最後の恋~哀しみのソレアード~ がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,250MP3アルバムを購入

最後の恋~哀しみのソレアード~ Single, Maxi

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,296 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 最後の恋~哀しみのソレアード~
  • +
  • 広い河の岸辺 ~The Water Is Wide~
総額: ¥2,378
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2011/5/25)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Single, Maxi
  • レーベル: avex io
  • 収録時間: 23 分
  • ASIN: B004QEF84Y
  • EAN: 4544738203273
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 240,120位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:04
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
4:59
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
4:42
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
4:04
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
4:43
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

紅白歌合戦初出場で歌の表現者として圧倒的な存在感を示したクミコのNEW SINGLE。
誰もが耳にしたことのある名曲「哀しみのソレアード」をこの時代に甦らせます。
青春の扉を再び開く新しいスタンダードの誕生。

2010年の紅白歌合戦初出場で「歌の表現者」として圧倒的な存在感を示したクミコが2011年の勝負曲としてリリースするのはあの名曲「哀しみのソレアード」。
もともとインストルメンタルの楽曲ですが、フランスでは1975年、女性シャンソン歌手、ミレイユ・マチューが歌ったものが大ヒット。日本ではポール・モーリア・オーケストラの演奏が有名です。
耳なじみのあるシンプルなメロディを全面に押し出し、クミコの歌の表情を最大限に引き出した楽曲に仕上がっています。
甘酸っぱい青春の想いへタイムスリップさせるとともに、より若い世代には新たなスタンダードとし楽しんでもらえる楽曲です。
詞は時代の匂いを繊細に表現して、主婦層に圧倒的な人気を誇る脚本家・大石静(NHK「セカンドバージン」(2010年)他)が渾身の書き下ろし。

[収録曲]
●哀しみのソレアード
●マイ・ウェイ(予定)
●タイトル未定
全3曲収録予定

メディア掲載レビューほか

2010年紅白歌合戦への初出場で、存在感を示したクミコが歌う「最後の恋~哀しみのソレアード~」。詞は時代の匂いを繊細に表現して、主婦層に圧倒的な人気を誇る脚本家・大石静が渾身の書き下ろし。クミコの歌の表情を最大限に引き出した楽曲に仕上がっている1枚。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
覚悟を決めた恋、大人の本気の恋を、クミコがほのかな色気を漂わせながら表現した佳作。
コンサートでも大好評だった「マイウェイ」とNHKラジオ深夜便の歌として流れた「合歓の孤悲」を含め、大人向けの落ち着いた、しかし情熱的でかけがえのない生命力が内在した濃厚な3曲。
インストルメンタルで有名な「哀しみのソレアード」にこういう詩をつけた発想に脱帽した。
何度も聴くうちにクミコの情熱的な恋愛観が染み渡ってくる。
恋する心は生きるエネルギーそのものなんだな、と納得させられた。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 かつて女性は受身であり、それが現代の今ほど女性が自由な時代もないと思う。「奔放な女性の歌」は昔からあったけれど、今はそれがフィクションの世界ではなく、歌のような世界が現実にもあるということに、男性と女性の性差の違いが昔ほどない事に「自由」とともに「孤独」を感じ、それが、まさに現代社会を生きていくことなのだと思いました。「最後の恋〜哀しみのソレアード〜」は大人の女性のラブソングとして、脚本家の大石静と既存の曲が巧く融合していて好きです。

 東海林良作詞の「合歓(ねむ)の孤悲(こい)」でも同様の感想を持ちました。もうアンチエイジングを通り越して、現代ほど女性が年齢を気にせず自由に行動できる時代もないのではないでしょうか?「マイ・ウェイ」の日本語訳は岩谷時子さん。♪だけどわたしは一度もしていない ただ卑怯な真似だけは♪はとても岩谷さんらしい印象を受けました。かつては越路吹雪さんが歌っていたのでしょうか?3曲ともクミコさんの多面的な魅力があって買って良かったと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 早川博美 投稿日 2013/6/4
形式: CD Amazonで購入
これも母親に頼まれたもの。
自分ではよくわかりませんが、とてもよかったといっていました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック