日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

曼邪羅 NotEqual 盂蘭盆

 (12)1時間17分202013+
姿を消した心霊曼邪羅スタッフ佐藤あずさ。心霊盂蘭盆スタッフ舞城モアサの元に届いた1本の心霊映像。そこには禍々しい怪奇現象と佐藤の姿。肺病で倒れた松本了に代わり舞城は、投稿心霊映像の真相と佐藤の行方を追う。ラミプロ心霊シリーズ夢のコラボレーションホラーモキュメンタリー。
監督
松本了
出演
佐藤あずさ舞城モアサ間瀬翔太
ジャンル
ドラマホラー
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
Prime Video視聴でBOSE製品が10%OFF

キャンペーン期間中Prime Videoを視聴すると、BOSE対象商品で使用可能な10%OFFクーポンの特典が受けられます。詳細はこちら

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
松本了唐澤一路清水ゆかり竹村佳奈ナナエ
提供
LAMIAProject
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち2.3

12件のグローバルレーティング

  1. 0%のレビュー結果:星5つ
  2. 24%のレビュー結果:星4つ
  3. 28%のレビュー結果:星3つ
  4. 0%のレビュー結果:星2つ
  5. 48%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

ビアトュステネブリス2020/07/21に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
本作品の好き嫌いはハッキリ分かれます!
確認済みの購入
「曼邪羅」「盂蘭盆」を、ほぼ全てコンプリート視聴している、私個人の観点からの感想です。

【内容に関して】
ストーリーはこれまで松本了監督の作品を観てきて、好感を持っている方であれば、
すんなり受け入れることが出来ると思いますが、ひとつ最大の注意点としては、
これまでの「曼邪羅」「盂蘭盆」のように、「わぁ!なんか映ってる!?」という、
心霊現象、怪奇現象を楽しむ趣向ではなく、心霊ドキュメンタリーをモチーフにした、
佐藤あずさ、舞城モアサ、アシスタントとして携わる彼女たちの、
繋がりや想いを表現したヒューマンドラマです。
一本のホラー映画としてのテイストで仕上げられているので、
幽霊の映り込みや、本物の心霊映像を探している方には、全く向いていない作品となっております。

【面白い所】
心霊マスターテープのように、スタッフが心霊現象、怪奇現象に襲われ、
遭遇しながら展開されるストーリーに関しては、
これまで「曼邪羅」、「盂蘭盆」を観てきた人間であれば、十分に楽しめる展開です。
時間の捻れ、霊障、人間のドス黒い部分や、この辺りは健在ですので、
ファンは普通に最後まで楽しめると思います!
超加速歩きでカメラに迫ってくる時のような「ドキッ!」という内容よりも、
緊張感が終始テーマになっているので、この後どうなるんだろう?という部分を楽しむ作品です。

【注意点】
視聴に際しての個人的な感想+注意点ですが、
佐藤あずさ、舞城モアサにフォーカスを当てた作品ですので、
少々暖かい目で見守るくらいの気持ちじゃないと飽きてしまう人もいるかと思います。
演技面や喋り方、言葉遣いなど、油断すると「うん?」と
感じてしまうシーンもちょくちょくあるので、そう言った点も「作品の趣旨だから」と、
一旦リセットして切り替えながら観れば、そこまで気になるものでもありません。
(唐澤さんのメンタル指数の高さには感服しました。)

【感想】
個人的には、展開される物語の中で、良い意味でも悪い意味でも、気になる点は多い作品でした。
ただし「曼邪羅」、「盂蘭盆」のファンだから観る、という調子で鑑賞すると、
作品そのものの趣旨、方針が、全く違うので、ストーリー性のある怪奇現象という意味では楽しめますが、
佐藤あずさ、舞城モアサの行動や活躍に興味を持てるか持てないかも、大きな差になります。
私個人は、心霊現象を観たい部分と、松本了監督の作品だから、ということで、
問答無用に視聴する訳ですが、あまり佐藤あずさ、舞城モアサ、「曼邪羅」、「盂蘭盆」、
そして松本了監督を知らない、単に心霊ドキュメンタリーで幽霊の映り込みを観たい人には、
「なんだこれ?」と見えてしまうと思います。
でもそれは作品が面白くない、ということではなく、鑑賞する前の視聴者側のスタンスの問題なので、
こちらの作品を視聴される際には、一旦いつも「曼邪羅」、「盂蘭盆」は置いておいて、
それらを踏まえて「曼邪羅 NotEqual 盂蘭盆」という一本の映画を観る気持ちだと、
憂いなく楽しめると思います!

