最後の忠臣蔵 [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 BUY王
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

最後の忠臣蔵 [DVD]

5つ星のうち 4.3 66件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,579
価格: ¥ 2,768 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 811 (23%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 2,428より 中古品の出品:11¥ 1,375より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 最後の忠臣蔵 [DVD]
  • +
  • 忠臣蔵 [DVD]
総額: ¥4,622
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 役所広司, 佐藤浩市, 桜庭ななみ
  • 監督: 杉田成道
  • 形式: Color
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2011/06/15
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 66件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004FGLVU8
  • JAN: 4988135855237
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 53,086位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

あの日、死ぬことを許されなかった2人の男

吉良邸討入り後、苦しみながら生き抜いた16年の歳月に隠された感動の結末が明かされる!

最後の忠臣蔵

大石内蔵助以下、赤穂浪士四十七士による討入り、切腹というクライマックスは「忠臣蔵」 の本当の結末ではなかった。
なぜなら、赤穂浪士の中に討入り後の 「使命を与えられた」 二人の生き残りがいたのだ。

最後の忠臣蔵

一人は、討入り前夜にすべてを捨てて姿を消した瀬尾孫左衛門。
もう一人は討入り後、切腹の列に加わることを許されず、
大石内蔵助より「生き証人として、後世に真実を伝えよと」との密命を受けた寺坂吉右衛門。
それから16年、名誉の死を許されなかった二人が再会する。
かつては厚い友情で結ばれた二人が、かたや命惜しさに逃げた裏切り者、
かたや英雄になれなかった死に損ないとして─。

あの日、孫左衛門に何があったのか?



スタッフ・キャスト全員が脚本に惚れ込み実現した豪華製作チーム

この作品を製作する大きな理由に、スタッフ・キャスト全員が脚本に惚れ込んだという事実がある。
大石内蔵助から密命を受け、ただひたすら身を隠し忠義を果たす男、瀬尾孫左衛門役に役所広司。
一方、討入りに参加し、その後諸国に散った赤穂浪士の遺族たちを援助するという使命を受けた、寺坂吉右衛門役に佐藤浩市。
豪華キャストに支えられ、時代劇の王道を威風堂々と歩みきった監督は、国民的人気ドラマシリーズ「北の国から」の杉田成道。
1703年の元禄赤穂事件から16年後、二人の生き残りを描くという、今までの忠臣蔵の作品とは違った角度からとらえている池宮彰一郎の小説「最後の忠臣蔵」(角川文庫)を、
『ツィゴイネルワイゼン』 『ヴィヨンの妻』 『桜桃とタンポポ』 で知られる田中陽造が大胆に脚色、心に響く脚本へと見事に書き上げた。
完成した脚本を読み、感動を共にしたキャスト、スタッフによって、製作が実現したのである。

最後の忠臣蔵

【特典映像】

・ 特報
・ テレビスポット
・ 劇場予告編


内容(「キネマ旬報社」データベースより)

池宮彰一郎の同名小説を、役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみら豪華キャスト共演で映画化した時代劇。赤穂浪士として名誉の死を果たせなかったふたりの男が、忠義を貫き私心を捨て、自らに課された使命を全うするべく生き抜いた過酷な人生を紐解く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Doc.T. VINE メンバー 投稿日 2011/3/20
形式: Blu-ray
 江戸元禄期、赤穂浪士による吉良邸討ち入り後の物語。47士唯一の生き残りと言われる寺坂吉右衛門と大石の従者、瀬尾孫左衛門を軸としている。
 本作はあくまでフィクションであり、史実ではない。寺坂は討ち入り前に逃亡したとも言われ定かではなく、瀬尾も逃亡後、出家したらしい。
 本作では両者共に大石の密命を帯び、寺坂は浪士の遺族を見舞うため(この設定は「忠臣蔵」に基づく)、瀬尾は大石の隠し子を護るために生きながらえる。
 主人公である瀬尾の、主たる大石と死を共に出来なかったことへの後ろめたさと密命の完遂とのジレンマによって、悩み生き続ける様が観ていて切なくなる。決してハッピーエンドとは落ちないところに、武士道というはかくなるものか、と目頭が熱くなる。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
わかってます。
わかってるんですが、
やっぱり役所さんの演技が素晴らしいんです。

不器用で堅苦しく、
さらに言えばむさ苦しい中年侍の役柄ながら、
その繊細な眼差しが伝える表情が見事です。

使命に燃える目。
侍り従う者として見守る目。
親として慈しむ目。
そして、男として愛する目…

また忠臣蔵か。
そんな食傷気味な先入観は、
見ればたちまち吹き飛びます。
目からウロコ…と同時に、
涙がこぼれ落ちました。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 わっち 投稿日 2011/4/22
形式: DVD
映画を見ましたが、涙なしには見れない作品です。
日本人しか分からない良さがあります。
色々映画は観ましたが、最近ではこれが間違いなくナンバー1です。
監督の次回作に期待しています。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 池宮彰一郎の原作は寺坂吉右衛門を主人公に「四十七人の刺客」の後日談として幾つかのエピソードからなる物語であるが、その中の最後を飾るクライマックスとして瀬尾孫佐衛門と可音が登場する。そこだけを切り出して一本の叙情詩に謳い上げたのが本作である。原作には赤穂浪士の遺子達の遠島を防ぐために柳沢出羽守の鼻っ柱をたたき折る痛快なエピソードもあって、そちらのほうがどちらかと言えば私は好きなのだが、日本人の琴線に触れる話は可音の嫁入りの段に尽きるだろう。演出は古典的といえば余りに古典的だが重厚で、非常に美しい古き良き日本の風情を堪能しながらゆっくりと物語りは進行する。主の命を己が命を懸けて愚直なまでに尽くそうとする一方で、育ての親として或いは一人の男として様々な思いの去来する中で一本の筋道を通そうとする瀬尾を役所公司が好演している。「十三人の刺客」よりもこちらのほうが彼の持ち味がよく生かされているように思う。いわゆる「悪人」が一人も登場しないということでは珍しい時代劇であるが、こういう人情厚い話を心を真白にして見ることで、心の汚れを落とすこともいいことだと思う。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
詐欺、裏切り、バックレ、離婚…他もろもろ。

皆、自分の為に平気で約束を反故にする。
今の日本にはかつての武士の様な忠義心は、跡形もなくなってしまったのかも知れない。

「約束を守る」
その重み、その大切さ、その難しさ。
それを教えてくれます。

一度やると決めた事を最後までやり遂げる事。
あの時代、ほとんどの場合それは自分が本当に心からやりたい事では無い。
しかし主の為、大切な人の為、誰かの為に、一命を賭してやり遂げる。
そういう時代だった、そうせざるを得なかった、それが常識だった。
そう言ってしまえばそれまでだが、今の人間にはたぶん無理。

「命を懸ける」という意味を僕は履き違えていました。
「賭ける」のではなく「懸ける」のだ。
賭け事であれば、勝負に勝てば賭けた元本は戻ってくる。
しかしこれは、生き死にを賭けると言う勝負事の話ではない。
人生を懸けて何かを全うすると言う、生き方の話だ。
使命を全うする事が人生のゴールであり、全てである。
だから使命を全うしようと、失敗しようと、その先を生きる事はない。

今を生きる人間としては、まだ命あるなら無理に終
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す