中古品
¥ 21
+ ¥ 330 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

最強という名の地方銀行 単行本 – 2007/12/19

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 5,315 ¥ 1
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

地域経済の低迷、メガバンク、ゆうちょ銀行の攻勢で悲観論が多い地方銀行。しかし、地方銀行こそ来るべき金融大競争時代の最有力プレーヤーとなる可能性が高い。2つの抜本的収益向上策、資本調達の3つのカテゴリーなど、地方銀行のビジネスモデルや進むべき道は、シンプル、かつ、既に確立され多くの地方銀行が実行していることである。従来以上に、地方銀行による資本調達や合従連衡が続き、最終的には日本発の高収益なスーパー・リージョナルバンクが誕生する可能性もある。

内容(「BOOK」データベースより)

地域経済の低迷、人口減少、地場・地元産業の衰退に加え、ゆうちょ銀行の誕生、メガバンクの攻勢、道州制の導入議論、金融商品取引法の施行などを踏まえ、何かと守勢に回る、悲観論が地方銀行セクターに対して多いものの、あえて地方銀行こそ、来るべき金融大競争時代のメインプレーヤーとしての一角を占めることが出来る、というのが本書の最大の主張である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 272ページ
  • 出版社: 中央経済社 (2007/12/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4502660108
  • ISBN-13: 978-4502660108
  • 発売日: 2007/12/19
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 668,766位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2014年2月13日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2008年1月7日
形式: 単行本
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告