カメラも結構揺れたり、視点も思わぬところで切り替わったりするので、
画面酔いしない程度に、あまり気を張らずにご視聴されることをオススメします!
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
たかや2020/07/29に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
新しいアプローチ
確認済みの購入
盂蘭盆シリーズは心霊動画シリーズの中では
多分3本にいれてもいいぐらい好きなシリーズだったので
見つけた瞬間みてみました。

このシリーズはもともと心霊部分は微妙であるものの
作品通してのテーマ(咳とかお寺とか)とか
展開が面白い事で個人的に気に入っているところですが

そこ+モキュメンタリー要素を強めに入れた内容です。
なので、このシリーズを楽しめてない人には
飽きる展開かもしれないです。

個人的には楽しめたのですが
モキュメンタリー要素が強くなったことで
全体の演技が微妙なのが浮き彫りになって
茶番感が強くなってしまっているのが残念です。

ただ咳がとまらないという前シーズンのフリが続いている巧妙さ。
こういうサービス精神旺盛なところが良いです。

で、最初の映像に映っていたロリ映像は
そもそも設定が面白いので導入として非常に良いですね。
AVならではの棒演技だなぁって思っていたら
終始それだったので、ずっこけましたが

最初の映像の女性はロリ姿は様になってましたが
途中で出てきたロリモデルの人はお前は違うだろってツッコミを入れてしまいましたが
それもこの作品の味な気がします。

点数的には3.5点ってとこですかねぇ。
演技が良ければ4点でしたが
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
M8442020/08/02に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
創作ものとして見れば面白い
確認済みの購入
ドキュメンタリーとして見始めたのだが”なんだやらせかい”と途中気づいたのだが結局最後まで
みてしまった。それほど見る者を惹きつける完成度。普段心霊ドキュメントみて気が付けなかっ
た粒ぞろいのアシスタント女性って「不良少女と呼ばれて」ばかりなのを知った。ならば特攻服
きて現場へ行けば一風変わった作品になるんじゃないかな
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
マメベキ2020/07/25に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
ドキュメンタリー作品でした
確認済みの購入
はじめてこのシリーズの作品を観ました。
心理現象による怖い作品と思って観ているうちに
最後まで引き込まれてしまい終わりを迎えていました。
自分なりにいい作品だったと思います。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
たで丸2020/08/10に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
退屈すぎる作品。
確認済みの購入
映画カルトの次にこれを見始めたが、
これもドキュメンタリー調か〜い、の流れ。
しかしカルトと違って見せ場なし。面白みなし。

とりあえず、最後をどうまとめていくのかが気になり全部見たが、
これはひどかった。
日本ホラーの名作、呪いのビデオのパクリでしょうか!?
Amazonカスタマー2020/08/16に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
作風が肌に合わない
確認済みの購入
どう見ようと、作り物感がありすぎで物語の中へ入っていけない。
問題の映像にかかわった者は次々と呪い殺されていくが。
舞城モアサの言葉遣いや態度が一々相手に突っかかってくるもので、
不愉快極まりないものでした。
モキュメンタリータッチの作品が肌に合わない感覚があって、
最期まで見続けるにはかなりのエネルギーを要しました。
ABC2020/08/10に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
ごめん、つまらなかった
確認済みの購入
趣味の問題っていうのもあるかもしれない
個人的にはとっても退屈でまったく楽しめなかった
モキュメンタリも幾つか観たけど、これはダントツで・・・
ココ2020/12/29に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
気が強い!
確認済みの購入
盂蘭盆も曼邪羅もどちらも好きで見てます。いや~ それにしても女性陣の気の強いこと。
そんな言い方しなくても…って思いながら見ていました。内容は面白いと思うけど、ちょっと不快なところもあるので、これはもう見ないかな~。
すべてのレビューを表示