中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

最強集団 ホットグループ奇跡の法則―成果を挙げる「燃えるやつら」の育て方 単行本 – 2007/3/1

5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ホットグループとは、義務感あるいは帰属意識ではなく、仕事そのものによって動機付けられた自生的かつ随時的の生きた存在である。仕事が終われば解散するというミッション中心の随時的グループである。複雑なるものを単純化し、予期せぬものに対処するうえで最適な組織形態というべきである。本書はホットグループが何をできるかだけでなく、それが必要とするリーダー、いくつかの問題についても述べている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

リップマンブルーメン,ジーン
クレアモント大学院大学教授。ウェルズリー大学卒業、ハーバード大学大学院にて博士号を取得後、行動科学高等研究所(カリフォルニア州パロアルト)フェローを経て、1982年より、クレアモント大学院大学P.F.ドラッカー経営大学院にてリーダーシップ論主任教授。専門は、リーダーシップ、マネジメント、公共政策、危機管理。全米教育協議会次長、大統領府政策スタッフを経験。現在教鞭をとるほか、連邦政府、州政府、企業、NPOを対象にコンサルティングに従事。マネジメントの父とされるクレアモント大学院大学のピーター・F・ドラッカー教授にきわめて近い。最近著『有害リーダーの魅力―なぜ従うのか、いかに克服するか』は、『ファースト・カンパニー』誌より、2004年度優秀ビジネス書ベスト10に選ばれる。『結合力―相互依存社会におけるリーダーシップ』は、ピューリッツァー賞にノミネート。『ホットグループ』は、全米出版社協会学術専門書部門ベストブック・オブ・ザ・イヤーに選ばれる。著書6冊、論文80本以上

レヴィット,ハロルド・J.
スタンフォード大学ビジネススクール教授。ハーバード大学卒業、MIT(マサチューセッツ工科大学)大学院より博士号取得。シカゴ大学、カーネギー・メロン大学、ロンドン・ビジネススクール、INSEADを経て、スタンフォード大学ビジネススクール教授。専門は、スモール・グループ、コミュニケーション・ネットワーク、マネジメント教育、思考方法、技術のマネジメント。スタンフォード大学ビジネススクールのエグゼクティブ・コース、シンガポールでのエグゼクティブ・コースの責任者、タイのマネジメント教育機関の顧問を務めてきた。教鞭をとるほか、ベル研究所、フォード財団、カイザー・パーマネンテ、ヴァリアン・アソシエイツ、ストレート・タイムズのコンサルティングに従事。著書『マネジメント心理学』は5版を数え、18カ国語に翻訳されている。『ハーバード・ビジネス・レビュー』『アドミニストラティブ・サイエンス・クォータリー』『マネジメント・サイエンス』等への寄稿多数

上田/惇生
ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授、ドラッカー学会代表。1938年埼玉県生まれ。64年慶応義塾大学経済学部卒。経団連会長秘書、国際経済部次長、広報部長、ものつくり大学教授(マネジメント、社会論)を経て、同大学名誉教授。立命館大学客員教授。ドラッカーの経営思想について執筆、講演多数。2003年より『週刊ダイヤモンド』にて「経営学の巨人の金言・至言―3分間ドラッカー」を連載中。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。渋沢栄一賞選考委員、埼玉ちゃれんじ企業経営者選考委員会代表。ドラッカー経営思想の普及によりベスト・リスクマネジャー・オブ・ザ・イヤー2001(リスクマネジメント協会)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2007/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492521666
  • ISBN-13: 978-4492521663
  • 発売日: 2007/3/1
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 597,045位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ああ、あの時のあのチームは、ホットグループだったな。という一瞬、一瞬を思い出しながら読みました。あの時の仲間とだから?いや、あのときの危機感から?いずれにしても、あのとき味わったものは、躍動感であり、緊張感であり、達成感であり、そして成長感でした。だから、いつも辛いときには、あのときのことを思い出してしまう。お金を積んでも、決して手に入れることのできない感覚がそこにはある。
どうしたら、この状態を意図的に創れるのか?探求していきたいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書は、国家プロジェクトからゲームをしている集団まで幅広く見られる「熱中している集団=ホットグループ」について説明したものである。

ホットグループは、ひとつの仕事に没頭しているいるため、非常に精力的に活動し、結果を出す。しかし、その過程において、既存組織と対立したり、当事者が燃え尽きたりすることがある。ただ、既存組織との対立は日常的であり、健全な対立により既存組織に良い影響を与え、大規模な組織変革を実行できることもある。

IBMのトーマス・ワトソン・ジュニアは、「規律に従わず組織になじまない人物こそが企業組織の想像力を刺激すると確信し、整然たるホワイトカラー組織に彼らを効果的に織り込んだ」のである。p.47

ホットグループの特長の一部を以下に挙げる。

・ ホットグループは昼食時に、数人の友人が、ふとアイデアを交換することで
  自然にはじまる。そこから興奮が生まれ、想像力が飛翔し、可能性が模索
  され、グループが誕生する p.54
・ メンバーは大義を確信する兵士である p.55
・ 個人にとって、挑戦の機会、仕事の意義、自らの成長となる p.55
・ メンバーは雑事に邪魔されず、自分達を特別の存在とするために物理的に隔離
  するこ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ホットグループとは組織図上の一単位ではなく、メンバーに共有される

ミッション中心の心のあり方。

またホットグループは組織を活性化するするだけでなく、組織に働く

個のためのものでもある。

本書は、そうした、情熱を持って成果をあげるというホットグループの

特性について説いた本。

そういった意味では本書は、体系的学術的な組織論でも個々人を明日から

やる気にさせる本でも無い。

環境が激変する中、あらゆる組織が成果をあげるのは、個々人がミッシ

ョンに対し燃える集団となった場合、もしくはそうした集団が大組織に

生まれた時だと言っている。現在われわれ組織人が抱える問題の大半を

解決してくれる糸口が見つかりそうだ。

真面目に働く組織人には一読の価値あり。特に6章のハウツーの部分は

実践的。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
強い組織をつくるためには、というテーマの書籍は今までにも数多くあり、既に多くのビジネス書を読んできた方にとっては真新しいことは無いと思いました。

一方で、組織に関するビジネス書をあまり読んだことはないが、強い組織・プロジェクト等のチームを作りたいがどうしたらよいか、と悩んでいる方にはお勧めです。

内容は、コンパクトな本のサイズの中に要点が具体例を挙げながら分かりやすい文章で書かれています。

主張されている内容はどれもひじょうに重要なポイントです。

他のぶ厚い組織論等の書籍よりも、チーム作りの実践の過程で要点を確認する等、活用度は高いと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 WS 投稿日 2007/3/8
形式: 単行本
歴史を作ってきたのは、個人でも組織でもなく、本書の言う「ホットグループ」であるというのは新鮮。翻訳本だが、読みやすく、また、実践的な内容。人材開発、組織開発で、複雑な理論が多い中で、わくわくする高尚なミッションに集う人の力が何より強力であるという本書のメッセージには、気づかされる点が多い。確かに読むだけで、行動をすぐに起こしたくなる本。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
様々な組織論の本は読んできたが、ここまで熱い内容の本は読んだことがなかった。

歴史を動かしてきた組織は実はホットグループだったことを知りました。

ホットグループとは、どのようなものかを実際に存在したホットグループを元に説明がなされている。

読んでみると、そのようなホットグループで働いてみたいと思う。自分が目指す組織とはこのようなことだったのだと、再認識できた。

このようなグループを活用できるように読んでおいて欲しい一冊です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー