、こういうのが読んでみたかったよね」と言えるまでに、わたしの場合は数年かかった。最初の単行本はろくに読まずに捨ててしまった。この文庫本でやっと焦点があってきた。いまはっきり言えるのは、この苦み、えぐみは、ちゃ
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
学生時代、飲み屋でつまみとして初めてピスタチオを食べたとき、殻をむいてから食べる・・・ということを知らなくて、そのまま齧りついて歯が欠けそうになった恥ずかしい経験があるのですが、ペイリーさんの文章はその硬さを思い出させます。その癖のある文章は生半可な読み方をしているようでは太刀打ちできない。いったい何を言いたいのかよくわからなくて途方に暮れることにもなる。実は1999年に刊行された単行本を読んでいて、近刊の「人生のちょっとした煩い」(文藝春秋)を読了したあとに、文庫化された本書を改めて読んでみたのですが、村上春樹があとがきで記しているように、何度か読み返さないとペイリーさんの持っている「味」はわからなさそうです。再読してみて、口の中に入れたピスタチオはまた殻が付いていることに気がつきました。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
たった3冊の短編集でアメリカ文壇のカリスマとなったスーパーおばあちゃん、グレイス・ペイリー。彼女の小説の世界はリアリズムに徹していながらどこか漂うようなつかみ所のなさがある。それは主人公の眼を通して、と同時に、世界が俯瞰的に見えてしまうから。風景描写が細かいというわけでは決してないのに、なぜか描かれる世界の人物像から小物のひとつひとつまで恐ろしく正確に見えてくる。不思議で素敵な短編集。訳も原文に忠実ゆえに、男性の文章とは思えない。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告